低血圧

40代女性

主訴:ふらつき

現病歴:普段から疲れやすく体力がないため、他から帰脾湯を購入して服用している。もともと血圧が低いが、毎年、春先に血圧が不安定になり、ふらつくことが多い。電車の中で貧血を起こして倒れ、クリニックを受診し、低血圧と心電図の乱れを指摘された。測定した血圧は上が90だった。心電図は人間ドックでも、専門の医師でなければ心筋梗塞と診断されるような波形と言われていた。舌下静脈怒張++

帰脾湯に加えて還元清血飲を服用してもらった。
数日後から、自覚的なふらつきがなくなり、7日後の受診では、上の血圧が110以上になった。今まで、これほど高い血圧になったことがなかったとのこと。この処方をしばらく続けてもらった。

考察:気がのびやかになるべき春に、仕事のストレスによる肝鬱気滞で不調を起こしていたのだと思う。頭部の血流を良くする川弓などの活血薬が必要と考え、心筋梗塞様の心電図から、心血淤阻に対する還元清血飲を選んだところ、うまくいった。
   補うだけで動かす生薬のない帰脾湯の続服も気滞血淤を助長したのだと思う。今後、常用量でなく少量でもよいので、理気活血の方剤を合わせて服用した方がいいだろう。

ふらつき

30代男性

主訴:お酒を飲んだ後にふらつく

現病歴:いつからか、お酒を飲んだ後にふっと頭から血の気が引くような感じがある。立っていられなくなり、座っていても姿勢を保てない。同時に、頭から汗が噴き出る。

気逆、水気上衝として方剤を投与。2/3量を1か月半服用した後、お酒を飲んだところ、症状が出なかった。
服用中、便秘がマシになった。

考察:アルコールを飲むと、体表や頭部の血流が良くなるが、その反跳として血管が収縮し、脳の血流が低下してこのような症状が出ていたかも。朝が苦手とも言っていたので、脳血流が悪くなりやすいタイプなのかもしれない。
   服用中、なぜ便秘がマシになったのか。苓桂朮甘湯を飲んでもらったのだけれど、よくわからない。漢方での水分代謝の最初の砦は脾だけど、白朮の補脾によって、水分吸収の量がコントロールできるようになり、必要な量だけ吸収するようになったのだろうか。うーん、今後の宿題にしよう。

腰痛

40代女性

主訴:腰の痛み

現病歴:(2月来店)9月ごろから痛みが強くなり、前の職場を止めた。もともとヘルニア持ち。仕事で数十キロkgの袋を運んだりしていた。今の職場になり、少し楽になったが、今年に入ってから痛みがさらに強くなった。痛みで目が覚めることもある。

旦那さんが来店したため、間接的な問診のみ。

補血活血化淤、去風湿の方剤と地竜エキスを分2で服用してもらった。
14日後、飲んだその日の晩から痛みで目が覚めることがなくなった。ただし、味が苦手で、もう少し飲みやすくしてほしいとのこと。

不眠

20代男性

主訴:不眠

現病歴:4月から新入社員として働き、5月末ごろから夜中に目が覚めるようになった。睡眠時間に対して寝足りない感じが残っていたり、起きた時に体がこわばっていることが多い。歯をくいしばっていることがある。寝付きは悪くない。ストレスが多いと感じるときには、途中で目覚める回数が増えることがある。白厚苔、歯痕舌。

肝鬱から内風を生じ、神志が上擾して不眠となったと考え、熄風薬を服用してもらった。
1週間後くらいから効果を感じ、14日間服用して、治癒した。その後、再発はない。

下痢

20代男性

主訴:毎朝の下痢

現病歴:数年前から、毎朝下痢になる。お腹がぐるぐる鳴り、少し腹痛がある。ストレスを感じやすい。よく食べるが、あまり太らない。舌中央に微黄苔。

典型的な半夏瀉心湯証と思い、昼晩1日2回で服用してもらった。7日間でほとんど症状が無くなった。
1か月間続けて一旦中止したが、飲んでいた方が調子が良いとのことで、1日2回からさらに減らして服用していた。
勉強のイライラが関与していると判断して、OTCの甘草瀉心湯にした。
1か月ほど服用していると、のどが痞えるようになったという。
香砂六君子湯に変えてのどの痞えは消えた。

考察:途中で出てきたのどの痞えは、香砂六君子湯で消失したことから、甘草が胃になずんで起こったとわかる。OTCの甘草瀉心湯は満量の1/2なので、甘草の量だけをみると半夏瀉心湯2/3量とほとんど変わらないが、甘草で胃がもたれたということは、方剤中の甘草の比率が高いせいなのだろう。そう思うと、各生薬の比率は厳格に考えるべきなのかも。

皮膚のかゆみ

30代女性

主訴:皮膚のかゆみ

現病歴:夕方の食後や寝る前に鼠径部や首元がかゆくなる。寝ている間に掻いている。皮膚科では紅色皮膚描記症(+)、抗アレルギー薬を処方されたが、眠気がひどくて中止した。紅舌、前方辺縁に点刺。右関脈有力、寸脈も特に無力ではない。

肺熱による痒みとして麻杏甘石湯を処方。を1日飲むと、次の日の晩には痒みが気にならない程度に治まった。堪えられない痒みが10とすると、この1週間は7程度だったが、服用して3程度になったという。
ただし、4日目に起きると就寝中に掻いた痕があったとのこと。前の晩に食べてすぐ寝たのかと聞いたら、やはりそうだったらしい。
睡眠前の食事を避けることを指導し、7日でほぼ治癒した。

考察:2月初めから痒みが憎悪しているので、花粉になど外邪によってかゆみが増している可能性があった。その場合、脾気虚はないようなので、玉屏風散なども候補になる。また、痒みが出る場所が、鼠径部、ひじの内側、首もとのため、利水や化湿の方剤も候補に挙がった。でも、舌の状態から清熱がいいと思い、まずは肺熱を取ることを考えたところ、麻杏甘石湯だけで痒みがなくなった。もしかしたら、風寒の熱化や風熱の外邪により、肺に熱を生じていたのかもしれない。
   服用中、就寝中に掻いてしまったのは、胃熱のせいだと思う。熱によって夜に症状が起こっている場合、就寝前の食事は悪影響を及ぼす。

花粉症

40代女性

主訴:鼻水、涙などの花粉症の症状。

現病歴:(2月中旬来店)鼻水が出て、涙があふれる。咳はなく、息が上手く吸い込めない感じ。目はかゆくないが少し充血。目に膜が張っている感じ。

大青竜湯の方意でエキス剤を組み合わせ、服用してもらった。
14日後、例年通りならティッシュが手放せないが、今年は鼻水がほとんど出ない、息の吸い込みにくさも以前に比べると楽とのこと。
花粉のシーズンが終わるまで服用してもらった。

考察:息が吸い込めない→気道の浮腫、水滞と考えて麻黄石膏の薬対を用い、うまくいった。ただ、対症療法のため、来年も発症すると思う。この方の場合、食べ過ぎによる脾胃湿熱が主だろうから、食事量を減らしながら、根気よく香砂平胃散や香砂養胃湯を服用してもらうのがよいと思うが、なかなか続かない。

緊急事態宣言中の営業について

IMG_0944

2020.4.8

緊急事態宣言が発令されましたが、感染拡大防止の対策を徹底しつつ、通常通り営業いたします。

営業時間
平日 10時~19時
土曜日10時~17時
日祝休み

今後、事態を考慮して営業時間を変更する場合がございます。

当店では、商品の発送も受け付けていますので、お問い合わせください。
漢方相談に関しては、正確に方剤を決められるため、
通常はご来店でのご相談をおすすめいたしておりますが、
ご来店が難しい場合でも、お電話でご相談を受け付けております。

顔面マヒ

50代女性

主訴:左目が完全に閉じることができず、口元がゆがんでいる

現病歴:5日ほど前から左右の眉の位置がずれているように感じていた。その後、ビールがいつものように美味しくない。1日前から左目が閉じられない、口元がゆがむ、飲み物や食べたものがこぼれる、上手く話せないなどの症状が出てきた。
    右関脈滑、有力。舌中央に黄苔。尋ねると、最近食べ過ぎているかもしれないという。また、ここ最近、疲れの為に補中益気湯を服用しているとも。

食べ過ぎによって生じた脾胃の痰濁が内風によって頭部へ上がり、経絡を阻滞した。服用していた補中益気湯の昇陽作用は内風を助長していると思われる。

痰濁上擾を助長しないように補中益気湯を中止し、熄風、清熱化痰の煎じ薬+開竅熄風の強い牛黄清心元を1日1丸、1回1/8丸を口の中でゆっくり溶かすように飲んでもらうことにした。牛黄清心元は1/2丸を1日2回服用するより、1/8丸を1日8回服用してもらう方が効果が高いことから8回に分けてもらった。

2日後、病院で検査し、重度の顔面麻痺と診断され、ステロイドのパルス療法を開始。プレドニゾロンを処方され、4日間服用した。

その後、徐々にマヒが少なくなり、10日後の受診では、医師も驚くほど回復していた。
さらに1週間煎じ薬を服用し、全く後遺症なく回復した。

考察:熱閉と呼ばれる、熱による意識障害などに使われる安宮牛黄丸が含まれる廣東牛黄清心元を用いた。開竅作用のある牛黄、竜脳、麝香と熄風作用のある羚羊角が含まれ、閉証には抜群の効果がある。
   ただ、舌や脈などから判断して寒による閉証の場合は適応とならない。といっても、日本では蘇合香丸の製剤がない。蘇合香丸中の丁字、ヒハツの代わりに安中散や大建中湯と同時に廣東牛黄清心元を服用すればいいだろうか。これに関してはいざというときのために、よく考えておかないといけない。

   顔面マヒ以外にも、脳梗塞や脳出血で倒れたときにマヒなどの後遺症を残さないために重要な薬。

腎臓結石

60代男性

検診で「腎臓に結構大きな石が1つある」と言われたが、今はできることがないため、民間薬が欲しいと来店された。
連銭草と熊柳各10gを1日分にして、4週間のうち10日飲むことを続けられた。
10か月後の検診ではきれいに無くなっていたと言ってご報告にいらっしゃった。

全てが連銭草と熊柳の影響だとは言い切れないが、古くから使われている民間薬も馬鹿にできないと改めて感じた。

舌の痛み

30代女性

主訴:舌の痛み

現病歴:数日前から舌が痛い。口内炎もある。舌を見ると、炎症がある。やや歯痕あり、点刺舌、舌尖、辺が赤い。苔は少なめ。

陰虚とやや血熱があるように思う。器質的な病変がある場合の舌痛症なので、口訣から清熱補血湯とする。清熱補血湯の方意でエキス剤を組み合わせ、4日後に舌の痛みはなくなった。
その後、1か月ほど続け、毎月末にできていた口内炎ができなくなったと喜んでもらった。

考察:やせ型で皮膚は浅黒く、お酒とたばこをよくのむことから、陰虚、血熱体質だろうと思っていた。もしこれをつづける場合、血淤を防ぐ為に、化淤剤を足した方がいいと思う。

にきび

20代男性 

主訴:にきび

現病歴:高校1年生のころから、赤く膨らんだにきびができてきた。一部は化膿し、白くなっている。顎下、頬によくできる。脂っこいものは食べず、野菜もとっているが、パンや甘いものをよく食べる。

脾胃湿熱によるにきびと判断し、清熱解毒、排膿、駆淤血薬を組み合わせて処方。14日間で新しいものができにくくなり、数も減った。
2か月の服用で、赤く腫れたにきびは1つ程度になった。
その後、小さく白く化膿したにきびができるくらいになったが、治りきらなかった。
そこで、食事を改善し、甘いものを毎日食べないようにして、パン食を止め、基本的にごはん食にしてもらった。
甘いものを食べ過ぎないかぎり、にきびはできなくなった。

考察:甘いもの、味の濃いもの、脂っこいものの食べ過ぎでにきびができるのは、当然のことだけど、やっぱり、にきびの元を入れながらにきびの毒を出すのでは、治りきるはずがないと改めて思った。燥湿健脾の方剤を飲み続ければ、ある程度はカバーできるかもしれないが、淤血の問題が残るので、本人のためにも、食事指導で対応した。

腰痛(急性期)

30代男性 

主訴:腰痛

現病歴:つい先ほど、腰をかがめて作業している途中、ふとした拍子に腰に鈍い痛みが出た。強い症状ではない。腰を動かすと少し痛む。

体表面、腰回りの血流をよくし、加えて鎮痛するため、発表剤と、胃薬として使われる安中散を組み合わせ、1服で治癒。

考察:発表剤は皮膚表面と頭部の血流をよくして、腰痛の最初期に効いたのか。延胡索は内臓でなくても鎮痛効果があるのか確かめたくて組み合わせた。どちらか一方だけでも聞いたかもしれないが、少なくともどちらか一つが効くことがわかった。

吐き気、胃部不快

30代女性

主訴:吐き気、胃部不快

現病歴:朝から胃が気持ち悪く、吐き気がする。脈弦。舌質紅、紅点、中央に黄苔。

尋ねると、ストレスはないと言うが、仕事でストレスが溜まり、肝火犯胃により胃の降濁作用が失調し、吐き気と胃部不快につながっていると判断。

左金丸の方意でエキスを組み合わせ、その日の夜には症状が消失した。

考察:普段の仕事や生活をわかっていたから判断できた例。やはり、仕事の内容や仕事上の立場などもしっかり聞いていないといけないとつくづく思う。

胃痛

30代女性 

主訴:胃の痛み、仕事中の不安・焦り

現病歴:14日前から胃が痛む。仕事中にお腹が空くと痛みが強くなる。キリキリした痛み。休日も痛いが、平日よりマシ。だんだん悪化している。胃の痞え感はない。ブスコパン、ガストール無効、ストレージIで痛みがマシにはなるが、1日2回では効かない。
    仕事中に不安、焦りがあり、忙しくなると悪化する。

黄連が多く入った処方と疏肝理気作用のある処方を組み合わせて、7日間で治癒した。

考察:ストレスからくる胃炎だろう。お腹が空くと痛みが強くなるのは、食べ物によって、胃酸が中和されないからだと思われる。ブスコパンは柔肝解痙、ガストール(ピレンゼピンや制酸薬の合剤)は清胃熱とすると、芍薬甘草湯無効、黄連無効となるが、ピレンゼピンは胃熱を取る作用が少ないと思うため、黄連は効果があるかもしれない。ストレージI(安中散)でしっかり効かないのは、牡蛎で胃酸を中和し、桂皮が胃の血流をよくして防御因子増強にはたらき、延胡索が鎮痛にはたらくが、全体として安中散が胃を温める処方だからだろう。