新型コロナの感染予防・重症化予防・後遺症予防

2021.1.18

 第1波、第2波を大きく上回る感染者数となり、医療崩壊も懸念されている中、漢方薬局にできることは、免疫力向上によって感染を予防すること、中等症や重症へ進展するのを防ぐこと、後遺症を残さないことだと強く思います。

【感染予防】
 感染しやすい体の状態は、必ずしも「体力低下」や「たまった疲れ」だけではありません。
昔から冷え症の方は、かぜから体を守る気(エネルギー)が不足しています。熱≒エネルギー≒気であるため、熱の不足は気の不足ととらえられます。この方は、体を温める生活習慣や漢方薬の服用をおすすめしています。特に内を冷やさないように、冷たい飲食物は避けることが重要です。
 普段からかぜを引きやすかったり、温度変化で鼻水やくしゃみがすぐに出たりする方は、体表や気管の防御を担う肺の働きが低下しています。食べ物から作り出した気をしっかり肺へ送る漢方薬などをおすすめします。
 食欲の低下や食べ過ぎるとすぐにお腹が張ったり便が緩くなる方は、砂糖などの甘いものや脂っこい肉を避け、自然の甘みを持つ穀類やいも類を食べたり、胃腸への負担をなくすために食べ過ぎを避けることが重要です。その上で、胃腸を元気にする漢方薬を服用することが感染予防に繋がります。

続きを読む »

不妊治療①(妊娠しやすい体づくり)

キャリア形成や晩婚化などの社会的要因、子宮内膜症や子宮筋腫などの体の器質的要因など、様々な理由から、不妊治療を希望される方が多くなっています。
不妊治療と聞くと、婦人科へ通うことだけが思い浮かび、漢方医学でも不妊治療ができることは想像できないかもしれませんが、中医学では不妊を不孕(ふよう)、流産や早産は滑胎(かつたい)と呼び、治療の対象となっています。

続きを読む »

新型コロナ後遺症と漢方②

2020.11.7

前回、【新型コロナ後遺症と漢方①】で、急性期を超えた後は、漢方の出番であることをお話ししました。
(こちらもご参照ください→【新型コロナの感染予防・重症化予防・後遺症予防】
今回は、新型コロナ後遺症に対して、どういった方剤を使うかを紹介します。

続きを読む »

新型コロナ後遺症と漢方①

2020.10.31

今年の春先から流行し始めた新型コロナウイルス感染症は、残念なことに現時点では収束の兆しが見えていません。

また新型コロナウイルス感染症は、治療後も後遺症が続く場合があるとわかってきました。
嗅覚障害、呼吸苦、だるさ、咳、味覚障害など、発症から数か月経過した場合でも新型コロナ感染時と同様の症状が続いたり、抜け毛が増える、気力が低下する、うつ傾向になるなどの症状が現れることがあるようです。

続きを読む »

帯状疱疹

 帯状疱疹は、水痘・帯状疱疹ウイルス、いわゆる水ぼうそうの原因となるウイルスによって引き起こされます。子供のころにかかった水ぼうそうのウイルスが神経節に隠れ、大人になってからストレスや疲労による免疫力低下が引き金となり、再び活性化して発症します。
 最初期は、皮膚の違和感やピリピリ、チクチクとした痛みが出てきます。その後、発熱したり、リンパ節が腫れることもあり、続いて皮膚の発赤、水疱が現れます。水疱が破れるとかさぶたとなり、皮膚病変が現れてから2~3週間程度で皮膚症状が治まります。

続きを読む »

PMS(月経前症候群)

PMS(月経前症候群)は、生理の3〜10日位前から起こる体や気持ちの不調で、生理が来ると症状が弱くなり、消えていくものを指します。
月に一度、有無を言わさず来る生理。PMSがひどい人にとって、苦行の期間です。
生理というのは、ベッドを毎月新調して、赤ちゃんを迎える準備をするためのものです。こんな素敵なことなのに、痛みや気分の不調、体のだるさや肌荒れなどに悩むのは、何だかギャップがありすぎて、腑に落ちません。

続きを読む »

潰瘍性大腸炎

 潰瘍性大腸炎は大腸の粘膜にびらんや潰瘍ができる炎症性疾患です。腹痛や血の混ざったイチゴジャムのような下痢が出るのが特徴です。びらんや潰瘍は直腸から連続的して、口側へ広がる性質があり、最大で直腸から結腸全体に拡がります。

 もともとの体質に、脾や腎の弱さがあり、多くの場合、そこへ不摂生が重なり、発症します。

続きを読む »

二日酔い

お酒の性質は大熱で、少量(ほろ酔いより少なめ)なら血流をよくする働きがあります。
二日酔いは胃に熱が溜まり、胃気が暴走して上にあがったことによる吐き気や、頭部の水の滞りによる頭痛などの症状が出てきます。

それを防ぐ為には、お酒を飲む前や飲んだ後に五苓散とガジュツ三黄散を服用してみてください。次の日が違います。
五苓散が体の中の水の偏在を治し、ガジュツ三黄散が食事の滞りとお酒による体の熱をとってくれます。

続きを読む »

にきび

 にきびは分泌された皮脂が毛穴から出ずに詰まってしまうことから始まります。皮脂が詰まり、毛穴の表面が閉じているのは白にきび(閉鎖面皰)とよばれ、白く膨れて触るとわかるにきびで、炎症が起こる前の段階です。皮脂が詰まり、毛穴の表面が開いているのは黒にきび(解放面皰)とよばれ、黒く見えるにきびで、こちらは白にきびと違って、炎症に発展することは少ないです。
面皰ができたのち繁殖したアクネ菌が炎症誘発物質を放出したり、産生された細菌性リパーゼによって遊離脂肪酸が生成され、炎症が進んでいきます。

続きを読む »

アトピー性皮膚炎

 アトピー性皮膚炎は乳児期は頭や顔に多く、成長につれて体幹や手足の関節部分の乾燥が目立つようになります。思春期以降になると顔や肩など上半身全体に湿疹ができやすくなります。
 というのが、一般的な説明ですが、実際には年齢によっても、人によっても起こる症状は様々です。
 一様に「アトピーにはこの薬」といったものはなく、その人に合わせたお薬を考えてお渡しします。

続きを読む »

更年期のお悩み、お気軽にご相談ください。

2019年9月7日(土)

なんだか調子が悪い。眠れない。気持ちが滅入る。涙が出てくる。車窓に映る疲れた顔にびっくり。
鏡を見てげんなり。お化粧も楽しくない。冷えてるかと思ったら、顔から急に汗が噴き出す。
自律神経の乱れから出ている症状かもしれません。

続きを読む »

健康を保つための漢方

アルコール
1日の終わりに仕事の疲れを癒すために、お酒をたしなむ方は多くいらっしゃいます。
1人で飲むお酒も、みんなで飲むお酒もそれぞれ違った良さがありますが、
健康でないと、楽しくお酒が飲めません。

続きを読む »

口の症状

口内炎

炎症が起こるのは、余分な熱があるためと考えます。
熱のために赤く腫れる、痛みなどの症状が出ます。
病態として、1、胃熱(イネツ)、2、肝火(カンカ)、3、気虚、4、陰虚などがあります。

続きを読む »

鼻の症状

花粉症
花粉症では、アレルギーとなっている花粉が飛んでいる時期に、眼の痒み、涙が出る、鼻水が出る、鼻が詰まるなどの症状がでます。
原因となる花粉は、スギやヒノキだけでなく、初夏のイネ、秋のブタクサなど、一年中飛んでいるため、ある季節だけ症状が出る方は、花粉症の可能性があります。

続きを読む »

頭痛

頭痛が起こる原因は大きく2つあります。
環境によって体の外からの邪(じゃ)が入ってきて起こるものと、生活習慣や体質によって体の内側から起こるものです。

まず、体の外から邪が入って起こるものとして、
1、風邪(ふうじゃ)が冷気と一緒に入って痛むもの
2、風邪が熱と一緒に入って痛むもの
3、風邪が水と一緒に入って痛むもの
などがあります。

続きを読む »