ガジュツ三黄散

 ガジュツ三黄散は飲み過ぎ、食べ過ぎ、胃もたれに効果があります。黄連などの苦味健胃薬が胃酸の分泌過多を抑え、ガジュツが胃腸の蠕動運動を亢進して、食べ過ぎによる胃もたれを治します。アルコールを飲むと体が熱く感じるように、漢方ではお酒は熱の性質を持つ飲み物と考えます。飲み過ぎると、体の中に余分な湿(水)や熱が溜まりますが、それがなかなか排出されないと、翌日に気分の悪さや頭痛、胃のムカつきに変わります。ガジュツ三黄散はお酒による湿熱を排出してくれます。食べて飲んだ直後にガジュツ三黄散を服用することで、食事とお酒による胃もたれ・二日酔いに症状に対処できます。
 飲み過ぎには、五苓散と合わせるとより効果的です。
 生薬100%の粉末からつくった薬ですので、添加物が不安な方も安心してお飲みになれます。
 実店舗でもオンラインショップでも販売しておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

続きを読む »

五苓散

 五苓散は口が渇く、尿が出にくい、尿量が少ない、下痢気味、天気の悪い日の頭痛、手足の重だるさ、むくみなどの症状がある方に適しています。体の中の水のバランスを整え、不要な水を尿として排泄します。
 その他、二日酔いにも使われます。お酒を飲むと、利尿作用によって血液中の水は出ていきますが、細胞と細胞のすき間や、リンパ管には余計な水が溜まってしまい、頭痛や気分不良などを引き起こします。五苓散が水のバランスを整えることで、二日酔いにも効果を発揮します。お酒を飲む前にのむことで、予防効果もあり、その際はガジュツ三黄散と合わせるとさらに効果的で、次の日が違います。
 当店では実店舗、オンラインショップどちらでも、生薬100%の粉末からつくった五苓散を販売しておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

続きを読む »

ジンギョウキョウカツ湯・ジンギョウ防風湯

エキス剤では効果が不十分な方はぜひ煎じ薬を。
「インスタントコーヒー」のエキス顆粒ではなく、「ドリップコーヒー」の煎じ薬を服用してみるのはいかがですか。
詳しくは【煎じ薬のすすめ・利点】をご覧ください。

ジンギョウキョウカツ湯について
 痒みのある痔には、ジンギョウキョウカツ湯がおすすめです。キョウカツ、防風、蒿本などの痒みをとる生薬が入っています。

ジンギョウ防風湯について
 排便時に痛みのある痔核には、ジンギョウ防風湯がおすすめです。桃仁、大黄、紅花など血の滞りや鬱血を去る生薬が入っています。大黄が含まれているため、便秘気味の方が適しています。当帰、桃仁、大黄、紅花で血の流れをよくして、痔核(=血の滞り)を小さくします。
 

ジンギョウキョウカツ湯の販売はこちら↓
https://halenova-onlineshop.com/SHOP/Y0003.html

ジンギョウ防風湯の販売はこちら↓
https://halenova-onlineshop.com/SHOP/Y0004.html

続きを読む »

十全大補湯

エキス剤では効果が不十分な方はぜひ煎じ薬を。
「インスタントコーヒー」のエキス顆粒ではなく、「ドリップコーヒー」の煎じ薬を服用してみるのはいかがですか。
詳しくは【煎じ薬のすすめ・利点】をご覧ください。

十全大補湯について
 気力・体力ともに低下し、さらに冷えを伴った人に適しています。術後の回復を早めたり、抗がん治療を併用する上で、副作用の防止にも使われます。
 手術は出血を伴うため気血を消耗し、体の内部が外気と直接触れるため体の冷えをもたらします。
 抗がん治療も手術と同様、体力を奪い、気血を大量に消費します。気血を大量に消費すれば、“がんは小さくなったけど、体がものすごくしんどい” 状態になりかねません。そのような場合に、十全大補湯が活躍します。

続きを読む »

補中益気湯

エキス剤では効果が不十分な方はぜひ煎じ薬を。
「インスタントコーヒー」のエキス顆粒ではなく、「ドリップコーヒー」の煎じ薬を服用してみるのはいかがですか。
詳しくは【煎じ薬のすすめ・利点】をご覧ください。

補中益気湯について
 人が活動するためのエネルギーは、食べ物から得ていますが、胃腸がしっかり働いて消化吸収できないと、栄養を取り出すことができません。
 体格が良くても、エネルギー不足になることは十分にあります。体に蓄えた燃料をしっかり燃やせていない、エネルギーに変換できていない場合にも、補中益気湯は使えます。

続きを読む »