アマリリス

17060301

2017年6月3日(土)

こんにちは~。
6月に入りましたね。暑い日が続いたかと思えば、急に寒くなる日もあり、気温の差が激しいですね。こんなときは体調を崩しやすくなるので、注意してくださいね。

さて、写真の花はアマリリスです(2枚目はちょうど1週間前に撮ったつぼみの写真です)。
つぼみのときから薬局に飾っているのですが、赤がキレイな花が咲きました(^^)♪
さりげなく他の植物の支柱代わりにされて、共存していますね。

漢方でアマリリスを使うという話を聞いたことがなかったので、ハーブの世界ではどうなのだろう?と思い調べてみましたが、どうやら使わないようでした。
アマリリスは観賞用のお花のようです。
でもキレイなお花を見るといい気分になれますので、どんなお花にもリラックス効果があるというのも間違いではないかもしれませんね。

紫陽花をはじめとして、6月が見ごろのお花もたくさんあります。
時には色とりどりの花を見て、万病の元となるストレスを発散させてはいかがでしょうか?

ウメの実見つけました

17052601

2017年5月26日(金)

最高気温が上がり、日中が過ごしやすい時期はもう過ぎてしまいましたが、朝晩はまだ涼しいです。
私は、朝の通勤前に、ぶらぶら散歩するのが好きですが、今はちょうどいい季節です。
私の住む市には天満宮があり、そこにある八条が池は、平成25年度都市景観大賞の空間部門で国土交通大臣賞に選ばれました。
が、おそらく、あまり知られていません。市民ですら、どれだけの人が知っているのかわかりません。

それはともかく、池の周りは歩いていて落ち着く場所で、散歩でよく立ち寄ります。
木陰の小道にあるウメの木に大きくなる途中の実がなっていました。
もう少ししたら、ウメの実がスーパーにも並ぶ時期になりますね。
去年は初めて梅酒をつくりました。
今年も梅酒をつくろうか、梅干しに挑戦してみようか迷います。

お手軽、美味しいお茶で一息♪

17051101

2017年5月11日(木)

若葉が青空に映える季節になりました。

5月とはいえ、気温もぐんと上がって暑い日もありますね。
「体の中に熱がこもった感じやのぼせたような感じがある。」
また、「パソコンやスマホをよく使うので目が疲れる。」
なんて感じることありませんか?
そんなとき、お茶で一息ついてみませんか♪

今回ご紹介するお茶は、緑茶に菊花とクコの実を入れたお茶です。
緑茶はお茶の仲間では、どちらかいうと体を冷ます性質があります。
熱がこもった感じのときにおすすめです。
菊花も熱を冷ましたり、イライラや目が充血したりする時に、クコの実も目の疲れなどに良いといわれています。
漢方薬にも使われています。
ほどよい苦味とほんのり甘味のあるお茶です。クコの実は食べることもできます。

ちょっとした不調に気づき、自分の体をケアするのも漢方でいう養生にもなります。
自分のために、ゆっくりとお茶を入れて飲むのもとてもいいですね。

お手軽に美味しく、養生を始めてみませんか♪

☆春☆

4 エンゴサク 福知山 170411

2017年5月1日(月)

あっという間に暖かくなり過ごしやすい季節となりました。
ゴールデンウィークにはお出かけを計画されている方も多いかと思います。

春の便りは花々のイキイキとした表情からも見受けられますね。
4月に京都北部にある社圃場を覗いてきました。
20種類ほどの薬草が植えられているのですが少しずつ花が開花しています。
今回ご紹介するのはケシ科の植物「延胡索(エンゴサク)」です。小さな赤紫色の4枚の花びらを咲かせます。

漢方では塊茎を使用し、鎮痛・鎮静作用や漢方的な考えでは、気・血の流れを促進させます。特に胃痛や婦人薬として使用されます。
春の季節、いろいろな花の観察に出かけるのもよいかもしれませんね。

お出かけに携帯 シトロネガード!

17042201

2017年4月22日(土)

朝晩がまだ寒い日もありますが、日中は暖かくなり、過ごしやすい陽気になりましたね。
来週にはゴールデンウィークもありますので、ピクニックやキャンプなど、外で遊ぶ機会が増えるのではないでしょうか?

そんな時におすすめなのが、カリス成城さんから出ている「シトロネガード」。
シトロネやゼラニウムの香りで、虫を寄せ付けないスプレーです♪
人にはとても心地よいさわやか香りなのですが、虫はこの匂いが苦手なのだそう。
天然素材からできているので、お肌にも安心です。
よく動き回るお子さまには使い勝手のよいジェルタイプもありますよ~。

私も植物園に出かけるときなどに重宝していますO(≧▽≦)O
実際、虫が寄ってこないのか、蚊に刺されることが減りました~。

この春からのお出かけに携帯してみてはいかがでしょうか?

※ 動物を飼っている方は、その動物にとって精油が良くない場合もありますのでご注意くださいませ。

花粉症と漢方

20170325

2017年3月25日(土)

みなさまこんにちは。
くしゃみ・鼻水・目のかゆみなどの花粉症の症状に悩まされていませんか?
花粉飛散量が、昨年の4倍もあるそうですね。最近は花粉症がなかった私もとうとう発症してしまいました。
この時よく飲まれるお薬は、抗ヒスタミン薬といって、眠くなりやすい成分が入ったものになります。
最近では、1日1回の服用で眠くなりにくいものも販売されておりますが、効果が切れるとまた花粉症があらわるのでずっとお薬は手放せません。
一方漢方では、花粉という外因的なものが原因とするのではなく、体内の内因的なものが原因で起こると考えます。たとえば、体内に過剰な水が存在することが原因で、少しの花粉や寒冷刺激などによって花粉症が発症します。まずは、水の代謝に関わっている肺・脾・腎を立て直すことで花粉症になりにくい体づくりをします。もちろん漢方薬なので眠くなりません。
私自身も、体調を調える漢方薬を服用してると、花粉症の症状が楽になりました。人によって体質が異なるため、気になる方はハレノヴァまでご相談ください。

ちなみに、こちらの写真は現在店頭でお出ししている花粉症対策のハーブティです↓

春になりましたね

17030401

2017年3月4日(土)

朝晩は寒い日が続きますが、日中は暖かくなる日が増えましたね。
梅の花が見頃となり、早桜が咲いている地域もあるようでね、少しずつ春が到来してきたという感じですね。
店内のディスプレイも桜の花びらいっぱいの春仕様で、みなさまをお迎えしています。

さて、今回はそんな春の養生について。
漢方ではすべてのものを5つの要素に分けて、その特徴を捉えて養生に活かす方法があります。
例えば身体の働きも肝・心・脾・肺・腎の5つの要素に分けられ、それぞれがきちんと機能することで、身体を健康に保っています。
季節も同じように春、夏、長夏、秋、冬の5つに分けられます。
この5つに分けられたもの同士は関連性があり、「春」は「肝」との関連性が深い季節だといわれます。

漢方でいう「肝」は、西洋医学の肝臓の意味ではなく、他の機能をコントロールしたり、血液を貯蔵したりする働きを担っています。「肝」がきちんと働いていると、新陳代謝が正しく行われ、気分も落ち着きます。逆に「肝」の働きが悪くなると、原因不明の不調が出てきたり、イライラや気分の落ち込みが出やすくなったりしやすくなります。

「春」は「肝」に関連が深い季節なので、その季節の特性上、「肝」の不調が出やすくなります。同じように西洋医学でも春は自律神経が不安定になり、不調が出やすい季節と言われていますので、春には春の、季節に応じたケアが必要になってきます。

ストレスを溜めこまない、身体を動かす、旬の食材を取り入れた食事を心がけるなどは、春におすすめの養生法です。
もっといろいろ知りたい!という方はぜひハレノヴァまで相談に来て下さいね。
生活改善だけでは不安……という場合は、それぞれの体質に合った漢方薬もご提案していますよ。

百合根について

2017.2.13

2017年2月13日(月)

みんなさまこんにちは。
いかがお過ごしでしょうか。

立派な『ゆりね』を見つけたので、ぱちっと1枚写真を撮ってみました。
独特の食感が癖になる感じで美味しいですよね〜♪ 我が家では、茶碗蒸しや卵とじにして食べる予定です。楽しみ楽しみ。

実は『ゆりね』ですが、中国最古の本草学専門書『神農本草経』に中品として収載されており、食用以外に古くから薬用としても使われます。

●ビャクゴウ(百合)は、ユリ科のオニユリやハカタユリなどのりん片葉を主に蒸して乾燥したものです。
漢方的には潤肺、止咳、安神などの効能があり、咳嗽(せき)や不安による動悸などに用いられます。
また、苦味の少ないオニユリなどのりん片葉は、ゆりね(百合根)として食用として用いられています。
参考:http://www.kigusuri.com/kampo/jiten/shouyaku/byakugou/

とても空気が乾燥するこの時期にもってこいの食材です。また、カリウム含有量が野菜の中ではトップクラスでキュウリよりも高いため、血圧が高めの方にもおすすめですね。

そろそろ旬も終わりに近づいてきているそうなので、まだこの冬食べられてない方はぜひどうぞ〜

プレゼントにオーガニックコスメはいかがですか?

17012801

2017年1月28日(土)

こんにちは! 昨日までと比べ今日は少し暖かいですね。
ただインフルエンザや風邪が大変流行ってきています。
手洗いうがいをして、しっかり予防しましょう。

さてこの時期からバレンタインにちなんだ商品がたくさん出ていますね。
贈り物としてはチョコレートが定番ですが、最近では甘いものが苦手な方にチョコレートに限らないプレゼントも多いようです。
そんなプレゼントのひとつとして、オーガニックコスメ・PHYT’Sから出ている「メンズシリーズ」をおすすめいたします。

メンズシリーズはその他のシリーズと比べ、スパイシーな香りが特徴のライン。
すっきりした匂いなので、使うと気持ちもすっきりしてきます。
メンズシリーズでは、洗顔ジェル、クリーム、シェービングクリーム、シェービングローションを肌質に合わせ、全部で6アイテムご用意♪
乾燥対策のマストアイテムとしてもいかがでしょうか?

またこのメンズシリーズは女性の方でももちろん使っていただけますよ!
その他にも肌質ごとに様々なシリーズがございます。

ハレノヴァでは日本で販売しているオーガニックコスメ・PHYT’Sの全商品がお試しいただけますので、気になる方はぜひお越しくださいませ。
またお店では簡単なラッピング包装も承っております。お気軽にご相談下さいね。

ハレノヴァネットショップ

2017.1.23

2017年1月23日(月)

底冷えのする日が続きますね。こんな時期は、私の家ではよく、お鍋をして食事から体を温めるようにしています。ちなみに昨日はキムチ鍋でした。外から帰って冷え込んだ体が一気に手先まで温まり汗をだらだら流しながらおいしく頂きました。

さて、話が大きく変わりまして、ハレノヴァのネットショップがあるのをご存知でしょうか?ハーブ、スパイスや薬膳素材などを50g単位で販売しております。ジップロックのように自分で開け閉めできるチャックタイプの袋に入れてお送りしております。料理に使う、お茶にする、バスソルトや石鹸などをつくるなど少しずつ試されたい方にとてもおすすめです。また、逆に500g単位でもっと沢山欲しいという方がいらっしゃれば、ネットに載せていない商品でも、いくつか取り扱いがございますので、お気軽にハレノヴァまでお問い合わせくださいませ。
ネットショップをご利用いただくお客様のお支払いは、代金引換もしくはクレジットカード決済でお願いしております。カードでのお支払い希望の方は、ぜひネットショップをご利用くださいませ。

■HALENOVA ONLINE STOREへは下のURLからご利用ください。

http://halenova.pl.shopserve.jp/

お正月の準備に屠蘇散

16121001

2016年12月10日(土)

早いものでもう12月の3分の1が過ぎましたね。
2016年も残すところあと少しです。
日に日に寒くなっていきますが、体調には気をつけてなにかと忙しい12月を乗り切りましょう!

さて、写真は「屠蘇散」です。
「屠蘇散」はお正月に飲む「お屠蘇」を作る元の生薬のこと。
漢方薬と同じように。身体の調子を整える生薬が複数組み合わせ去っています。
この屠蘇散を一晩日本酒に漬けておくと、翌朝には美味しいお屠蘇が出来上がっているという訳です。
お酒が苦手な方の場合は、みりんに漬けると美味しく仕上がります。

お屠蘇は邪気を払い、その年の健康や長寿を願って飲むものとされています。
せっかくの縁起物、お正月の準備のひとつに加えてみてはいかがでしょうか?
屠蘇散はハレノヴァでもご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

クリスマスにおすすめの1枚♪

16110501

2016年11月5日(土)

ハロウィンも終わって、そろそろ街中はクリスマスのディスプレイに変わりつつありますね。
今回は、クリスマスにおすすめのジャズ・アルバムをご紹介します(o^^o)

「A CHARLIE BROWN CHRISTMAS」
日本語のタイトルは、「スヌーピーのメリークリスマス」というこのアルバム。
数あるクリスマスミュージックの中でも、ロングセラーの1枚です。

1965年の発表以来、50年以上たった今聞いても、新鮮で、いいアルバムだなぁ~と思います。

子供達の歌声がかわいい”クリスマス・タイム・イズ・ヒア”や名曲”ライナス & ルーシー”、定番の”クリスマス・イズ・カミング”など、バラエティにとんでいて、何度聞いても飽きることなく、聞いているとあたたかい気持ちになれます。

近々ハレノヴァのBGMにも追加予定ですので、お店にお越しの際は、チェックしてみてください♪

これから寒さが本格的になってきます。
年末に向けて忙しい毎日ですが、温かいものを飲みながら、心地よい曲に耳を傾け、ゆったりする幸せな時間をとりましょうね*\(^o^)/*

サフランがもうすぐ咲きそうです

16102201

2016年10月22日(土)

今週は暑い日が続いたと思えば、昨日からまた急に冷え込みましたね。
気温差によって体調を崩している方もたくさんいらっしゃいますので、みなさまお身体にはお気をつけ下さいませ。

さて写真はサフランという植物です。
鉢に植えて芽が出たところをお譲りしていただき、現在水やりをしながら花が咲くのを待っているところです。
2週間前にはまだ緑の葉っぱは出てきていなかったのですが、今週の頭には葉っぱが出始め、今はぐんぐんと成長しているところです。
もう少しすると花が咲くとのことでしたので、楽しみにしています♪

またサフランは花柱の部分をお菓子や料理の着色料として用いることで有名ですが、漢方でも使うことがあります。
ちなみにこれがサフランの花柱を乾燥したものです。

漢方では血のめぐりをよくする働きや気持ちを落ち着ける働きがありますよ。

やけど・ケガには紫雲膏!

16101401

2016年10月14日(金)

先日、うっかりやけどをしてしまいました(>_<)
注意を払っていても、不意のやけどやケガは避けられないですよね。

水ぶくれができていたので、まずは病院で診てもらったあと、やけどには紫雲膏!ということで、朝晩せっせと塗っていました。
すると2週間ほどたったころに、跡も残らずキレイに治りました(*^^*)

紫雲膏(しうんこう)は、生薬シコンとトウキ、ゴマ油、豚脂、ミツロウなどから作られています。
シコンは、抗菌作用や新しい皮膚を作る働きを助ける作用があり、トウキは血行を促進してくれます。
やけどやケガの他、乾燥タイプの肌荒れにもよく効きます。

小さなお子様からお年寄りの方まで、年齢を問わず使っていただけるので、ご家庭の常備薬におすすめです(^o^)/

※原料にゴマ油を使用しておりますので、ゴマアレルギーの方はご注意ください。

山茱萸の実がなっていました!

IMG_2821

2016年10月8日(土)

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。今日から3連休でどこかに出かける方も多いのではないでしょうか。
先週私は、三重県にある「なばなの里」へコスモスとダリアのお花を見に行ってきました。
残念ながら、コスモスは台風の影響で倒れてしまったものも多くみられ、満開の状態を見ることができませんでしたが、
広場一面に広がる色とりどりのお花を見てたくさん癒してもらいました。

また、庭園を散策していたところ赤い実がなっている木を発見しました。
看板をみると山茱萸(さんしゅゆ)でした。
よく滋養強壮や夜間頻尿、口渇などで使われる八味丸(はちみがん)や牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)などに含まれる生薬です。
日本への渡来は、享保7年(1722年)に将軍・徳川吉宗の命令により薬用として、朝鮮半島から種子を落ち込まれたのがはじめと言われているそうです。また、いちごやりんごなどのように偽果であるのが特徴的です。
日本では、よく公園や街路樹などにも植えられていることがあるみたいなので、
毎年秋になると赤い実をつける木を探すと山茱萸の木かもしれませんね。