本草綱目附図1

2018年3月24日(土)

gouhibonmushi

gouhibonmushi2

上の画像は、『本草綱目附図(ほんぞうこうもくふず)』の合肥張紹棠刊本(合肥本:ごうひぼん)の図です。
明の時代に李時珍が書いた『本草綱目』という薬の事典があるのですが、それに付け加えられた図がこれです。
李時珍は本草綱目を生前に完成させていましたが、出版されたのは亡くなってからです。
本文で図に言及した部分がなく、李時珍自身は関わっていません。
3つある附図のうち、合肥本においては張紹棠がまとめ、許功甫が図を描いたとしてあります。
ですが、難しいことはどうだっていいです。絵を楽しみましょう。
いやあ、味わい深い絵ですね。
ただ、気になるのは、描き分けができてないことです。
全く知らないものについて、私がこれを見て、同じものを見つけられる自信がないです。

例えば、カエルを見ると、基本的に同じ。
何か、ダイナミックな動きをつけて、いろんなパターンにするという小細工をしてるけど、この絵では絶対見分けられない。

次にヘビも見てみましょう。

gouhibonhebi

gouhibonhebi2

模様が若干違うので、ちょっとマシな気がするけど、やっぱりこれだけじゃ足りないです。
水に入れてみただけで水蛇ってのは、ちゃんと書き分けるのをなまけてるだけじゃないのか。
いや、それより気になることもありますよね。
下の図左側にある両頭蛇は実在しないでしょ。食べたものは最終的にどこに行くのか、脳は2つあるのか、どう動くのかとか、様々な疑問が浮かんできます。
こいつだけ、山海経の匂いがします。

さらに言うと、ヘビが全部舌出してます。これって、舌書かないとヘビと認識してもらえないっていう自信の無さが現れてるのでしょうか。
それか、単にいろいろ描き加えたい性格だったのかも。

最後に魚を見てみます。

gouhibonsakana

合肥本さかな2

やっぱり、あんまり描き分けできてないです。
そして、やっぱりそれより気になることがあります。
背景の水面を、途中からめんどくさくなって描くのやめてるし。何か、鯉だけ水流激しい。
鯉には激流を遡っていて欲しいのかもしれません。
人々の勝手な理想を求められている。アイドルみたいで鯉も大変です。


さて、いろいろ見ましたが、まだまだ楽しい図がいっぱいありますので、また続きます。
私が楽しいので続きます。

あなたも胃腸、肝臓のヒーローに。

18121201

2018年12月12日(水)

とうとう師走にはいりました。
ご存知のように、お師匠さんも走り回るくらいの忙しい時期です。
年末、さらに年始に向けて、
仕事も、生活も一気にかけぬける一か月です。

頭も体も忙しくなりますが、
もっと忙しくなるのが、内臓…胃腸、肝臓です。

これからみなさま、(おそらく)ごちそうシーズン到来ですよね
忘年会、クリスマスケーキ、おせち料理・・・。

普段以上のごはんを食べる機会に多々直面します。

そうなりますと、からだにはいる
水の量、アルコール量、脂の量 が大変多くなります。

つまり
胃腸、肝臓は普段よりオーバーワークにさらされます。

胃腸、肝臓は
「ブラックな1か月が始まった、ブラック12月、1月…」と
きっと嘆いているでしょう。

そして、そんな胃腸、肝臓を持つご自身も、

体にアルコールと水が多く入った飲み会のあと、
→翌朝のいやな「のぼせ」や、体、顔の「むくみ感」がなくなっていれば…。

お腹パンパン、幸せになるまでごはんを食べた翌朝、
→お腹がもたれている…でもおいしくごはんをまた食べたいのに(食べれない)…。

なんて感じませんか?

このとき、
胃腸、肝臓はフル稼働した結果、疲れています、
疲労困憊しています。

そんな、胃腸、肝臓を救うことができるのは、あなた自身です。

たすけてあげてください。

早ければ早いほど、からだに余分な水や油分をためにくくなり、
おいしいごちそうが、きちんと体の栄養分として吸収されます。
吸収されないと、
余分な脂肪やむくみとして体にたまってしまいます。

「助けたい」あなたに、漢方薬があります。

まず、
次の日の目覚めをスッキリしたい方には
●二日酔い対策セット
→熱っぽさ、熱やむくみからくる、だるさを抑えてくれます。

つぎに、
普段の消化剤では物足りない方には特に、おすすめなのが、
●胃もたれさせない「漢方薬」
→消化を助ける生薬のみ、胃腸の機能を調え、下痢、
お腹の張りにも効く生薬で構成されています。

そして、助けるだけではなく、

肝臓自身がもともとそのオーバーワークを
やりすごせる「チカラ」があれば、
ちょっとやそっとで、肝臓がへこたれることはありません。

そんな肝臓自身の「チカラ」をたかめてくれる、
●田三七
→血液の流れが滞らないようにしてくれるので、
肝臓も活き活きと働くことができます。

今から飲み始めると年末年始はきっと怖くはないでしょう。

それでも、めちゃくちゃ飲みすぎた、食べ過ぎた、
けれど、次の日に大事な予定があって
フラフラ!ではおれない方!には

動物生薬、牛の胆石である
●牛黄(ごおう)があります。

→胆石は胆汁のかたまりですので、
あぶらの消化をたすけることはもちろん、
牛黄そのものが、つまりをなくし、気分を爽快にします。

さらに、熱を静めてくれる作用は「ピカイチ!」です。

これで、次の日も怖くありません。

おいしい食事を、きちんと栄養に変えて、
胃腸も、肝臓も、そして自分自身も、「元気」に
師走をかけぬけていきましょう。

そうそう、
お酒のおつまみには枝豆を、揚げ物にはキャベツを、
お供にすることもお忘れなく。

クリスマスギフトご用意しています☆

18120501

2018年12月5日(水)

昨日今日とあまり冬らしくない温かい日が続きますが、街はクリスマスを迎える雰囲気になりつつありますね。
ハレノヴァも例年通りクリスマスツリーを飾っています。

そんなツリーのすぐ側に、今年は来店者限定クリスマスギフトをご用意しました!
ハレノヴァエコバックの付いた、オーガニック化粧品フィッツのおすすめセットです♪
友人・家族・恋人へのプレゼントに、またご自分へのプレゼントとしていかがでしょうか?
詳しくは店舗にておたずねくださいませ。

私は柿を食べない方がいい?

kaki20181126

2018年11月30日(金)

柿がおいしい時期になりました。
柿を送ったり送られたり、お金のように柿が動きます。
贈り物は心を贈るものなので、感謝しなからいただくのですが、
ひとつ注意しないといけないことがあります。

それは、柿は体を強く冷やしてしまうので、冷え性の人はそのまま食べるのは控えた方がいいということです。
逆に言えば、顔が赤く火照って血圧の高い方には、とてもいい果物です。
また、咽をよく潤す効能があるので、体の潤い、特に喉の潤いが足りずに咳がでる方にもいい果物と言えます。

寒くなりだす時期に、柿がおいしくなるのに、冷え性だと食べるななんて、酷ですよね。
冷え性の方は、そのまま食べるのではなく、焼き柿にしたり、ジャムやコンポートにしてから温めて食べたりしてください。

私は以前に、栽培ではない山の柿を、体が冷えているときに食べて、お腹が痛くなったことがあります。
3日ほど空けて同じ柿を食べ、2度目もお腹が痛くなりました。
その時、柿は気を付けないといけないと心に思いました。

柿の葉茶や柿渋など、民間薬としても柿はよく用いられ、上手くとれば健康を維持するのに大きく役立ちます。

冷え性の方も、そうでない方も、柿の特徴を知って、上手に食べてみてください。

民間薬、一部の生薬の効能まとめ(あ行)

病気の前段階、「未病」のときに民間薬を上手に使うことで、病気にならずに過ごすことができます。
病気の時、具合が悪い時は、病院や診療所へ行き、診察を受けてください。
その上で、病院や診療所でもらった西洋薬の効果がいまひとつのときに、主治医の先生の了解を得て、補助として民間薬をうまく取り入れてみるのもいいと思います。

また、この中には、民間薬ではなく生薬(漢方薬の素材)として使われるものもあります。
民間薬は厳密な決まりがない一方、生薬は成分含量が決まっているなどの違いがありますが、ここでは植物由来の薬として、併せて記載します。

赤芽柏(アカメガシワ)

胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胆石症などが気になる方に。
痔や腫れ物には服用するほか、煎じ液で洗ったりもします。
あせもの治療に入浴剤として用いることもあります。
若芽が赤いことから、赤芽柏と呼ばれ、昔は「切らずに治す腫れ物の薬」として使われていました。

アガリクス茸

高い抗がん作用で知られています。
日本では古くはヒメマツタケという名前で世の中に出ていました。

アケビの実

胸や脇の痛み、胃痛、下腹部痛、月経痛、腰痛などに用います。いずれも、張ったような痛みに適応します。
他にも、膀胱炎や尿道炎に使われます。
つるの部分を生薬、木通(モクツウ)として、利尿や消炎として使います。
〔別名:八月札〕

アザミ根

止血の効能があるため、出血、吐血、鼻血、痔出血などに使うほか、健胃薬としても用いられます。
また、高血圧にも効果があります。

アシタバ(明日葉)

高血圧や便秘などに用いられます。
乳牛の牧草にすると乳の出がよくなるといわれ、催乳・強精作用も考えられています。
アシタバという名前は、成長が早く、葉を摘んでも“明日”にはまた“葉”が伸びだすことに由来します。

甘茶

糖尿病、胃腸病、むくみなどに煎じて飲みます。
砂糖の代わりに用いる甘味料としても使うため、甘みが強いお茶です。

アマチャヅル

鎮静作用があるため、ストレスによる様々な症状に使われます。
胃痛、潰瘍、下痢、便秘、気管支炎、血圧が高め、血圧が低めの方などにおすすめ。
甘くて飲みやすく、ご家族でお飲みになれます。
葉を噛むと甘みがあるので、この名前がついていますが、甘茶とは関係ありません。
〔別名:七葉胆〕

アロエ

少量を服用して消化不良や胃炎、口内炎などに、多量を便秘薬として用います。
日本では観賞用の多肉植物として栽培されています。アフリカ大陸やマダガスカルが原産のため、霜や凍結に弱い植物です。
〔別名:蘆薈〕

郁李仁(いくりにん)

利尿の効果があり、むくみに使われます。
また、軽い下剤としての作用もあります。

イチョウの葉

物忘れが気になる方に。
そのほか、コレステロール値の低下や、狭心症にも有効だとされています。
イチョウ葉エキスはヨーロッパやアジアの一部では医薬品として扱われています。
認知症などに有効であるとの報告が海外であったため、日本でも注目されるようになりました。

ウコン

肝臓の機能が気になる方、胆結石が気になる方に。
血の巡りをよくするので、生理不順や生理痛のある女性にもオススメです。
「ターメリック」の名前でスパイスとしてよく使われます。

ウラジロガシ(裏白樫)

尿路結石、腎結石、胆結石などに昔から使われています。
連銭草と一緒に飲むのがよりオススメです。

ウワウルシ

利尿薬として、膀胱炎、尿道炎、腎炎や、尿路結石などに使います。
また、煎じた液を陰部の消毒薬としても用います。
〔別名:クマコケモモ(熊苔桃)〕

エゾウコギ

強壮、強精、鎮痛、疲労回復、体質強化などに使われ、主に下半身に作用します。
リウマチ、足腰の疲労、陰痿、遺尿、小児の発育不良、腹痛などに用います。
薬用酒の材料としてもオススメです。
免疫力アップにも。
〔別名:五加皮、刺五加〕

黄精

強壮薬として、病後の衰弱や、慢性病、リウマチ、痛風などで体が弱っている人に用います。
〔別名:ナルコユリ〕

黄柏

健胃、消炎のはたらきがあるので、下痢や胃炎、食あたりに使います。
口内炎や水虫、痔や打撲には煎じた液をつけると効果があります。
健胃薬として、古くから使われ、いろいろな伝統薬に配合されています。
〔別名:キハダ〕

黄連

止血、消炎の効能があるので、吐血、鼻血、痔出血、口内炎、胃炎などに煎じ液を飲みます。
また、体の熱を取る作用があるので、興奮、不眠、のぼせなどにも使われます。

オオバコ種皮

食後血糖値の低下、コレステロールの低下や、便通を調える作用があります。
水溶性、不溶性の食物繊維が豊富に含まれます。
お腹の中で膨れるので、ダイエットサポートにも効果的です。

オトギリ草

生理不順、扁桃炎、腫れ物、咳などに。
外用薬として生の葉や茎の汁を切り傷や腫れ物に塗ったり、煎じ液を打ち身や捻挫に湿布したりします。
〔別名:小連翹(しょうれんぎょう)〕

民間薬、一部の生薬の効能まとめ(か行)

病気の前段階、「未病」のときに民間薬を上手に使うことで、病気にならずに過ごすことができます。
病気の時、具合が悪い時は、病院や診療所へ行き、診察を受けてください。
その上で、病院や診療所でもらった西洋薬の効果がいまひとつのときに、主治医の先生の了解を得て、補助として民間薬をうまく取り入れてみるのもいいと思います。

また、この中には、民間薬ではなく生薬(漢方薬の素材)として使われるものもあります。
民間薬は厳密な決まりがない一方、生薬は成分含量が決まっているなどの違いがありますが、ここでは植物由来の薬として、併せて記載します。

柿の葉

血圧が気になる方にオススメ。ビタミンCもたっぷり。
歯茎の出血にも使えます。
味が良く、健康茶として古くから飲まれていています。

莪朮(がじゅつ)

抗腫瘤作用があり、できものに用いられるほか、健胃作用があり、お腹が張ったり、食べたものがお腹にたまっているのに効果があります。

乾姜(かんきょう)

蒸して乾燥させた生姜です。
生の生姜、乾燥しただけの生姜よりお腹を強力に温めてくれます。
お腹が冷える方にぴったりの素材です。

桔梗

排膿作用、去痰作用があるため、腫れもの、扁桃炎や痰の絡まる咳に使います。
うるしかぶれには煎じ液を塗ると効果があります。

キササゲ

利尿作用が強く、腎炎やネフローゼによる顕著なむくみや蛋白尿に効果があります
日本では古い時代に入ってきて、栽培されたものが野生化しています。
〔別名:シジツ(梓実)〕

ギムネマシルベスタ

血糖値が気になる方に。
便秘がちの方には、よりおすすめです。
服用しやすい粒タイプもあります。
サラシア、グァバなどと組み合わせると効果的です。

キラン草

咳、痰、発熱、下痢止めや、健胃薬として知られています。
清熱解毒作用があり、気管支の炎症や喉の腫れなどにも使われます。
また、入浴剤として、あせもや湿疹に用います。
〔別名:筋骨草、ジゴクノカマノフタ〕

稀薟草(きれんそう)

関節の痛み、足腰が冷痛、筋肉がやせる、麻痺、高血圧などに。
関節の腫れを除き、筋骨を強めるはたらきがあります。

金銭草(きんせんそう)

連銭草と同じように、尿路結石や胆結石などに使われます。
ウラジロガシと合わせると効果的です。

グァバ

血糖値が気になる方に。
糖質の吸収を穏やかにしてくれます。ビタミンや食物繊維が豊富に含まれ、美容にもオススメです。
グァバ葉は少し苦味があります。酸味がお好きな方はグァバの実をどうぞ。

枸杞子(くこし)

目が気になる人、老化が気になる人に。
視力低下やめまい、足腰のだるさ、精力減退などに用いられます。
昔から、不老長寿の生薬として有名で、日本でも平安時代から強壮薬として知られています。

枸杞葉(くこよう)

高血圧や動脈硬化の予防におすすめ。
また、精力減退にも用いられます。

クマザサ

胃が弱い方や、血糖値、血圧が気になる方に。
虚弱体質や疲労回復、ぜんそくにも。
葉の縁が秋ごろから白く枯れて隈どるところから、「隈笹(クマザサ)」と呼ばれます。

熊柳(くまやなぎ)

健胃、整腸、胆石などに使われます。
熊柳8g、連銭草4gを合わせて煎じたもので、七転八倒していた胆石がスッキリ治ったという話もあります。

グルコサミン

軟骨を構成する成分で、腰や膝の関節炎などに使われます。

黒文字(くろもじ)

脚気や浮腫、胃腸炎に用いられ、粉末を止血薬に、また入浴剤としていんきん、たむしなどの皮膚病に使います。
地衣類の一種が付着して黒班があり、文字を書いたように見えるので、黒文字と呼ばれます。

桑の枝

リウマチ、神経痛、関節炎にオススメ。
〔別名:桑枝(そうし)〕

桑の葉

糖尿病、頭痛、たん、せき、目の充血に用いられます。
また、便秘や高血圧の予防にも効果があります。

桂皮(けいひ)

健胃作用、お腹を温める作用があり、お腹が弱い方、冷える方にオススメです。
中国最古の薬物書『神農本草経』には、長く飲むと体が軽くなり、老いないと記載があります。
シナモンパウダーにつかうニッケイと近い種類なので、同じ香りがします。
〔別名:肉桂〕

決明子(けつめいし)

便秘や高血圧、口内炎、二日酔い、胃腸病などに使います。
また、目の充血や痛み、かすみなどにも用いられます。
味も良く、毎日飲めるお茶としておすすめですが、お腹がゆるい方や、低血圧の方には向きません。
「ハブ茶」は本来、ハブソウのお茶ですが、現在では一般的に決明子のお茶を指します。

玄草(ゲンノショウコ)

食あたり、下痢、慢性の胃腸病、便秘に効果があります。
古くから、下痢止めの妙薬とされていますが、飲み過ぎても便秘になることはほとんどありません。
「現に効く証拠」として、ゲンノショウコの名前があります。

紅花(こうか)

月経不順や冷え症、産後の腹痛、更年期障害、婦人病一般に用いられます。
また、血行障害による腫瘍、打撲にも用いられます。
妊娠している方は避けてください。

紅参(こうじん)

虚弱体質の改善や、消化吸収をよくする作用があります。
いわゆる「朝鮮人参」を蒸して乾燥させたもので、乾燥させただけの人参より、元気を補う作用が強いです。
胃腸が強い人は、歳をとっても若く、元気が溢れています。
体格が良くて暑がりの人以外、全ての人にオススメします。

牛黄(ごおう)

動悸、気付けに用いるほか、解熱して毒を去り、意識をはっきりさせる作用もあるため、高熱でうなされているとき、意識がなくなったときなどにも効果があります。
ここぞというとき、社会人のプレゼンや、受験生の試験直前に飲むことで、緊張を和らげ、気力が出てきます。
また、二日酔いにもよく効くと評判です。
オーストラリア産が品質がよいとされ、品質のよい牛黄は苦味の中に、少し甘味があります。

民間薬、一部の生薬の効能(さ~な行)

病気の前段階、「未病」のときに民間薬を上手に使うことで、病気にならずに過ごすことができます。
病気の時、具合が悪い時は、病院や診療所へ行き、診察を受けてください。
その上で、病院や診療所でもらった西洋薬の効果がいまひとつのときに、主治医の先生の了解を得て、補助として民間薬をうまく取り入れてみるのもいいと思います。

また、この中には、民間薬ではなく生薬(漢方薬の素材)として使われるものもあります。
民間薬は厳密な決まりがない一方、生薬は成分含量が決まっているなどの違いがありますが、ここでは植物由来の薬として、併せて記載します。

サフラン

血の巡りをよくすることで、冷えや血色不良を改善します。
そのほか、更年期障害、月経困難、無月経、月経過多などに使います。
また、気分のすぐれないとき、ヒステリー気味のとき、なかなか寝付けないときや、頭痛、めまいなどに効果があります。
特に、冷えとのぼせがある方に適しています。
婦人病の妙薬として、古代エジプトやギリシャの時代から用いられてきました。
妊娠中の方は避けてください。
〔別名:蕃紅花(バンコウカ)〕

サラシア

糖質の吸収を穏やかにして、血糖値が急激に上がるのを防ぎます。
糖尿病の方や、糖尿病の予防に適しています。
糖尿病の薬を飲んでいる方は注意が必要です。

山査子(さんざし)

肉や脂の消化を助けてくれるので、消化不良、食欲不振、下痢に効果があります。
食べたものがいつまでもお腹に残って苦しい方は、山査子の粉末を食後に飲んでください。
また、二日酔い、食中毒にも使われます。

山梔子(さんしし)

体を冷やす、胸苦しさをとる働きがあります。
消炎作用があり、腫れて熱を持ち、赤くなっているところに、小麦粉を加えて酢で練って貼ったり、粉末を飲んだりすると良いです。
また、止血の効能があるので、鼻血、喀血、痔出血、子宮出血などに。
気分を落ち着ける効能があるので、興奮して眠れないときにも使えます。
その他、食道ポリープや食道炎での飲み込みづらい症状、胸や胃が詰まって痛むとき。
口内炎、歯肉炎、扁桃炎に煎じ液をうがいをするようにしながら飲むなどの使い方があります。
〔別名:クチナシ〕

ジゴクノカマノフタ→キラン草

車前草(しゃぜんそう)

膀胱や尿道の熱をとり、利尿に働きます。
尿が少なくなったとき、膀胱炎のような症状の時におすすめ。
陰部の痒みにも効果があります。

将軍木皮(ショウグンボクヒ)→アカメガシワ

十薬(どくだみ)

高血圧、便秘、蓄膿症などに。味がよく、毎日続けられるお茶です。
蓄膿症には、乾燥した葉をお茶代わりに飲むのと一緒に、生の葉を塩で揉み、寝るときに一方の鼻に差し込んで眠る。5時間ほど経過したら取って鼻をかみ、その後もう一方の鼻も同じようにします。これを2~3週間続けるといいです。
十種類の薬の効果があるので“十薬”と呼ばれます。


スギナ

利尿作用があるため、血圧を下げるほか、血管強化、貧血、肉体疲労などに使われます。
春に出てくるつくしが育ったものがスギナです。
〔別名:問荊、ホーステイル〕

スベリヒユ

利尿や痔には煎じた液をお飲みください。
痔、にきび、唇の荒れ、陰部の痒みには濃く煎じた液を直接付けても。
〔別名:ばしけん〕

接骨木(せっこつぼく)

リウマチや関節痛が気になる方に。
雨の日に悪化する人や、むくみやすい人に適しています。
昔、ニワトコの枝の黒焼を骨折治療に使ったことから、接骨木の名前が付きました。
〔別名:ニワトコ〕

仙鶴草

血便、子宮出血などの止血、健胃、下痢止めに。
倦怠感、精力減退にもオススメ。
大腸炎、赤痢などで、ゲンノショウコで効果のないものに効く事があります。
〔別名:キンミズヒキ〕

センナ

便秘にはダイオウよりも強力に効きます。
少量を飲むと、消化を助けて食物の滞りを防ぎます。
また、体力が衰えてない人の腹水にも使うことがあります。
〔別名:蕃瀉葉(バンシャヨウ)〕

センブリ

健胃薬として有名であり、消化不良、食欲不振、胃痛、腹痛、下痢などに用います。
三大民間薬の1つで、昔からよく飲まれてきたお茶です。
胃腸の弱りからいろんな病気につながるので、健胃薬を飲むことで日々をすこやかに過ごすことができます。
〔別名:当薬〕

大黄(だいおう)

便秘に使われる生薬です。
漢方では、便秘だけでなく、血の巡りをよくするため、体の熱を取るためにも用いられます。
子宮を収縮させる作用があるので妊娠中の方は避けてください。
また、骨盤の充血も増長させる作用があるため、産後、月経期間中も注意してください。

タラ根皮(たらこんぴ)

胃炎、吐き気、糖尿病、強壮などに。
空腹時に飲むと、胃腸の運動をよくして、消化を助け、便通を整える効果もあります。
糖尿病には連銭草と組み合わせるのがオススメ。

タラ木(たらぼく)

胃炎、糖尿病などに用いられ、タラ根皮と同様の効果があります。

ツルナ
→浜千佐(ハマジシャ)

田三七(でんさんしち)

止血の効能があり、吐血、鼻血、血便、不正性器出血、産後の出血が多いときなどに使われます。傷には粉末を塗ることもあります。
他にも、血圧が高い、もしくは低い、疲れやすい、肝機能が気になる、飲み会の次の日が辛い、胸の不快感があるなどにオススメです。
中国最古の薬物書『神農本草経』では、上品(じょうほん)に分類され、長く服用することができます。上品に分類されている薬は、命を養う薬とされています。
非常に高貴な生薬で、「金不換」という名称もあります。

甜茶(てんちゃ)

くしゃみ、鼻水や鼻づまりなど、アレルギー症状に用いられます。
カロリーがほとんどない甘み成分を含み、飲みやすいお茶です。

杜仲葉(とちゅうよう)

ダイエットサポート、美容やアンチエイジングに。
血圧、コレステロールや中性脂肪が気になる方にもオススメ。
味が良く、飲みやすいお茶です。

ナタマメ
痰のからまる咳や病後の体力回復に。
また、蓄膿、歯槽膿漏、痔瘻など膿のたまるものにも。
のどの腫れや口内炎には、豆の黒焼きを粉末にして付けたり、豆を味噌漬けにして食べたりします。
〔別名:刀豆〕

なつめ

滋養強壮におすすめです。
また、小児の夜泣ききにも使われます。
おかゆなどに入れてお楽しみいただけます。
甘くておいしい生薬です。
〔別名:大棗〕

南天

百日咳やぜんそくなどの咳止めに使われ、視力の回復にもよく効くとされています。
俗にシロナンテンの方が効き目があると言われていますが、赤い実も白い実も薬効に差はありません。


ナンバン毛

とうもろこしの毛の部分です。
体の余分な水を出してくれるため、むくみや血圧が気になる方に。
とうもろこしの香りが広がる飲みやすいお茶です。


人参

虚弱体質の方の滋養強壮に使われます。
胃腸の働きをよくして、食べ物から栄養が吸収できる体にする効能があります。
普段は体が強い方でも、一時的に疲れているときに飲むと、早く体力が回復します。

民間薬、一部の生薬の効能(は~ら行)

病気の前段階、「未病」のときに民間薬を上手に使うことで、病気にならずに過ごすことができます。
病気の時、具合が悪い時は、病院や診療所へ行き、診察を受けてください。
その上で、病院や診療所でもらった西洋薬の効果がいまひとつのときに、主治医の先生の了解を得て、補助として民間薬をうまく取り入れてみるのもいいと思います。

また、この中には、民間薬ではなく生薬(漢方薬の素材)として使われるものもあります。
民間薬は厳密な決まりがない一方、生薬は成分含量が決まっているなどの違いがありますが、ここでは植物由来の薬として、併せて記載します。

梅寄生(バイキセイ)

抗腫瘍効果が良く知られています。
現在では抗がん薬の補助として飲まれていますが、かつては、解熱薬、心臓病、半身不随の治療薬として用いられていました。
〔別名:サルノコシカケ〕

ハコベ

お乳の出が悪いとき、産後の肥立ちが悪いときに使われます。
胃腸の弱い人、むくみのある人にも。

ハトムギ

イボとりや皮膚のツヤを良くする効果があります。
その他、滋養強壮、筋肉のこわばりなどにも使われます。
殻付きは、割ってから煎じることで、中の成分がよく出てきます。
〔別名:ヨクイニン〕

バナバ

血糖値を下げるはたらきがあります。
膵臓から出るインスリンの様な作用があり、サラシア、グァバ、ギムネマと組み合わせるとさらに効果が高くなります。
糖尿病のお薬をもらっている方は注意が必要です。

浜千佐(ハマジシャ)

胃腸炎やできものなどに使われます。
欧米では若葉や茎の柔らかい部分を食用としますが、
日本では食用としてはあまり使われず、多くは煎じて飲まれます。
〔別名:蕃杏、ツルナ〕

ハルウコン

肝臓の数値が気になる方にオススメ。
また、気のめぐりをよくしてくれます。

板藍根(ばんらんこん)

高熱、頭痛、のどの痛みなどに効果的です。
インフルエンザで休めない受験生や社会人の方は、予防のために飲むのがオススメです。

ビワ葉

煎じて、咳、暑気あたり、胃腸病などに。
入浴剤や湿布としてあせも、打撲、捻挫に。
江戸時代には、7種類の生薬を煎じてつくった、枇杷葉湯と呼ばれる暑気払いの飲み物が売られていました。

ベニバナ

→紅花(コウカ)

防已(ボウイ)

膝が腫れて痛むときや、むくみによく使われます。
体の表面の余分な水を抜く作用があるため、雨の日や湿気で悪化する関節の痛みや神経痛に特に効果的です。
〔別名:清風藤(せいふうとう)〕

またたび

温めて血行をよくし、強心、利尿の効果があるため、心臓の機能低下、冷え性、神経痛、リウマチ、腰痛に用います。
疲れきった旅人も、これを飲むと“また旅”ができることから名づけられたといわれています。
〔別名:木天蓼(もくてんりょう)〕

松葉

血圧が気になる方や、血管を強くしたい方に。
たばこを吸う方で、ニコチンの体への影響や、弱くなった血管が気になる方には特におすすめです。
また、リウマチなどによる麻痺、関節痛、湿疹、かゆみ、むくみ、打撲傷などにも用います。
「仙人の食」とされ、穀類を断って松葉を食べると体が軽くなって不老長寿が得られると伝えられています。

マンネンタケ

→霊芝

紫イペー

南米アマゾンの熱帯雨林に生える木で、現地では古くからお茶として飲まれてきました。
抗発がん作用があるとされています。その他、糖尿病、膀胱炎、肝炎、腎炎、喘息、リウマチなどにも使われます。

メグスリノキ

目のかすみ、目やに、老眼、結膜炎、花粉症など、目に関することによく使われます。
地方によって、千里眼の木、長者の木とも呼ばれています。

木通(モクツウ)

腎臓炎、尿道炎、膀胱炎などのむくみに利尿薬として使われます。
体の熱や余分な水を尿として出すはたらきがあるので、このような症状に用います。
民間では、同じく利尿作用のあるキササゲと一緒に煎じてむくみに用いたり、木通を煎じた液で腫れ物を洗ったりします。

ヨクイニン

肌荒れやイボなど、美肌のために使われます。
その他、滋養強壮、筋肉のこわばりなどにも使われます。
味が良いので、ご飯と一緒に炊いたり、おかゆに入れたりして楽しむことができます。
ヨクイニンの粉末は、小麦粉の代わりに1~2割使うことで、料理に取り入れることもできます。
〔別名:ハトムギ〕

よもぎ

下腹部が冷える方にオススメ。
不正性器出血、月経過多で、冷えのある人の止血にも使われます。
アンチエイジング効果もあるため、女性にぴったりの生薬です。
〔別名:艾葉(がいよう)〕

羅布麻(らふま)

古くから、茶の代用として飲まれてきました。
高血圧、コレステロール、免疫改善、アンチエイジングなど、生活習慣に関わる症状や美容に効果があります。
気管支炎、喘息にもオススメです。
口当たりがよく、ウーロン茶に似た味わいです。
〔別名:燕龍茶、老喜茶〕

ルイボス

生活習慣病、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患、肌や血管の老化に用いられます。
紅茶のような風味で、味が良く飲みやすいので、マグボトルに入れて普段の水分補給として取り入れるのもオススメです。
ルイボスの原産国である南アフリカでは、「不老長寿のお茶」とされています。
フラボノイドが多く含まれ、抗酸化作用があると言われています。

霊芝

抗がん作用がよく知られていますが、その他、血圧降下、抗アレルギー作用、抗ヒスタミン作用などに関する研究もあります。
漢方では、血流をよくする、体力をつける、心を安らかにする、胃を健やかにする、咳を止めるなどの効果があるとされています。ですので、低血圧や高血圧、動脈硬化、脂質異常症、体力低下や慢性疲労、不眠症、神経衰弱、老人性気管支炎、気管支喘息、胃腸虚弱、老化防止などに使われます。
人工栽培が始まる前は、古木10万本に2,3本しか取れないため、非常に高価なものとして扱われていました。
〔別名:マンネンタケ〕

連銭草

血糖値が気になる方に。
腎臓結石、尿道結石、胆結石には、ウラジロガシと一緒に飲むのがよりオススメです。
こどもの疳の虫や虚弱体質の改善、ぜんそくなどにも。
お子様は半分ほどの量でお飲みください。
〔別名:カキドオシ〕

蓮葉

夏の下痢、暑気あたり、出血、貧血、肉体疲労などに。
夏バテ予防にもオススメです。
ハスはいろいろな部分が薬として使われます。根の節、花托、雄しべ、果実、種子はそれぞれ薬としての名前があります。
〔別名:荷葉〕

風邪薬に頼りすぎない冬に

IMG_7999

2018年11月22日(木)

最低気温が10℃を下回る日が増えてきましたね。
ゼロゼロ、ゴホゴホという人、マスク姿の人が多く見受けられます。

風邪は万病のもとというように、
風邪のみではなく、ひくことで体が弱ってしまうことも問題となります。

体調を壊すとデメリットがたくさんでてきます。
例えば、

物事がはかどらない
治りが遅くなりやすい
お薬代がかかる 
ご飯がおいしく食べられない

もちろん、人によって違いがあるでしょうが、いつもなにげなくできていることが、
うまくいかないことが多いと思います。

「時は金なり」といいます。
体調が思わしくない時、

15分で、できていたことが、なぜか30分かかっていた。
いつもしないようなミスをして、同じことを繰り返す羽目になり落ち込む。
覚えようとしたことがなかなか頭にはいってこない、イライラする。

このように
「時間」のロス、精神的にもマイナスにつながります。
余計なストレスもたまるかもしれません。

なる前に、ならないように予防することが、やはり、
普段のなにげない生活を気持ちよく過ごすためには大事だと感じます。

ハレノヴァでは

ウイルスに感染した時の頭痛、高熱に使用される生薬【板藍根】
を飲みやすく粉末にした商品がございます。

のどのイガイガ、痛みにもお使いいただけます。

また、オリジナルで板藍根をブレンドしたお茶もございます。
癖のある板藍根の味が抑えられ、飲みやすくなっております。

試飲もできます。
風邪をひかないように、ぜひ味見に来てください。

加えて、
手や足先、お腹を触ると冷たい、など冷えやすい方にはぜひおすすめなのが、
「蒸した」ショウガ100%の【赤乾姜】です。

お腹から全身をあたためてくれる商品です。料理にもお使いいただけます。

【赤乾姜】は「蒸してあること」がポイントで、蒸していない生姜と異なり、
体を中からあたためる成分が多く含まれます。

理想は、風邪をひいたら、家でゆっくりして、早く寝る。がベストなのですが、
仕事、家庭、勉強などと、そうもいってられない現代の生活です。

「お金」「時間」のロスをなくすためにも、
「風邪をひかないこと」「風邪薬にたよりすぎない」冬を過ごしてみませんか?

晩ご飯に
板藍根のお茶、赤乾姜いりのお味噌汁、赤乾姜の生姜焼き
どれかを一品加えて、翌日の健康に備える。

なんて
いいかもしれません。

お肌もっちりうるおい美人へ♪

18111501

2018年11月15日(木)

秋、そしてこれから冬へと季節が深まる中、空気も乾燥してきました。
乾燥によりお肌の老化も進むとも言われています。
お肌の乾燥対策を始めませんか?

今回は、あらゆる肌タイプの乾いた肌にお使いいただけるフィッツ「アクア24H」をご紹介いたします。

・ミセルローション(化粧水)
 みずみずしくうるおうダマスクローズがやさしく香る化粧水で、お肌がもっちりします。

・エリクシールイドラタント24H(ジェル美容液)
しっかりうるおいの続く肌へ整えるジェル美容液です。甘い香りで、しっとりうるおうのに、べたつかないのもオススメポイントです。

・フリュイドイドラタント24H(乳液)
なめらかで軽い使いごこちの保湿乳液で、うるおいを与え柔らかな肌へ整えます。

・イドラタントクリーム24H(クリーム) 
クリーミィでなめらかな保湿クリームで、うるおいを与えしっとりとした肌へ整えます。
(乳液とクリームは乾燥する場所にあわせてどちらかでもOKです。)

アクア24Hには全て、「植物性ヒアルロン酸」(保湿成分)配合。
水をしっかりかかえこんで、水分不足のお肌に働きかけ、一日中うるおいを実感できるお肌へと導いてくれます。
乾燥するとついつい、油分をべったり塗りたくなりますが、水分をしっかりと保持することも大切なのです。
「アクア24H」も100パーセント天然成分のみでつくられています。
しっかり保湿対策したい方にオススメです。

お肌がうるおうと、メイクのノリも良くなり気持ちもいいですね。
おでかけやパーティなども増える季節、ぜひお試しください。
店頭ではテスターでお気軽にお試しいただけます。

自分の体質を知って不調をケア!

18110501

2018年11月5日(月)

この1週間でぐっと冷え込むようになりましたね。
お店の中にいても足元が冷えるなぁと感じています。
いよいよ秋が深まり、冬に近付いていきますね。

寒さが厳しくなり乾燥しやすくなるこの時期には、風邪をひきやすくなったり、疲れやすくなったり、何かと体調が崩れやすいものです。
またそれに合わせて自律神経が乱れることもあります。

秋の養生方法としては、身体に潤いを与える食べ物をうまく取り入れる、お風呂につかり芯から身体を温める、適度に運動をするなどが挙げられます。
その季節をうまく過ごすにはこのような季節ごとの養生がとても大切です。
さらに人にはそれぞれ強い部分、弱い部分がありますので、自分の体質を知り、その人に合ったケアをすることも大切です。

自分の体質を知ることは養生の第一歩です。
意外と気付かない自分の体質を向き合ってみて、不調をケアしましょう。

またハレノヴァでは体質別おすすめオリジナルブレンドティーを販売しています。
漢方の世界でおなじみの素材はもちろん、西洋のハーブも使用し漢方の気血水のカテゴリ別に、6種類のお茶がございます。
自分の体質で選ぶのも良し、味のお好みで選ぶのも良し、その日の気分で選ぶのも良しです。
店舗のカウンター横に並べていますのでよろしけば見に来てくださいね。
体質相談もしていますよ。

小児必用養育草2

小児必用養育草2

2018年10月13日(土)

前回に引き続き、小児必用養育草(しょうにひつようそだてぐさ)を見てみます。
上の挿絵は、乳母が授乳しているところです。
本文には関係ありませんが、雰囲気を味わうために貼り付けておきます。

さて、今回紹介するのは、巻二の「生子養育の説」の一部です。
原文に続いて、適当に私が訳した文を記します。

〈原文〉
『千金論』に、「夏の時にいたらは、赤き絹にて袋をぬいて杏仁七つ、両方の尖りと皮とをさりて袋の内に入て、児の衣の領になり共、帯になり共くくりつけて置くべし。児雷の声を聞てもかつて驚事なし」と見えたり。日本にても常にする事なり。

〈私訳〉
『千金論』に、「夏になったら赤い絹で袋を縫い、杏仁七つの両方の先端と皮を去ってその袋の中に入れ、子どもの服の襟や帯にくくりつけて置くのがよい。こうすると、子どもが雷の声を聞いても驚かない」とある。日本でもよくなされることである。

私は小さいころ、雷が怖かったのですが、親が杏仁をくくりつけてくれなかったのでしょうね。
それをしてくれていたら、びくびくしなくて済んだのに。

さて、少し飛ばしてその続きです。

〈原文〉
(中略)すべて小児は心気うすく、物におびえやすければ、雷などの時は乳母の懐にしかと抱きて、驚かぬやうにすべきなり。かくいへば物に心えぬ愚なる人は、あまりに児を愛しすごし、少ばかりの雷の時も、はや驚きて蚊帳を釣、戸棚、長持のうちにかくすやうにするによりて、いよいよ児におそろしみをつけて、それをならつて性となりて長となりても、少の雷にも色を青くし、少の雷にも肝をひやして、夏の時、天くもりては人前には出る事ならぬ類の者多し。糾々たる武夫の家の小児などをかくそだてなす事は、さてさておろかなる事なるへし。能々心得べき事なり。

〈私訳〉
子どもというものは、驚きやすいので、雷などが鳴るときは、乳母の胸にしっかり抱いて、驚かないようにしないといけない。
こう言うと、何も考えない愚かな人は、子どもを過保護に扱い、少しの雷でも、すぐに驚いて蚊帳を釣って中に入れたり、戸棚や長持の中に隠れさせたりすることで、ますます子どもに恐怖を植え付け、それを繰り返して性格となり、大きくなっても少しの雷で顔が青ざめ、肝を冷やして、夏は空が曇ると人前に出る事もできないような者が多い。
れっきとした武家の子どもをこのように育てることは、何とも愚かな事である。よく心得るべきことだ。

雷が鳴るたびにすぐに戸棚や長持みたいな暗くて狭いところに押し込めてたら、そらトラウマになりますよ。
おそらく暗所恐怖症、閉所恐怖症も併発してるでしょう。
曇ると人前に出られないなんて、夏は出かけられないです。そこまでひどいと、夕立に会うと失神してしまいます。
これも、杏仁をちゃんとくくりつけてないからですよ。
これをお読みの方々は、子どもを持つ親戚、友人には杏仁七個を次の夏までに渡してください。

秋の風物詩2

18092901

2018年9月29日(土)

前回(18.9.22)の話の続きとなります。
ご紹介させていただいた、秋の七草の内、5つが漢方薬の原料である生薬としても使用されています。
くず、なでしこ、おみなえし、ふじばかま、あさがお(キキョウ)です。
では、くずからみていきましょう。

○葛(くず)/葛根(カッコン)
使用部位:根
解表(発汗させることで、風邪などの症状を緩和する)薬の1つ
熱を冷ます、筋肉のけいれんをゆるめる作用があります。葛根湯は、首筋の後ろのこりや、こわばりがある時に使用する。というのが指標の1つとしてありますが、その理由はこの葛根の作用と考えられます。民間療法でも使用され、風邪のひきはじめなどに、くずゆをお飲みになったことがある方も、いらっしゃるのではないでしょうか?

○撫子(なでしこ)/瞿麦(クバク) 
使用部位:花が咲く時期の地上部
利水滲湿薬(体の水の流れをよくして、水湿を除く)の1つ
湿熱を除き、尿の出をよくする作用や、また血(体の中の血が滞った状態)をとる作用もあり、無月経の治療に用いられることもあります。

瞿麦の「瞿」という漢字が珍しいので調べてみました。
瞿:上部の二つの目が見はって警戒する、下部の字(はやぶさ)を加えて、猛鳥が見張るさまを表している。
意味:1.みる、タカなどの猛鳥がきょろきょろ見回す 2.ほこ、刃先が4つある武器
とのことです。

○女郎花(おみなえし)/敗醤(ハイショウ) 
使用部位:根を付けた全草
清熱薬(体の様々な要因より生じた熱をさます薬)の1つ
炎症を抑え、また解毒、膿を取り除く作用があるといわれています。

敗醤とは:
植物全体に、醤(味噌など、どろどろに発酵させた食品)が腐ったような臭気があるところから名付けられたようです。

○藤袴(ふじばかま)/佩蘭(ハイラン)
使用部位:全草
暑薬(暑さによる諸症状(ほてり、熱感など)を取り除く薬)の1つ
暑さや湿気による発熱や、食欲の低下などに使用されます。香りによって、胃腸を元気にし、口臭や口がねばねばするなどの症状に対する良薬とされています。

なぜ蘭がつくのか?
「蘭」の字は古くは芳香のある植物をさしたそうです。新鮮な葉をもむと、さわやかな香りがあり、乾燥させるとさらに強い桜餅に似た芳香を放つようになるようです(まだわたしは試したことがありません)

あまり目にしない「佩」という漢字について
はい:人と、巾(帯)と凡(服)からなり、人の帯につけた飾り玉、ひいては帯びる意味を表す。
意味:1.おびだま 2.帯びる、はく 3.こころにとどめて忘れない

○桔梗(キキョウ) 
使用部位:根
化痰止咳平嘔薬(痰をのぞき、咳をとめる薬)の1つ
のどの通りをよくし、痰を除き、咳を止めるため、咳、痰、のどの痛みなどにもちいられます。

ちなみに朝顔も生薬として用いられています……
○朝貌(あさがお)/牽牛子(ケンゴシ)
種子を使います。便秘に用いる、下剤の一つとして紹介されています。少用では大便を通じさせ、多用すると水のような排泄をひきおこすと書かれていることから、なかなか作用は強いようです。

一部の生薬の写真です。
左上から、葛根、瞿麦、牽牛子、そして右下が桔梗です。

以上で紹介を終わります。
秋の七草は観ても美しい、人の身体の薬にもなることがわかりました。

1年のうち、この時期ならではの「秋」を季節の草花で目を、食で口を…と、五感で満喫しつつ、冬に備えていきたいですね。

秋の風物詩

18092101

2018年9月22日(土)

いつのまにか、日が暮れるのが早くなり、30度を下回る日も多くなり始め、秋がきたのだと思う日々になりました。
今年はなにやら、「残暑」で体がだるくなるよりも、「秋雨」による湿気と、朝夕の冷え込みに体が悩まされそうですね。

体はしらずしらず、空気の冷たさによって冷えていきます。体調を崩されないように、温かい飲み物をとることをはじめるなどして、養生されてください。

さて、実りの秋といわれますように、甘くておいしい根菜や木の実、脂ののったサンマなど、おいしい食材には、秋はことかきません。

ですが、この度は、画像でお分かりかのように、「食べる秋」ではなく「観る秋」をとりあげようとおもいます。

「秋の七草」

7種類、みなさま、覚えていらっしゃいますか?

春の七草と違い、食用には使用されず、スーパーなどで並ぶ機会も少ないので、あまり身近ではないかもしれません。

私は「5・7・5・7・7」のリズムに合わせて、覚えた思い出があります。
覚え方はいろいろあるようですが、このリズムが私の中では覚えやすいように感じます。

そういえば、
花の名前が述べられた句の前にもう一つ、前の句があるということを知り、
調べてみますと、この秋の七草の句は「山上憶良(やまのうえのおくら)」が書かれたもので、万葉集に掲載されているとのこと。

万葉集が編纂されたのが、759年以降(奈良時代)と言われています。そして、現存する日本最古の和歌集です。それほど前から述べられていたということは、美しいもの、きれいなものに対する、人の感性はそうそう変化しないのでしょうか。(もちろん、個人の好みもあると思います)
今でも、鑑賞するにはきれいな植物ばかりです。

つらつらお読みになるうちに、7種類、思い出されましたか?

「萩(はぎ)の花、 尾(お)花、葛(くず)花、撫子(なでしこ)の花、女郎(おみなえし)花、藤袴(ふじばかま)、朝貌(あさがお)の花」

(アサガオ:現在では桔梗)
以上7種です。

全句:
「秋の野に 咲きたる花を 指折り(およびをり) かき数ふれば 七種(ななくさ)の花」
「萩の花 尾花 葛花 撫子の花 女郎花 また 藤袴 朝貌の花」

ちなみに、画像は桔梗です。凛とした感じが素敵です。

秋の七草は、鑑賞として楽しみ、食用としては用いられませんが、
実は、生薬では、ほとんどが用いられています。

どの植物のどの部位かご存知でしょうか。
そのお話は次回、ご紹介させていただきます。

秋の七草、またその他の秋の植物たちを、みなさまも、日々の生活の中でみつけて、楽しんでください。

オーガニックで汗のケア・天然のいい香り♪

18091401

2018年9月14日(金)

鈴虫の音色に、秋が近づいているのを感じるようになりました。
涼しくなってきましたが、まだ汗ばむこともあるかと思います。
一年を通して、天然のいい香りで気になるワキ、汗のケアはいかかでしょうか?

今回のおすすめ商品は「フィッツ デオロールオン」です。
ロールオンタイプのスキンローションで、ワキのにおいを防ぎ、さらっとした気持ちのよい肌を保ちます。
スプレータイプではないので、周りに拡がらず赤ちゃんやペットのいるご家庭にも使いやすいかと思います。
オフィスに、また化粧ポーチに入れておいてもさっと使えて便利です。
ワキだけでなく首筋にもお使いいただけます。
これから迎える行楽シーズンや運動会、学生の方は一年を通して部活動で汗をかいて、気になるにおいのお悩みもあるかもしれません。
フレッシュグリーンのさわやかな香りで、しっかりにおいも抑えます。

アロエエキスなど保湿成分配合で、長時間保湿、敏感肌にも対応しています。
オーガニック商品を初めて使ってみたい方、お子様、ご両親、ご友人へのプレゼントとしてもおすすめです。
※アルミニウム塩 ミョウバン石は使用していません。安心してお使いいただけます。

100%天然由来成分、オーガニック認証「フィッツ デオロールオン」
ご家族皆様で使っていただけます。

ハレノヴァではテスターをご用意しています。香りや使い心地をぜひ試してみてください。
どうぞお気軽にお立ち寄りくださいませ。

女性の不調の味方? 当帰のお話

18090801

2018年9月8日(土)

今週始めは関西を中心に大型の台風が、また先日は北海道を中心に大きな地震が起こりました。
ハレノヴァは大阪にありますが、幸いにも大きな被害を受けることなく、通常通り営業しております。
被災されたみなさまに心よりお見舞い申し上げます。

さて、今回は漢方薬の原料である生薬のひとつ「当帰(トウキ)」についての話題です。

漢方薬に用いる当帰は、セリ科の植物でトウキ Angelica acutiloba Kitagawa またはホッカイトウキ Angelica acutiloba Kitagawa var. sugiyamae Hikino の根を湯通しして乾燥したものです。

当帰には血(ケツ)を補う働き、血(ケツ)をめぐらす働き、月経を整える働きなどがあります。
漢方医学で言う血(ケツ)は、西洋医学で言う血液と身体に必要な栄養分のことを指します。
血(ケツ)が不足すると、肌の乾燥・肌荒れ、爪がわれる、髪につやがない、めまい、不眠、動悸、生理痛、生理不順など、たくさんのトラブルが起こりやすくなります。

女性は体質的に血(ケツ)が不足しやすい人が多く、女性に使われる漢方薬の主役(主薬)と言われることもありますので、この当帰が含まれた処方を飲む機会は多いかもしれませんね。

ちなみに当帰は日本でも古くから栽培されている生薬のひとつなのですが、その生産地のひとつである奈良県では、トウキの葉を利用した様々な食品を発売しているそうです。
写真は奈良県の方に買ってきていただいた、トウキの葉入りのラテ、ポン酢、ドレッシングです。

以前にトウキの葉入りのお茶を飲んだことがありますが、その時は少し甘い独特のトウキの香りや味がしました。
これは初めてなので、どんな香りや味がするのか楽しみです。
やはりトウキのお茶のような香りや味がするのでしょうか……。