凍頂烏龍茶

IMG_3116

以前、台湾で頂いたお茶についてご紹介します。

「千と千尋の神隠し」で有名な九份に行った時に休憩しながら台湾のお茶:「凍頂烏龍茶」をいただきました。お茶の淹れ方が独特で、簡単にご紹介いたします。

最初に茶葉を急須に入れ溢れんばかりの湯を少し高い所から注ぎ茶具を温めます。1回目に注いだ湯はそのまま捨て、2回目からいただきます。2回目の湯を注ぎ20分ほど蒸らしてから細い聞香杯(香りを嗅ぐための容器)に湯を注ぎお茶を捨てまず香りだけを楽しみます。同じお茶を茶杯に注ぎ、お茶の味を初めて楽しみます。最初のお茶はすっと軽く爽やかな味でした。また同じ茶葉に湯を注ぎ蒸らして3回目を楽しみます。同じ茶葉を6回ほど同じように楽しむんですが、後になればなるほど渋みが出て味の変化が楽しめます。どの味も美味しかったですよ。

緑茶、烏龍茶、紅茶は全て同じ茶樹の若葉を使っています。その違いは加工工程にあり、
緑茶は茶葉を摘んだ直後に加熱、烏龍茶は半発酵させ、紅茶は完全加工させたものです。
烏龍茶は消化を助け、また身体のムクミ防止効果もあります。他にも烏龍茶に含まれるポリフェノールがダイエットにも効果的と言われているようです。
お茶をゆっくり楽しむのもいいですね。

花粉症にエルダーフラワー

16022602

2016年2月26日(金)

ここ数日は冷え込みが少し厳しいですね。来週はまた暖かくなると言われていますが、季節の変わり目は体調を崩しやすいので、みなさまお気を付け下さいませ。

さて、今年もきました、花粉症のシーズン。
この時期、花粉症に悩んでおられる方は多いのではないでしょうか。
花粉症対策にも色々ありますが、ハーブとしておすすめなのがエルダーフラワー。
アレルギー症状(鼻水・鼻づまり・目のかゆみ)を和らげてくれる作用があります。
またネトルというハーブにも同じようにアレルギー症状を和らげる働きがありますので、このふたつのハーブをブレンドしたハーブティーもおすすめです。
爽やかな清涼感が、心身ともにスッキリさせてくれますよ♪

ハーブティーを入れるのが大変という方には、ハーブのエキスを濃縮したハーブコーディアルというものもあります。
写真の「エルダーファミリー」にはエルダーフラワーを中心に、自然の恵みのハーブがたくさん詰まっています。
ほんのり甘くて美味しいので、花粉症でなくても日常のティータイムにもおすすめですよ。

またハレノヴァでは花粉症の症状改善、体質改善の相談も承っています。
お気軽にご相談くださいませ。

クコの実

枸杞子

2015年11月14日(土)

杏仁豆腐の上によく乗っている赤い実をご存知ですか?
非常に甘みがあり薬膳料理にもよく使われる
「クコの実」です。

昨日、京都の北部にある薬草園のお手伝いをしてきました。
その中で真っ赤に実を付けた「クコの実」がキラキラと輝いていました。
大きさが2cmほどで、口に入れると甘みがスーッと広がり少し最後にすっぱさがでます。

クコの実は薬膳料理にもよく使われ、また漢方薬やお茶としてもよく使われます。
その効果は
ビタミンを豊富に含み、目に栄養を与え、視力の低下や降圧作用があります。
菊花・竜眼肉・クコの実をいれて「菊花茶ブレンド」がおすすめです。
また、古くから薬膳酒としてクコの実をお酒につけた枸杞酒(クコシュ)とも楽しまれています。
滋養強壮・疲労回復・老化防止などにも効果的ですよ。

ブレンドハーブティー試しませんか?

15032601

2015年3月26日(木)

季節は春、ということで店頭のディスプレイをハーブと緑で飾りました♪♪

ハレノヴァではお客様のご要望に合わせてブレンドハーブもお作りしております。また、ご自身でブレンドされる方にはハーブの量り売りも行っております。
お気軽にお尋ねくださいませ☆

花粉症予防に『ネトルティー』

ネトル

2015年2月19日(木)

寒さのピークが過ぎて、日差しが少し暖かく感じられるようになってきましたね。あるが待ち遠しい反面、花粉症が気になります。。。

今日はアレルギー体質を改善するハーブ『ネトル』をご紹介します。

『ネトル』は栄養分をたっぷり含み、貧血の予防や血液をキレイにしてくれる効果が認められているハーブです。
そのため、アレルギー体質を改善してくれるので、花粉症などのアレルギー症状を緩和してくれます。
ドイツでは、「春季療法」としてエルダーフラワーと1:1でブレンドして予防的に飲まれているそうですよ。

去年に比べて今年の春はスギ花粉が少し多くなるみたいです。
早めの予防対策をしてくださいね。

サフランとサフランライス

15012801

2015年1月28日(水)

急に寒さが戻りましたね。
突然ですが、このお花をご存知ですか?ヨーロッパの民間薬に古来から使われている『サフラン』です。

サフランとはアヤメ科の植物で、雌しべから出ている3本の花柱を乾燥させてものを一般に『サフラン』と呼び、ハーブ・漢方薬・料理・染料などに使われているそうです。

サフランを少し頂いたので、サフランライスをはじめて作ってみました。
作り方は、
①研いだお米にお水をはります。
②サフラン3本を一緒に浸し15分置きます。
③普通に炊きます。
簡単!! ご飯にキレイに色づき、ふんわりサフランの香り。カレーと一緒に頂きました。

サフランの効果は多彩で、月経不順や生理痛の緩和、気分を落ち着けてくれるので不眠症や血行改善などの効果をもち、婦人病の特効薬ともいわれています。
サフランには気分を晴れやかにする効用があるため「陽気」「喜び」などの花言葉があります。

ラベンダーの季節③

13071204

現在でも、イタリアの主婦たちはラベンダーの茂みに洗濯物を広げて、乾いたときにその香りがしみこむようにしているそうです。

ラベンダーの香りがするシーツは清潔できちんと片付けられた家庭のイメージが強いようですね。

ラベンダーの香りには強い鎮静効果があるといわれているので、イライラするときや不安感があるときなどに飲むと、リラックスできて不眠症にも有効のようです

続きを読む »

ラベンダーの季節②

ハーブ


同属の植物でも、種が異なると成分内容が変わります

 ラベンダーの開花時期は6月~7月で、育つと50cm~70cm位になります

ちなみにラベンダーの言葉の語源はラテン語源Lavare(洗う)という意味と、花の色Livere(青)という意味から成り立ちます。

続きを読む »

ラベンダーの季節①

ハーブ

今回はラベンダーについてお話をしていきます。
ラベンダーの学名はLavandula angustifolia またはLavandula officinalisシソ科 ラバンジュラ属 常緑低木 です。
原産地は地中海沿岸地方(フランス、イタリア、スペイン、ブルガリア)です。
いいですね、ヨーロッパ♪

続きを読む »