老人必用養草2

香月牛山

2019.4.17

前回に引き続き、『老人必用養草(ろうじんひつようやしないぐさ)』を紹介します。
この本は、以前に紹介した『小児必用養育草(しょうにひつようそだてぐさ)』の香月牛山(かつきぎゅうざん)が1716年に著した本です。
老人の養生、老人への接し方など現代にも通じるいろいろな教訓が書かれていて、今読んでもためになります。

今日は食養生の部分を読んでみます。

【原文】
・飯はよく熟して中心まで和かなるをくらふべし。こわきはあしく、ねばるはあしく、煖なるによろしく、冷るによろしからず。夏月といふとも冷たる飯をくらふ事なかれ。冬月といふとも熱飯を喰事なかれ。飯にむかはば、あらかじめ何ほど食んと心にて定めて其分量にすぐべからず。老人は一口の食もおほきときは、その気に堪がたく、消化しがたく、養ふものを以て、かへりて害をなすなり。能々心得べき事なり。
・(前略)『素問』にも「五穀は養をなし、五菜は充をなす」とあるも、此こころなるべし。然れば、肉と野菜の類は、食よりもすこしく食ふべきなり。聖人も「肉はおほしといへども食の気にかたしめず」とのたまふ。ことはりふかき事なり。
 年老ては肉食にあらざれば気血をます事なしとて、鳥獣の肉を好んで食ふ類の人おほし。これ其理にくらき故なり。世俗の肉をもてやしなふといふ事をつのるは、その味の口にかなふによりてその性をほめ、一時の心よきをとるのみなり。

【訳文】
・ご飯はよく火を通して中心まで柔らかいものを食べるのがよい。堅いものや粘るものは悪く、温かいのがよく、冷たいのはよくない。夏であっても冷えたご飯を食べてはいけない。冬であっても熱いご飯を食べてはいけない。食べるときは、あらかじめどれだけ食べるか決めて、それより多く食べてはいけない。老人は一口でも多く食べると、食べ物の気に堪えられず、消化できず、身体を養うものでかえって害を与えている。よく心得るべきことである。
・(前略)『素問』にも「五穀は体を養い、五菜は体を補う」とあるのも、これを言っている。なので、肉や野菜などは、主食よりも少なく食べるのがよい。聖人も「肉を多く食べても、主食の気より多くはしない。」と言っている。深い道理があることだ。
 歳をとってからは肉を食べないと気血を増すことができないと、鳥や獣の肉を好んで食べるような人が多い。これは養生の方法を知らないためである。世間で、肉によって体を養うと言うことが多いのは、味がよいためにその性質をほめて、一時の快楽をとっているだけである。


 食養生の部分を読んでいると、冷えているものはいけない、量は少ないのはいけないが、多くてもいけないと頻りに書いてあります。今の日本ではありがたいことに、食べ物が不足することはほとんどないので、食べ過ぎにはよく気を付けないといけません。口のいやしいのにまかせて、どんどん食べていると、いずれ体を壊してしまいます。老人は体が衰え、何をするにも体の負担になるので、このように再三諫めているという理由もありますが、若い方、働き盛りの方こそ気を付けていただきたいです。体はまだ丈夫ですが、丈夫な内から心がけることで、健康なまま歳をとることができます。
 肉や野菜は主食より少なく食べるのがよいというのも最もなことです。体を動かすエネルギーは穀物からとり、肉や野菜は体を調えるために食べるものと考えるべきです。糖尿病などでは炭水化物を制限するのもいいですが、糖尿病でない人が考えないといけないのは、炭水化物の量ではなく、お米、肉、野菜のバランスと全体の量です。
 歳を取ってからは肉を食べた方が体が衰えないと言われますが、肉を食べる気にならない、胃もたれする方が多くいらっしゃいます。肉を食べるから体が丈夫になるのではなく、肉が食べられるほど胃腸が強いから長生きするんです。胃腸が弱くなるのは、歳をとると仕方のないことなので、漢方薬で強くしてもらえたらと思います。


さて、今回見た食養生の部分は、もう少しあるので、残りは次回ご紹介します。
次回は麺、お酒、お茶、タバコのお話です。

疲れたり、むくんだりする脚にシュッとスプレー♪フットスプレーのご紹介です。

19041301

2019年4月13日(土)

4月、新しい元号も発表され、また新年度がスタートしました。

新入生や新社会人の方は、新しい環境になり、こころもからだも緊張しやすかったりするのではないでしょうか?
緊張すると呼吸も浅くなりがちになるので、ゆったりと深呼吸をこころがけたり、こわばりやすいからだをストレッチでのびやかにしてあげましょう。お好きな香りでリラックス、リフレッシュすることもオススメです。
実は、焦りそうになったときこそ、あえてゆったりとゆっくり動く、行動するというのも自律神経を乱れさせないポイントなのです。
春を過ごしやすくする養生のひとつです。お試しくださいね。

今回は、すぐに使えて便利、すっきり爽快感のある香りと使い心地がとても良いフットスプレーのご紹介です。
通学、通勤で、立ち仕事で、脚の疲れ、むくみが気になる方、あるいはデスクワークで同じ姿勢が続き、むくみやすい方、そんな方にほてった脚をクールダウンしてくれる「フィッツフィトフリィドグラシアル」をご紹介いたします。
メントールなどのすっきり爽快感のある香りや、収れん、鎮静、血行を良くする成分が配合されています。
疲れたり、むくんだりする脚にシュッとスプレーするだけ、靴下やストッキングの上からもお使いいただけるのでとても便利です。
100%天然由来成分のみで作られています。

ハレノヴァではテスターをご用意しています。
お気軽にお立ち寄りください。そしてぜひ使い心地を体感してみてくださいね。

老人必用養草1

香月牛山

2019年4月2日(火)

今回は、『老人必用養草(ろうじんひつようやしないぐさ)』を紹介します。
この本は、以前に紹介した『小児必用養育草(しょうにひつようそだてぐさ)』の香月牛山(かつきぎゅうざん)が1716年に著した本です。
老人の養生、老人への接し方など現代にも通じるいろいろな教訓が書かれていて、今読んでもためになる本です。

「巻一、養老」の総論の一部分を読んでみます。
原文のあとに、私が適当に訳したものを記します。


【原文】
人わかき時は血気さかんに元気つよきゆへ、保養の術にうとく、私欲を恣にすといへども、おほくは妨なきに似たり。四十にも至る頃ほひより、つとめて保養せざれば、たちまち病を生じ、元気をそこなひその身を失ふなり。(中略)生まれつきて元気さかんに体つよき人も、四十已後の保養をしらづ、私欲を恣にすれば、父母より受得たる所の天年をたもたずして、死する類多し。

【訳文】
若い時は血気が盛んで元気なので、養生の方法を学ばずに欲の赴くままに行動しても、多くは何もないように見える。40歳にもなると、養生に励まなければ、すぐに病気になり、元気を損なって体をこわす。(中略)生まれつき元気がよく、体が強い人でも、40歳を過ぎてからの養生を考えずに欲のままに行動すると、両親からもらった本来の寿命を全うせずに死ぬ人が多くいる。

やっぱり、もとから身体が強い人は、普段の生活で無理をして、かえって寿命が短いことが、昔からあったんですね。
一病息災という言葉は的を射ていると感じます。持病があったり、身体の弱い人の方が、ちゃんと健康を気遣って、歳をとるとかえって周りの人より元気というのは実際によくあることです。
「自分は長生きはしたくない」という方もいらっしゃいますが、養生を怠ると、健康寿命が短くなる場合が多いです。なかなか、やりたい放題の生活からからコロリとはいけないものですので、養生はしておいた方がいいと思います。


【原文】
父母の怒の起るは、其心ざしにたがふよりはじまる事なれば、いかようの筋なき事なりとも、まづそのあやまりをたださず、色を悦ばしうし、声をやはらげ、時いたりてすこしくいさめづとも、時は父母もよく心得て怒るにいたらざるなり。

【訳文】
老父母が起こるのは、心にそぐわないことから始まる事なので、どんなに道理の通らないことでも、まずは誤りを指摘せず、顔を穏やかに、声を和らげれば、時間が過ぎて少しもいさめなくても、老父母もよく理解して怒ることはない。

この部分は、周りの人の老人への接し方について書かれてますが、これは認知症の老人に対する接し方と同じです。声を荒げずに穏やかに話しかけることが大切なんですね。
老人は気血が減り、外からの刺激に弱くなっています。ちょっとしたことで怒りやすくなっていることを理解して、周りが少し配慮してあげることでどちらも過ごしやすくなります。
自分に対する忠告にもなりますが、年老いた親をないがしろにせずに、誠意をもって接しないといけないと改めて思いました。


この他にも、衣食住、精神の修養など、いろいろなことがかかれていて、興味深いところがたくさんあるので、これから、老人必用養草の気になった箇所を少しずつ紹介したいと思います。

春はリラックス&リフレッシュ

19.3.22ver2

2019年3月22日(金)

「花粉症」というワードを毎日耳にします。
今年は目の痒みなど、目にひどく症状が出る方が多い印象を受けます。

春が近付き、気温が高くなり始めました。
暖かくなると、寒かった今までよりも、体の機能も気持ちも、活動が盛んになります。
いろいろなことが動き出す時期でもあります。

春になると気持ちがウキウキするというのもその一つですね。

加えて、体の反応も敏感になりやすい時期です。
花粉症などの症状が余計に、ひどくなりやすいと考えられます。
マスク、手洗い、洗顔など外のほこりからの刺激への予防は
まだ怠らずしっかりなさってください。

逆に春にはとりわけ、なんてないんだけれど、
気分が沈みがちという方もいらっしゃいます。春霞のイメージでしょうか。
このようなときは、無理やり「自分がいけないんだ」と思い込まず、
「この季節が来たんだなぁ」と季節のせいにしておおらかにかまえておくのもよい方法です。
自分のせいとは思わないでください。
そう考えてしまうと、余計に気持ちを沈み込ませ、悪循環に陥りやすくなります。

気持ちの高まりも落ち込みも、どちらも
気持ちが、いつもの状態より偏っていると考えられます。
上手く巡らしてあげることで、その偏りを改善することにつながります。

気持ちを巡らせる方法として、
・食事、お茶などに香りのよいものをとりいれ、リラックスする

・体をすこし動かしてみる
例えば、隙間時間に、肩をまわす、手首、足首をまわす、散歩にでかけるなど

・深呼吸すること
目をつぶって深く息を吸い、吐くことに合わせて
気持ちをゆっくり、徐々に下ろすイメージでおこなってください。

薬局でも、この時期に合わせた、気分をリフレッシュさせてくれる
ハーブや植物をとりいれたブレンドティーをご紹介中です。

三寒四温を思わせる天気が続きます。
服装の調節が難しいですが、楽しく花見をするために
風邪をひかないように気を付けましょう。
みなさまもお気を付けください。

ゴールデンウィークの休業日をお知らせします

19032001

2019年3月20日(水)

漢方薬局ハレノヴァのゴールデンウィーク休業日をお知らせいたします。

ゴールデンウィーク休業期間:
2019年4月28日(日) ~ 2019年5月6日(月)

ゴールデンウィーク休業期間中は、メールでのお問い合わせは受け付けておりますが、
お返事は5月7日(火)以降となりますので、予めご了承くださいませ。

ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願いいたします。

ホワイトデー

19031201

ホワイトデーが近づきました。

ホワイトデーがなぜホワイトなのかはちょっと調べきれませんでした
(ご存知の方また教えてください)
ただはじまりとしては、バレンタインデーでチョコレートの贈物を受けた男姓が
お返しの意味を込めて、キャンディーを贈る日として飴菓子業界が策定した日だとか。

第1回は1980年。
今年でホワイトデーは32歳なんですね。

ホワイトつながりで「白」の漢方薬の話題です。

その漢方薬の中身がこちら(画像)です。

まっ白い生薬の正体は「セッコウ」です。

この漢方薬は、白虎湯(びゃっことう)といいます。

中国史や、ゲームがお好きな方は白虎ときいて
ピンと名前の由来が浮かぶと思います。

そうです、四神です。

西の白虎、五色の「白」。

実際にこの漢方薬も画像の通り、真っ白のセッコウが多量に含まれいます。
このことから白虎湯と命名されたのかもしれません。
(*できあがりの煎じ液は真っ白にはなりません。)

西洋薬の名前の由来も調べてみると色々考えられて、名付けられているものも多くあります。
例えば、痛み止めのカロナールは「痛みがとれ軽(かる)くなる」いう薬の効果から命名されたそうです。

他にも、この時期におなじみ、アレルギー性鼻炎に対して使われる「ザイザル」(Xyzal)があります。
この由来はアレルギー疾患に対する最終兵器との意味を込めて「XYZ」の文字を入れたのだそうです。
それだけ、アレルギーをいかに抑えるかに悩まされていたのかと思ったネーミングです。

また最近、私はCMでよく耳にする「ドリエル♪」は「dream well(良い眠り)」に由来しているとのこと。

漢方にせよ西洋薬にせよ、名前の由来を調べるのは楽しいです。

白虎のみならず、もちろん青龍、玄武が名前の由来の漢方薬はあります。
ご紹介はまた次回にでも。

最後話がそれましたが、ホワイトデーには忘れないようにお返しをしようと思います。

春のストレスから夏の不調に

IMG_0802

2019.3.9

梅も見頃となり、啓蟄が過ぎて日中は過ごしやすい日が続いています。

気温が上がり、いろいろな生き物が動き出す春は、休んでいた草木も生長を始めます。
凝り固まったものが動き出すこの季節に、体の中の陽気が伸びやかになれないと、心や体に不調が出てきます。

ストレスのせいで、陽気の流れが悪くなると、疲れやすい、むくみ、喉の違和感、胸やお腹が張るなどのいろいろな不調が出てきます。
また別に、陽気が頭へ昇ってしまうと、頭痛、冷えのぼせ、不眠、イライラなどの不調が出てきます。

こういった症状に気づいたら、体を動かし、気の巡りをよくするのと同時に、漢方薬でさらに動きをよくしてあげることで、早めに対処してください。

春のストレスをその時に退治しないと、夏の不調につながります。

春に体の表面まで出てこないといけない陽気が内にこもったまま、夏を迎えてしまうので、体の表面が冷えてクーラーに負けやすくなります。
その一方で、汗が出にくく内側の熱が発散されないので暑さに倒れやすくもなります。

温暖化の影響で、年々暑さが厳しくなり、夏の外と室内との温度差は大きくなっています。
この温度差が体にかなりの負担をかけるので、夏に体調を崩さないために今から体を調えましょう。
春に気の巡りが悪いことが、夏に体を壊す要因のひとつになるため、漢方薬や運動で先手を打ってください。

肌にも花粉症対策を

19030101

もうすぐ春ですね♪

お肌のトラブルはありませんか?
春先になると、お肌が敏感になりやすい、粉がふいたようになる、痛いくらいに乾燥する、こんなお悩みの方も多いようです。

今回は、お肌本来の保護力をサポートし、乾燥したお肌や敏感になったお肌を落ち着かせる、オーガニック化粧品フィッツの「フィッシマ シリーズ」をご紹介します。
アトピーの方や花粉症でお肌が敏感になっている方にもおすすめですよ。

「フィッシマ シリーズ」はどの商品にも「アルガンオイル」が入っています。
アルガンオイルは保湿、保護力が高く、超乾燥肌、敏感肌の方に特におすすめです。また、ビタミンEを豊富に含むので、抗酸化作用などお肌にも嬉しい働きがあります。

シリーズにはボディ用とフェイス用の商品があります。

ボディ用
フィッシマクリームウォッシュ:クリームタイプのボディ洗浄料。潤いをあたえながら汚れを落とします。

フェイス用
「フィッシマセラム」:オイル美容液 
「フィッシママスク」:クレイマスク 
「フィッシマフェイシャルクリーム」:フェイスクリーム

フェイス用には、肌への浸透力も高く、保湿効果の高い「ヘンプオイル」も入って、アルガンオイルとダブルの効果でしっかりとお肌を保護しながら、乾燥し炎症などのトラブルを起こしやすいお肌に働きかけます。鎮静作用のあるラベンダーオイルも入っています。

100%天然由来成分のみでつくられています。

お肌に合うか心配な方もいらっしゃるかと思います。
ハレノヴァではテスターをご用意していますので、ぜひお気軽に試しになってくださいませ。

お待ちしております。

頭痛

頭痛が起こる原因は大きく2つあります。
環境によって体の外からの邪(じゃ)が入ってきて起こるものと、生活習慣や体質によって体の内側から起こるものです。

まず、体の外から邪が入って起こるものとして、
1、風邪(ふうじゃ)が冷気と一緒に入って痛むもの
2、風邪が熱と一緒に入って痛むもの
3、風邪が水と一緒に入って痛むもの
などがあります。

1の場合は、冷えると悪化する頭痛の他に、寒気がする、肩や背中がこわばる、体がだるいなどの症状があります。
このときには、風邪を散らし、かつ温める方剤を使います。

2の場合は、温まると悪化する頭痛の他に、軽い寒気、顔の赤みやほてり、目の充血、口が渇くなどの症状があります。
このときには、風邪を散らし、かつ冷ます方剤を使います。

3の場合は、雨や曇りの日に悪化する頭痛の他に、頭が重い、体が重い、胃腸が弱いなどの症状があります。
このときには、風邪を散らし、かつ体の余分な水を出す方剤を使います。

次に、体の内側から起こるものとして、
1、頭へ届く血(けつ)が足りずに栄養が届かなくて痛むもの
2、余分な水が頭に溜まって痛むもの
3、ストレスやイライラで気が頭に昇って痛むもの
などがあります。

1の場合は頭痛の他に、顔色が悪い、唇が荒れる、不眠、夢をよく見る、動悸、目が乾く、爪が割れやすい、皮膚がかさつく、髪がぱさつくなどの症状が出てきます。
このタイプの方は、血をつくるもとになる食べ物である、ほうれん草、にんじん、レバー、豚肉、くるみなどを普段の食事で食べるようにしてみてください。しかし血の材料を体に入れるだけでなく、きちんと体が血を作れるようにならなければ、血は増えません。血を作るには十分な睡眠をとることが重要です。特に夜は血を作る時間なので、そのときにしっかりと身体を休めることが効果的です。
漢方薬としては、血を補う方剤を選ぶほか、胃腸が弱くてちゃんと栄養を吸収できずに血を作れていない場合は、胃腸を強くする方剤を選びます。

2の場合は頭痛の他に、頭が重い、めまい、みぞおちのつかえ、吐き気、体が重い、などの症状が出てきます。
このタイプの方は、普段の食事として、きゅうり、冬瓜、かぶ、ねぎ、春菊、もやし、小豆、大豆、鶏肉、貝類りんご、さくらんぼ、スイカなどが適しています。
日常生活では、水のとりすぎに注意すること、汗をかくことを意識してください。水が体の中に溜まるのは、とりすぎが原因でることも多いです。水を飲みすぎるのは、高温多湿な日本、水を溜め込みやすい体質の方が多い日本人の生活に合っていません。喉がかわいた分だけ飲んで、無理に飲まないようにしましょう。また、飲むときは冷たい水分ではなく温かい水分をとるようにしてください。冷えた水は動きにくく、体に溜まりやすい性質があります。冷えた水を含む、生野菜、ほとんどの果物、冷えたビールはできるだけ控えてください。
漢方薬としては、体から水を追い出す方剤や、体が冷えている場合には水を動かすために温める方剤を選ぶこともあります。

3の場合は頭痛の他に、イライラする、怒りっぽい、のぼせる、顔がほてる、顔によく汗をかく、目が充血する、口が苦い、寝付きが悪いなどの症状が出てきます。
このタイプの方の普段の食事では、気を巡らせてくれる香りが良い食材を選んでください。紫蘇、大葉、たまねぎ、ミョウガ、ミント、柑橘類、春菊、セロリなどがあります。
ただし、精神的ストレスや悩み事なが原因ですので、それを取り除くか、考え方や取り組み方を変えることが非常に重要です。
漢方薬としては、気を巡らせる方剤や、頭の余分な熱を取る方剤を選びます。

めまい

めまいは、エネルギーである気や栄養である血(けつ)が不足したり、水が余分にあることで起こることが多いです。
原因として
1、余分な水によるもの
2、気の上逆によるもの
3、血の不足によるもの
4、老化によるもの
などがあります。

1は、水やそれが固まってできる「痰」が頭にあり、気血の正常な流れを遮ることでめまいが起こります。ぐるぐる回転するめまいであることが多いです。
めまいの他に、曇りや雨の日に調子が悪い、乗り物酔いしやすい、手足や体が重だるいなどの症状が出てきます。
普段の生活では、水分摂取量に気を付けてください。喉が渇いた分、体が欲する分だけ水を飲むように心がけて、
無駄な水を体に溜めないことがポイントです。
夏の暑い日は、汗として体の水が出ていくため、脱水にならないように多めに飲むことが必要ですが、
夏以外は、水が体に溜まりやすくなっているので、喉が渇いた分だけ飲んでください。
また、食事では、あずき、セロリ、冬瓜、そば、らっきょう、えんどう豆、白菜、きゅうりなど、
水はけをよくする食材をうまく取り入れてください。
このタイプの方には、水はけをよくする方剤や、突発的に痰が頭に昇るのを防ぐ方剤を使います。

2は、気が頭に昇り、降りてこない状態になるためにめまいが起こります。
めまいの他に、顔の赤み、顔のほてり、イライラ、突然の頭痛、手や足の冷えなどの症状が出てきます。
食事では、気の巡りをよくする食材をとってください。柑橘類、三つ葉、紫蘇、薄荷など香りのよいものが気の動きを良くしてくれます。
このタイプの方には、気を降ろす方剤を選びます。

3は、血は体の各所に栄養を届けますが、血をつくれなかったり、消費しすぎたりすることで、その血が不足し、めまいが起こります。目の前が暗くなるめまいが多いです。
めまいの他に、顔色が白い、目が疲れやすい、肌がカサカサする、集中力が続かない、不眠、夢をよく見る、爪がもろい、髪がパサつく、こむら返りが起こりやすいなどの症状が出てきます。
食事では、血のもとになる食材をとってください。にんじん、ほうれん草、小松菜、豆類、豚肉、イカ、落花生、ぶどう、ライチなどが血のもとになります。
このタイプの方には、血を補う方剤や、血をつくりだせる胃腸にするための方剤を選びます。

4は、老化によって生命の源が少なくなり、脳が滋養されずに起こります。
めまいの他に、歯や骨がもろくなる、髪が細く潤いがない、耳鳴りがする、尿がもれる、出にくい、逆に出やすい、腰や足が痛いなどの症状が出てきます。
生薬以外で、生命の源を補ってくれる食材はほとんどないため、食べ過ぎに気を付けて胃腸を大事にすることが基本です。その上で、気が不足している方は穀類やいも類、潤いが足りない方はゴマやスッポン、冷えがあるかたはクルミや羊肉、などをおすすめします。
このタイプの方には、生命の源を補う方剤を選びます。

小児必用養育草3

2019.2.16

2019年2月15日(金)

さて、久しぶりに小児必用養育草(しょうにひつようそだてぐさ)を見てみます。
上の挿絵は、右がお食い初め、左がお宮参りの図です。
今回も本文には関係ありませんが、雰囲気を味わうために貼り付けておきます。


さて、今回紹介するのは、巻二の「生子養育の説」の一部です。
前回までは、あまり信用できない部分を紹介しましたが、
今回は現代でも役に立つ部分を紹介します。
原文に続いて、私が適当に訳した文を記します。


〈原文〉
 『保嬰論』に、「子を養育に十種の法あり。第一には、背を暖にせよ。二つには、腹を暖にせよ。三つには、足を暖にせよ。四つには、頭を涼しくせよ。五つには、胸を涼しくせよ。六つには、小児の驚きおそるるかたちの類を見する事なかれ。七つには、いまだ見しらぬ人を見せしむる事なかれ。八つには、啼事さだまらずして、乳を飲しむる事なかれ。九つには、軽粉、朱砂の類の石薬を飲ましむる事なかれ。十には、浴する事たびたびすべからず」と見えたり。

〈訳文〉
 『保嬰論』に、「子供を育てるのには十個のするべき事がある。一つ目は、背中を温かくすること。二つ目は、腹を温かくすること。三つ目、は足を暖かくすること。四つ目は、頭を涼しくすること。五つ目は、胸を涼しくすること。六つ目は、子供が驚き怖がるような見た目のものを見せないこと。七つ目は、見知らぬ人に合わせないこと。八つ目は、泣き止まない内は乳を与えないこと。九つ目は、軽粉、朱砂などの鉱物由来の薬を飲ませないこと。十は、湯浴みを何度もしないこと。」

 背中を温めるのは重要で、背中には膀胱経という気血の通り道があり、風邪(フウジャ)が入ってくる場所があります。風邪に侵されるとかぜになってしまうので、そこをしっかりと守るために、背中を温めるように言っています。
 頭を涼しくするのは、子供は陽(温めたり動かしたりするエネルギー)が盛んなので、大人より暑がりです。オーバーヒートしないように頭を冷やすということでしょう。


〈原文〉
 巣元方の説に、「初生の小児は、皮膚いまだ堅からず、衣を厚く重ねて温むべからず。温れば汗出やすし。汗出れは皮膚弱く成て、風を引やすきなり。常に衣を薄くすべし。背を冷やす事なかれ。衣を薄くする事は、初秋よりならはしむべし。漸々に寒くなるによりて、初秋より薄く仕馴て、次第次第に厚くして、冬にいたれは俄に寒きにいたらずして、寒に馴てよく堪るなり」といえり。心得べき事なり。

〈訳文〉
 巣元方という医師の説に、「生まれたばかりの子は、皮膚がまだ固くなく、厚着して温めてはいけない。温めると汗が出やすい。汗が出れば皮膚が弱くなり、かぜをひきやすくなるものだ。常に薄着にするのがよい。ただし、背中を冷やしてはいけない。薄着にするのは、秋の初めから慣れさせるのがよい。徐々に寒くなるにつれて、秋の初めから薄くすると馴れて、だんだんと厚くして冬になると、すぐに寒いとは思わなくなり、よく堪えられるようになる。」とある。心するべきことである。

 上でも話したように、子供は陽が多く、陰がすくないと言われています。つまり、体温が高くて活発に動くということです。体温が高いのに、厚着をするとすぐに汗をかいてしまいます。汗がでると、気も同時に出てしまいます。気は体の防御機能にも関わっているため、汗が出ることで、からだ表面の防御が弱くなり、かぜをひきやすくなります。
 では、冬はどうすればいいかというと、秋口から薄着に馴れさせていけばいいとあります。これは、大人も同じことで、秋口から薄着に馴れていくと、冬の寒さに強くなります。
ただし、冷え性で冬はいつも困っている方などは無理をせず、寒い時期は体を温めて気を付けて過ごしてください。

 古くからの子育て法には、現代ではしてはいけないことや、しても効果がないことなども含まれていますが、大切なこともたくさんあります。まだ科学的に証明できていないこともありますが、頭から否定せず、一度考えてみることが重要だと思います。

男の人こそ肌ケアを!(もちろん女性も)

19020802

2019年2月8日(金)

スタッフとのある日の会話で、
男性は女性よりも、特に顔について、刺激をうけているね
という話題になりました。

なぜなら、
女性のシェービングは、服で隠せるところが多く、ある程度なまけ(?)ることができますが、
顔のひげは、なかなか隠せず、頻繁な手入れの回数となります。
つまり、肌への刺激は意外と多いのです。

ですので、今回はそんな男性にむけて
肌と「美人」の話題を。
ここでいう「美人」は「雰囲気や感じがいい人」というイメージです。
もちろん、女性も読んでくださいね。

肌の質を上げれば、「美人」さんにつながると考えます。
肌、特に顔の部位は、
体の中で、外に一番さらされているところであり
顔は人に会ったとき、初めに、印象が伝わるところです。

肌は、余計な外からの物質が、からだの中に入ってくるのを
防いでくれているところですが、
日々の外のほこり、洗顔などでいつも刺激にさらされています。

そのため、
肌の質が良くなりますと、外からの刺激に
ちょっとやそっとでは負けないようになります。
刺激や痒みで、イライラすることが少なくなると、余計なストレスも
たまりにくくなります。

また、鏡の前で、「荒れていない」顔をみることは
嬉しい気持ちになります。

イライラよりは、にっこり、嬉しい顔をしている人のほうが
「美人」さんです。
嬉しい気持ちは心を豊かにしてくれ、一日の頑張りにもつながります。

次に、
顔の印象と肌について。

肌の潤いやキメは、肌にあたる光の反射の具合にかかわり、
顔の印象に影響をあたえます。

そのため、肌が潤いキメが整うと、
毎日、顔をあわせたときの第一印象や、笑顔の雰囲気に違いがでてきます。

さわやかな顔であいさつを受けて、嫌な人はそうはいないでしょう。
ビジネスで、印象は大事です。
特に女性は、「なにか感じがいい」という「雰囲気」に敏感な気がします。
女性からの印象はよくなるかもしれません。もちろん男性からも。

このように、特に「顔」の肌を、お手入れすることは日々の小さな幸せになるので、
ぜひ労わってあげてください。
自分の小さな幸せは、雰囲気を通じて、周囲にもいい影響を与えます。

ここでPHYT’S menを使用すると、さらに+αいいことがあります。

それは、とても気持ちのよい香りがするところです。

「香り」は「くさい」と思われる方も多いと思いますが、
PHYT’Sの香りは、ふわっと香った後、自然に消えていきます。
変に鼻に残ることもありません。

PHYT’Sのいいところその1
この「香り」そのものによって、リラックスできるということ

PHYT’Sのいいところその2
香りをかぐという動作により
知らず知らず、「鼻」から「深く」呼吸ができること。

つまり、
自然と深呼吸につながり、気持ちや体の緊張をときほぐします。
緊張がほぐれると、余裕のある心で物事に取り組むことができます。

リフレッシュした心と体で、挨拶ができると
周りの人と、いい雰囲気、いい環境をつくりだせるきっかけになります。

植物の香りは、あまり興味をもつことはないかもしれませんが、
このような良い面がたくさんあります。

素敵な友人、彼氏さん、旦那さん、お父さんをより魅力的に!
といたわる方のプレゼントのひとつとしても、PHYT’S menはおすすめです。

今よりもっと、雰囲気さえも美人(魅せる男)に!とこっそり
心の中で、思っていらっしゃる貴方へ。
そのツールの1つとしてPHYT’S menが応援します。

最近花粉も飛び始めました。
顔全てをマスクで隠せるわけではありません。
男性も女性も、はやめはやめの対策として、肌の質を、よくしていくこと。

これで、今年の春の過ごし方も変わると思います。

肌をいたわることで「美人」さんになれますように。

牡蠣は何と読みますか?

19.2.3blog

2019年2月2日(土)

最近、街の中を歩いていると「牡蠣」というのぼりが目につきました。
「牡蠣」という字は、目にした瞬間、「かき」とお読みになると思います。

しかし、私はどういうわけか、
「ボレイ」という読み方が、頭に浮かんできました。

生薬にだいぶ触れているせいかなぁとしみじみ思った今日この頃です。

今回はそんな「牡蠣」について。

牡蠣(かき)の身は、海のミルクと呼ばれるように、ミネラルなどが豊富で、
栄養たっぷりの冬の味覚の一つです。
ピンと張り詰めた、寒さが染み渡るこの時期ならではの食べ物ですね。

この牡蠣を「ボレイ」と読みますと、牡蠣(かき)の殻のことを指し、
生薬の1種として扱われます。

なぜ、他の貝ではなく、
牡蠣(かき)の殻を薬として目を付けたのかは、不思議なところです。
(ただ、貝殻はよく、土壌に撒いたりして使用されるので、
そういったところからも発想に至ったのかもしれないません。)

漢方の考えでは、ボレイは
「重鎮安神(じゅうちんあんじん)薬」に分類されます。
安神とは「心が落ち着いている状態」と考えてください。

漢方薬のなかにおいても、驚きやすい、不安、不眠を訴える方に
使用されるものに含まれてます。
昔々に、貝殻に上記のような力を見出したことには感心します。

あくまで個人的な想像を膨らませてみますと、

貝殻には、重さがあります。
漢方薬を作る際は砕かれているものを扱いますが、量をあつめると、
その手にずっしりとした重さを感じます。

このずっしりとした感覚が、「鎮める」につながり、
さらに、気持ちを平静な自分自身へ「落ち着かせる、冷静にさせる」ことになったのでしょうか。

よく眠たくなると、うつらうつらすると思います。
このとき、まぶたは下がりかけています。
まぶたが「重く」なるともいわれる状態です。

つまり、ずっしりとしたもので、まぶたを重くする→眠たくする

という発想かもしれないなぁとふと思いました。

その他では、胃酸過多に用いられる薬に含まれてもいます。
こちらの用いられ方はおそらく、殻の主成分が炭酸カルシウムであり、
それが胃酸を中和する働きをもつためだと考えられます。

普段は私たちの口の中には入らない、牡蠣の殻ですが、
食卓の話題の一つにもなる(?)ので
この殻が漢方薬として利用されているものなのだと思いつつ、
旬の牡蠣(かき)を召し上がってみてください。

召し上がる際は、くれぐれも、お腹をこわさないように気を付けてくださいね。

まだまだ寒い季節です。
風邪には油断なさらず、防寒などしっかり対策して
お過ごしください。

バレンタインプレゼントにもどうぞ♪

19012402

2019年1月24日(木)

唇の乾燥は気になりませんか?
外では冷たい空気にさらされ、暖房のきいた部屋の中は乾燥、なかなか唇も大変なのです。

今回は乾燥する唇にオススメの商品「フィッツ フィッシマ リップスティック」のご紹介です。
アルガンオイル配合、ビタミンEを豊富に含み、乾燥からしっかりと守り、荒れやすい唇を保護しやわらかな唇に導いてくれます。

女性の方ならスキンケアの延長で、メイク前にも塗っておくと口紅を塗るころには潤う唇になっています。
口紅はよれず、潤うのにべたつかず、下地としてもお使いいただけます。
また意外と男性の方も、唇の乾燥に悩んでいると聞きます。
ついついなめてしまい、乾燥がひどくなる方もいらっしゃいます。
100%天然由来成分のみでつくられたリップスティックで、乾燥が気になるときにいつでもお使いいただけます。
ココナッツオイルのほのかな香りで男性の方にもオススメです。

バレンタインのプレゼントにチョコと一緒にいかかでしょうか?

フィッツ商品をはじめ、漢方商品なども健康を気遣う方へのプレゼントとしてもオススメです。
またお好きな商品をラッピングさせていただきます。

お気軽にお声かけください。

春の七草と七草粥

19010501

2019年1月5日(土)

セリナズナ ゴギョウハコベラ ホトケノザ スズナスズシロ これぞ七草

江戸時代の書物ある、春の七草を和歌にしたものです。七草を空で言えない方は、これ以降の文はどうでもいいので、これだけ覚えて帰ってください。

さて、元旦から数えて七日目を「七日正月」といい、朝に七草粥を食べるのが慣わしとなっています。本来は、いわゆる旧暦を元にするので、1月下旬から2月上旬あたりに食べます。

ナズナはぺんぺん草、ゴギョウはハハコグサとも呼ばれます。また、スズナはカブ、スズシロはダイコンのことです。
勘違いしやすいのがホトケノザで、現在の標準和名のホトケノザではなく、タビラコという植物です。
食べたことがありませんが、あのホトケノザは、毒はないけど味もなく、おいしくないらしいです。

七日、七草と、なぜ七が並んでいるのかというと、中国や日本で、七は「吉数」とされるからです。
七福神や七賢など、いろんなものごとに使われます。パチンコの7もこれが由来なのかと思いましたが、ラスベガスのスロットを元にしたみたいで、どうやら違うようです。

冒頭に挙げた七つの植物だけが七草と決められ古くから七草粥として食べられているわけではなく、江戸時代にもまだ統一されていませんでした。
一年で最も寒さの厳しい時期なので、手に入る若菜が少なく、地域によっても差があったようです。

七草粥の効能については、冬には汗をかかないため、体内にナトリウムがたまり、それに伴って水も溜まる。
その結果、血圧上昇やむくみなどが起こる。
若菜はカリウムが豊富であり、カリウムはナトリウムが尿として出ていくのを助けるので、冬に溜まった余分な水を体から追い出す。といった考えがあります。
七草を個別にみると、尿の量を増やす、痰を除く、胃腸の調子を調える、消化を助けるなどの作用があり、春に向けて、体の中の余分なものを取り除き、胃腸を整える狙いがあるのだろうと思います。

仕事が忙しい方や、ひとり暮らしの方は、行事食を食べることが少なくなってしまうと思いますが、これを読んだことをきっかけに、少し興味をもってもらえれば嬉しいです。