ホワイトデー

19031201

ホワイトデーが近づきました。

ホワイトデーがなぜホワイトなのかはちょっと調べきれませんでした
(ご存知の方また教えてください)
ただはじまりとしては、バレンタインデーでチョコレートの贈物を受けた男姓が
お返しの意味を込めて、キャンディーを贈る日として飴菓子業界が策定した日だとか。

第1回は1980年。
今年でホワイトデーは32歳なんですね。

ホワイトつながりで「白」の漢方薬の話題です。

その漢方薬の中身がこちら(画像)です。

まっ白い生薬の正体は「セッコウ」です。

この漢方薬は、白虎湯(びゃっことう)といいます。

中国史や、ゲームがお好きな方は白虎ときいて
ピンと名前の由来が浮かぶと思います。

そうです、四神です。

西の白虎、五色の「白」。

実際にこの漢方薬も画像の通り、真っ白のセッコウが多量に含まれいます。
このことから白虎湯と命名されたのかもしれません。
(*できあがりの煎じ液は真っ白にはなりません。)

西洋薬の名前の由来も調べてみると色々考えられて、名付けられているものも多くあります。
例えば、痛み止めのカロナールは「痛みがとれ軽(かる)くなる」いう薬の効果から命名されたそうです。

他にも、この時期におなじみ、アレルギー性鼻炎に対して使われる「ザイザル」(Xyzal)があります。
この由来はアレルギー疾患に対する最終兵器との意味を込めて「XYZ」の文字を入れたのだそうです。
それだけ、アレルギーをいかに抑えるかに悩まされていたのかと思ったネーミングです。

また最近、私はCMでよく耳にする「ドリエル♪」は「dream well(良い眠り)」に由来しているとのこと。

漢方にせよ西洋薬にせよ、名前の由来を調べるのは楽しいです。

白虎のみならず、もちろん青龍、玄武が名前の由来の漢方薬はあります。
ご紹介はまた次回にでも。

最後話がそれましたが、ホワイトデーには忘れないようにお返しをしようと思います。

肌にも花粉症対策を

19030101

もうすぐ春ですね♪

お肌のトラブルはありませんか?
春先になると、お肌が敏感になりやすい、粉がふいたようになる、痛いくらいに乾燥する、こんなお悩みの方も多いようです。

今回は、お肌本来の保護力をサポートし、乾燥したお肌や敏感になったお肌を落ち着かせる、オーガニック化粧品フィッツの「フィッシマ シリーズ」をご紹介します。
アトピーの方や花粉症でお肌が敏感になっている方にもおすすめですよ。

「フィッシマ シリーズ」はどの商品にも「アルガンオイル」が入っています。
アルガンオイルは保湿、保護力が高く、超乾燥肌、敏感肌の方に特におすすめです。また、ビタミンEを豊富に含むので、抗酸化作用などお肌にも嬉しい働きがあります。

シリーズにはボディ用とフェイス用の商品があります。

ボディ用
フィッシマクリームウォッシュ:クリームタイプのボディ洗浄料。潤いをあたえながら汚れを落とします。

フェイス用
「フィッシマセラム」:オイル美容液 
「フィッシママスク」:クレイマスク 
「フィッシマフェイシャルクリーム」:フェイスクリーム

フェイス用には、肌への浸透力も高く、保湿効果の高い「ヘンプオイル」も入って、アルガンオイルとダブルの効果でしっかりとお肌を保護しながら、乾燥し炎症などのトラブルを起こしやすいお肌に働きかけます。鎮静作用のあるラベンダーオイルも入っています。

100%天然由来成分のみでつくられています。

お肌に合うか心配な方もいらっしゃるかと思います。
ハレノヴァではテスターをご用意していますので、ぜひお気軽に試しになってくださいませ。

お待ちしております。

男の人こそ肌ケアを!(もちろん女性も)

19020802

2019年2月8日(金)

スタッフとのある日の会話で、
男性は女性よりも、特に顔について、刺激をうけているね
という話題になりました。

なぜなら、
女性のシェービングは、服で隠せるところが多く、ある程度なまけ(?)ることができますが、
顔のひげは、なかなか隠せず、頻繁な手入れの回数となります。
つまり、肌への刺激は意外と多いのです。

ですので、今回はそんな男性にむけて
肌と「美人」の話題を。
ここでいう「美人」は「雰囲気や感じがいい人」というイメージです。
もちろん、女性も読んでくださいね。

肌の質を上げれば、「美人」さんにつながると考えます。
肌、特に顔の部位は、
体の中で、外に一番さらされているところであり
顔は人に会ったとき、初めに、印象が伝わるところです。

肌は、余計な外からの物質が、からだの中に入ってくるのを
防いでくれているところですが、
日々の外のほこり、洗顔などでいつも刺激にさらされています。

そのため、
肌の質が良くなりますと、外からの刺激に
ちょっとやそっとでは負けないようになります。
刺激や痒みで、イライラすることが少なくなると、余計なストレスも
たまりにくくなります。

また、鏡の前で、「荒れていない」顔をみることは
嬉しい気持ちになります。

イライラよりは、にっこり、嬉しい顔をしている人のほうが
「美人」さんです。
嬉しい気持ちは心を豊かにしてくれ、一日の頑張りにもつながります。

次に、
顔の印象と肌について。

肌の潤いやキメは、肌にあたる光の反射の具合にかかわり、
顔の印象に影響をあたえます。

そのため、肌が潤いキメが整うと、
毎日、顔をあわせたときの第一印象や、笑顔の雰囲気に違いがでてきます。

さわやかな顔であいさつを受けて、嫌な人はそうはいないでしょう。
ビジネスで、印象は大事です。
特に女性は、「なにか感じがいい」という「雰囲気」に敏感な気がします。
女性からの印象はよくなるかもしれません。もちろん男性からも。

このように、特に「顔」の肌を、お手入れすることは日々の小さな幸せになるので、
ぜひ労わってあげてください。
自分の小さな幸せは、雰囲気を通じて、周囲にもいい影響を与えます。

ここでPHYT’S menを使用すると、さらに+αいいことがあります。

それは、とても気持ちのよい香りがするところです。

「香り」は「くさい」と思われる方も多いと思いますが、
PHYT’Sの香りは、ふわっと香った後、自然に消えていきます。
変に鼻に残ることもありません。

PHYT’Sのいいところその1
この「香り」そのものによって、リラックスできるということ

PHYT’Sのいいところその2
香りをかぐという動作により
知らず知らず、「鼻」から「深く」呼吸ができること。

つまり、
自然と深呼吸につながり、気持ちや体の緊張をときほぐします。
緊張がほぐれると、余裕のある心で物事に取り組むことができます。

リフレッシュした心と体で、挨拶ができると
周りの人と、いい雰囲気、いい環境をつくりだせるきっかけになります。

植物の香りは、あまり興味をもつことはないかもしれませんが、
このような良い面がたくさんあります。

素敵な友人、彼氏さん、旦那さん、お父さんをより魅力的に!
といたわる方のプレゼントのひとつとしても、PHYT’S menはおすすめです。

今よりもっと、雰囲気さえも美人(魅せる男)に!とこっそり
心の中で、思っていらっしゃる貴方へ。
そのツールの1つとしてPHYT’S menが応援します。

最近花粉も飛び始めました。
顔全てをマスクで隠せるわけではありません。
男性も女性も、はやめはやめの対策として、肌の質を、よくしていくこと。

これで、今年の春の過ごし方も変わると思います。

肌をいたわることで「美人」さんになれますように。

バレンタインプレゼントにもどうぞ♪

19012402

2019年1月24日(木)

唇の乾燥は気になりませんか?
外では冷たい空気にさらされ、暖房のきいた部屋の中は乾燥、なかなか唇も大変なのです。

今回は乾燥する唇にオススメの商品「フィッツ フィッシマ リップスティック」のご紹介です。
アルガンオイル配合、ビタミンEを豊富に含み、乾燥からしっかりと守り、荒れやすい唇を保護しやわらかな唇に導いてくれます。

女性の方ならスキンケアの延長で、メイク前にも塗っておくと口紅を塗るころには潤う唇になっています。
口紅はよれず、潤うのにべたつかず、下地としてもお使いいただけます。
また意外と男性の方も、唇の乾燥に悩んでいると聞きます。
ついついなめてしまい、乾燥がひどくなる方もいらっしゃいます。
100%天然由来成分のみでつくられたリップスティックで、乾燥が気になるときにいつでもお使いいただけます。
ココナッツオイルのほのかな香りで男性の方にもオススメです。

バレンタインのプレゼントにチョコと一緒にいかかでしょうか?

フィッツ商品をはじめ、漢方商品なども健康を気遣う方へのプレゼントとしてもオススメです。
またお好きな商品をラッピングさせていただきます。

お気軽にお声かけください。

春の七草と七草粥

19010501

2019年1月5日(土)

セリナズナ ゴギョウハコベラ ホトケノザ スズナスズシロ これぞ七草

江戸時代の書物ある、春の七草を和歌にしたものです。七草を空で言えない方は、これ以降の文はどうでもいいので、これだけ覚えて帰ってください。

さて、元旦から数えて七日目を「七日正月」といい、朝に七草粥を食べるのが慣わしとなっています。本来は、いわゆる旧暦を元にするので、1月下旬から2月上旬あたりに食べます。

ナズナはぺんぺん草、ゴギョウはハハコグサとも呼ばれます。また、スズナはカブ、スズシロはダイコンのことです。
勘違いしやすいのがホトケノザで、現在の標準和名のホトケノザではなく、タビラコという植物です。
食べたことがありませんが、あのホトケノザは、毒はないけど味もなく、おいしくないらしいです。

七日、七草と、なぜ七が並んでいるのかというと、中国や日本で、七は「吉数」とされるからです。
七福神や七賢など、いろんなものごとに使われます。パチンコの7もこれが由来なのかと思いましたが、ラスベガスのスロットを元にしたみたいで、どうやら違うようです。

冒頭に挙げた七つの植物だけが七草と決められ古くから七草粥として食べられているわけではなく、江戸時代にもまだ統一されていませんでした。
一年で最も寒さの厳しい時期なので、手に入る若菜が少なく、地域によっても差があったようです。

七草粥の効能については、冬には汗をかかないため、体内にナトリウムがたまり、それに伴って水も溜まる。
その結果、血圧上昇やむくみなどが起こる。
若菜はカリウムが豊富であり、カリウムはナトリウムが尿として出ていくのを助けるので、冬に溜まった余分な水を体から追い出す。といった考えがあります。
七草を個別にみると、尿の量を増やす、痰を除く、胃腸の調子を調える、消化を助けるなどの作用があり、春に向けて、体の中の余分なものを取り除き、胃腸を整える狙いがあるのだろうと思います。

仕事が忙しい方や、ひとり暮らしの方は、行事食を食べることが少なくなってしまうと思いますが、これを読んだことをきっかけに、少し興味をもってもらえれば嬉しいです。

クリスマスギフトご用意しています☆

18120501

2018年12月5日(水)

昨日今日とあまり冬らしくない温かい日が続きますが、街はクリスマスを迎える雰囲気になりつつありますね。
ハレノヴァも例年通りクリスマスツリーを飾っています。

そんなツリーのすぐ側に、今年は来店者限定クリスマスギフトをご用意しました!
ハレノヴァエコバックの付いた、オーガニック化粧品フィッツのおすすめセットです♪
友人・家族・恋人へのプレゼントに、またご自分へのプレゼントとしていかがでしょうか?
詳しくは店舗にておたずねくださいませ。

風邪薬に頼りすぎない冬に

IMG_7999

2018年11月22日(木)

最低気温が10℃を下回る日が増えてきましたね。
ゼロゼロ、ゴホゴホという人、マスク姿の人が多く見受けられます。

風邪は万病のもとというように、
風邪のみではなく、ひくことで体が弱ってしまうことも問題となります。

体調を壊すとデメリットがたくさんでてきます。
例えば、

物事がはかどらない
治りが遅くなりやすい
お薬代がかかる 
ご飯がおいしく食べられない

もちろん、人によって違いがあるでしょうが、いつもなにげなくできていることが、
うまくいかないことが多いと思います。

「時は金なり」といいます。
体調が思わしくない時、

15分で、できていたことが、なぜか30分かかっていた。
いつもしないようなミスをして、同じことを繰り返す羽目になり落ち込む。
覚えようとしたことがなかなか頭にはいってこない、イライラする。

このように
「時間」のロス、精神的にもマイナスにつながります。
余計なストレスもたまるかもしれません。

なる前に、ならないように予防することが、やはり、
普段のなにげない生活を気持ちよく過ごすためには大事だと感じます。

ハレノヴァでは

ウイルスに感染した時の頭痛、高熱に使用される生薬【板藍根】
を飲みやすく粉末にした商品がございます。

のどのイガイガ、痛みにもお使いいただけます。

また、オリジナルで板藍根をブレンドしたお茶もございます。
癖のある板藍根の味が抑えられ、飲みやすくなっております。

試飲もできます。
風邪をひかないように、ぜひ味見に来てください。

加えて、
手や足先、お腹を触ると冷たい、など冷えやすい方にはぜひおすすめなのが、
「蒸した」ショウガ100%の【赤乾姜】です。

お腹から全身をあたためてくれる商品です。料理にもお使いいただけます。

【赤乾姜】は「蒸してあること」がポイントで、蒸していない生姜と異なり、
体を中からあたためる成分が多く含まれます。

理想は、風邪をひいたら、家でゆっくりして、早く寝る。がベストなのですが、
仕事、家庭、勉強などと、そうもいってられない現代の生活です。

「お金」「時間」のロスをなくすためにも、
「風邪をひかないこと」「風邪薬にたよりすぎない」冬を過ごしてみませんか?

晩ご飯に
板藍根のお茶、赤乾姜いりのお味噌汁、赤乾姜の生姜焼き
どれかを一品加えて、翌日の健康に備える。

なんて
いいかもしれません。

自分の体質を知って不調をケア!

18110501

2018年11月5日(月)

この1週間でぐっと冷え込むようになりましたね。
お店の中にいても足元が冷えるなぁと感じています。
いよいよ秋が深まり、冬に近付いていきますね。

寒さが厳しくなり乾燥しやすくなるこの時期には、風邪をひきやすくなったり、疲れやすくなったり、何かと体調が崩れやすいものです。
またそれに合わせて自律神経が乱れることもあります。

秋の養生方法としては、身体に潤いを与える食べ物をうまく取り入れる、お風呂につかり芯から身体を温める、適度に運動をするなどが挙げられます。
その季節をうまく過ごすにはこのような季節ごとの養生がとても大切です。
さらに人にはそれぞれ強い部分、弱い部分がありますので、自分の体質を知り、その人に合ったケアをすることも大切です。

自分の体質を知ることは養生の第一歩です。
意外と気付かない自分の体質を向き合ってみて、不調をケアしましょう。

またハレノヴァでは体質別おすすめオリジナルブレンドティーを販売しています。
漢方の世界でおなじみの素材はもちろん、西洋のハーブも使用し漢方の気血水のカテゴリ別に、6種類のお茶がございます。
自分の体質で選ぶのも良し、味のお好みで選ぶのも良し、その日の気分で選ぶのも良しです。
店舗のカウンター横に並べていますのでよろしけば見に来てくださいね。
体質相談もしていますよ。

夏の不調と漢方

18080801

2018年8月8日(火)

今年の暑さにはまいってしまいます。本当に危険な暑さですね。
連日の猛暑で、熱中症対策としてエアコンの使用と水分補給が叫ばれており、エアコンをつけて寝ることが当たり前になってしまいました。

熱中症は、暑さによる体温調節機能の乱れや、体内の水分、塩分のバランスが崩れることで起こり、軽度では立ちくらみ、筋肉痛、中等度では頭痛、吐き気、倦怠感などの症状が表れます。
さらに悪化すると、高熱、意識障害を起こすなど命にかかわります。
下痢などでの脱水状態や栄養不足、二日酔いや睡眠不足などの体調不良は熱中症のリスク要因です。

熱中症を防ぐには、暑さを避け、こまめに水分や塩分を摂ることが大切です。
初期症状があれば経口補水液の使用が基本ですが、予防には「漢方の点滴薬」と言われるお薬などもあります。
汗と一緒に気(元気・エネルギー)も漏れ出てしまいますので、大量の汗をかかれる方やスポーツをされる方は併用をおすすめします。
旅行のお供にもいかがでしょう。

また、脱水により脳梗塞も起こりやすくなります。熱中症と似た症状ですが、片麻痺や、ろれつが回らないなどが見分けるポイントです。対処方法も違い、より急を要します。
漢方薬には血を増やすお薬、巡りを良くするお薬など、色々ありますので、予防にもおすすめです。

逆に、一気に水分を摂り過ぎることで起こる水中毒でも、熱中症と似た症状が表れるので注意が必要です。
熱中症予防の水分補給には塩分の含まれるスポーツドリンク等を併用するのが良いです。

一方、夏バテも熱中症のリスクを上げます。
冷たいものの摂り過ぎで胃腸を冷やしたり、水分を摂り過ぎたりことにより、胃腸の消化吸収能力が低下し、食欲不振や下痢を起こしやすくなります。
そのためエネルギーが不足し、体がだるい、やる気が出ないなど、夏バテの症状を引き起こします。
また、内外の温度差も自律神経の乱れを招き、夏バテの原因となるため、エアコンでの冷やし過ぎも要注意です。
特に元々胃腸の弱い方は、冷やし過ぎに注意が必要です。
良質なたんぱく質やビタミンなどの栄養や睡眠をしっかりとるなどの生活習慣も大切です。
弱った胃腸の働きを助ける漢方薬も種類が豊富ですので、ご相談ください。

また、夏バテによる免疫力の低下が夏風邪を招くこともあります。
暑い夏の風邪には冬の風邪とは違う漢方薬を使います。

漢方薬で夏の不調を改善してみませんか?

むくみ、頭痛の原因? 湿邪とは

18062903

2018年6月29日(金)

関東甲信越地方では梅雨明け?というニュースがありましたが、大阪は今日も不安定な天気、まだまだ梅雨なのかな、という感じです。

この梅雨の季節から夏にかけては湿気が多いため、漢方では湿邪(シツジャ)が亢盛になる時期です。
邪とは、身体に悪い影響を与えるもののことで、湿邪は水に関係する邪を指します。

湿邪の影響が強くなると、水に関係する不調が出やすくなります。
具体的には、むくみ、全身倦怠感、食欲不振、下痢、頭重感、頭痛、関節痛などの症状が出やすくなります。
また低気圧近付く、また、雨の日になると決まって身体の不調が出るという方は、元々身体の水のバランスが崩れている(崩れやすい)人ですので、より上記の症状が現れやすいのではないのでしょうか。

このような場合は、余分な水を身体の外に出す、崩れた水のバランスを調えるなど、水に対するケアが必要になってきます。
これらの不調の解消は漢方薬が得意とする分野でもありますので、気になる方は一度ご相談くださいませ。
薬はまで必要ないかな……という方にはオリジナルブレンドのお茶などもご用意できますよ。

大阪北新地

thumb_IMG_5361_1024

2018年5月20日(日)

週末に北新地を散歩していると
『国産ビール発祥の地』
と書かれた石碑を発見しました。知ってましたか?

1872年に大阪でビールが醸造・販売されたのは『渋谷(しぶたに)ビール』とのことです。
実際、最初に国内ビールが醸造されたのは横浜で1869年、ローゼンフェルト氏によって醸造所を開設され、のちのキリンビールにつながったとのことです。
なので、北新地の『国産ビール発祥の地』とは日本人による醸造との意味のよう。。。
普段から歩くことを心がけていると、新たな発見が見つかりますね。

ビールの原料は、麦芽、ホップ、水、酵母が基本となります。
「麦芽」とは麦を水に浸して発芽させたもので、原料は大麦です。
漢方的には麦芽は、消化吸収を良くし,また肝の緊張を緩める生薬です。
これからの季節、ビールが美味しく感じられる季節ですが、「酒は百薬の長」と言いっても飲み過ぎは禁物です。
適量で楽しいお酒を楽しみましょう。

春先に咲く花と漢方素材「モモ」

18031601

2018年3月16日(金)

日差しが随分と温かい日もあり、春めいてきましたね。
まだ少し肌寒くなる日もありますが、着実に春に向かっていっているのだと感じます。
ちょうど来週は春分ですね。
春分は昼の長さと夜の長さがほぼ同じになる日と言われていますが、確かに最近は日が落ちるのが大分遅くなった気がします。

この時期は、ウメ、モモ、サクラときれいな花が次々と咲きます。
開花時期も少しずつずれているので、長く楽しめるのがいいですよね。
漢方の世界ではこれらの「花」ではなく、「実」や「種」、「樹皮」の部分を利用します。
中でも一番よく使われるのはモモの種を利用した「桃仁(トウニン)」。
血(ケツ)のめぐりを良くする働きがあり、婦人科領域でよく使われる処方の中にも含まれることも多いです。
ただ観賞用や食用のモモの種は小さいため、薬用の品種のモモから桃仁は作られています。

その他の身近な植物もこのように漢方薬に利用されているかも知れませんよ。
これからは薬用植物もたくさん花を咲かせる時期です。
散歩てがら、薬用植物を探しに行ってみてはいかがでしょうか。

節分と大豆

18020201

2018年2月2日(金)

早いもので2018年もひと月が過ぎました。
今週の土曜日、2月3日は節分ですね。

節分はもともと季節の移り変わりの節目の日のことなのですが、時代が下るにつれて、春の初めの日を指すようになったようです。
季節の変わり目には邪気が生じると考えられ、邪気払いが行われていました。
豆まきもその邪気払いの一環ですね。
歳にちなんだ数の豆(炒った大豆)を食べるという習慣もありますね。

さてこの大豆、薬膳素材としてみた場合、万能食材と言われています。
お腹の調子を整えて気や血を補う働きや、身体に必要な水を補いながらも余分な水を外に出す働きがあります。さらには血のめぐりを良くする働きもあります。
これらのことから大豆はお腹が弱くて元気ない人や、むくみがちな人におすすめですね。また肌荒れが気になる人や産後にも良いと言われています。
つまりは幅広い年代の様々な体質の人におすすめの食材というわけです。

節分に豆を食べることは、邪気を払い、無病息災を祈ることからきている習慣ですが、大豆にこのような身体の調子を整えるたくさんの働きがあることを考えると、昔からこういった大豆の力を知った上で食べられてきたのかも知れませんね。

現代栄養学の観点から見ても、たんぱく質、糖質、脂質、食物繊維、ビタミン、カルシウムなどが含まれ、栄養価に富んだ食材と言われています。
その中でも大豆たんぱく質や大豆イソフラボンなどが健康素材として注目を浴びていますよ。

大豆はそのまま食べるもよいですし、豆腐や納豆に加工されたものも身体にとって良い食材です。ただ大豆でアレルギーが出る人もいますので注意しましょう。

風邪は予防が肝心です

17111101

2017年11月11日(土)

日中は暖かい日もありますが、少しずつ寒さが厳しくなってきましたね。
1日の中で寒暖差が激しい日もあり、最近では風邪や鼻水、咳などでお店へ相談に来られる方が増えてきました。
風邪はこじらせる前の、おかしいかな?と思う段階で対処するのが、治りも早く一番です。

そんなおかしいかな?と思ったときに、おすすめなのが「バンランコン」。
バンランコンはアブラナ科の植物で、漢方では清熱解毒の働きがあると言われており、発熱や喉の痛みなどの諸症状の緩和によいとされています。
また近年では抗菌作用などの薬理学的研究もされています。

最近では粉末にしたものやお茶にした製品も販売されているので、普段の生活に取り入れやすくなっていますよ。
ご興味のある方は店舗にてお尋ねくださいませ。

最後になりましたが、今年もお店にクリスマスツリーを飾りました!
とても華やかですので、よろしければ見に来てくださいね。

秋の乾燥対策に

17090801

2017年9月8日(金)

こんにちは。9月に入り、暑さがずいぶん和らぐ日も出てきましたね。
肌寒い日もあるので気温の変化に気を付けて毎日を過ごしましょう。

さて店舗では今、乾燥対策におすすめの化粧品や漢方薬をディスプレイしています。
そのうちのひとつが「婦人宝」です。
婦人宝は漢方薬の中でもめずらしい液体タイプの漢方薬。
あっさりした甘さなので、とても飲みやすい味をしています。

「婦人宝」は漢方でいう「血(ケツ)」を補う働きがあります。
「血(ケツ)」は身体全体に栄養を供給して各組織を潤す働きや気分を落ち着ける働きがあります。
そのため、「血(ケツ)」が足りなくなると、潤いが不足して肌が乾燥しやすくなるのです。
このような場合の体質改善に婦人宝はおすすめです。

またお店では婦人宝以外にも様々な商品をご用意しています。
肌の乾燥トラブルも「血(ケツ)」以外の原因が隠れている場合がありますので、気になる方は一度店舗にてご相談ください。