PMS(月経前症候群)について

PMS(月経前症候群)は、生理の3〜10日位前から起こる体や気持ちの不調で、生理が来ると症状が弱くなり、消えていくものを指します。

月に一度、有無を言わさず来る生理。PMSがひどい人にとって、苦行の期間です。
生理というのは、ベッドを毎月新調して、赤ちゃんを迎える準備をするためのものです。こんな素敵なことなのに、痛みや気分の不調、体のだるさや肌荒れなどに悩むのは、何だかギャップがありすぎて、腑に落ちません。

でも、それは、バランスが崩れたことで出てくる、体からの黄信号かもしれません。
生理痛やイライラや落ち込みなどの気持ちの変化もなく、あったとしても、意識するレベルではないのが、理想の状態です。
特に、赤ちゃんを産みたい人、そうでない人も、早いうちにバランスを整えて、体や気持ちの不調なく、スッキリと生理を迎えられるようにしましょう。

当帰1

体質を判断するには、特に生理の状態を詳しくお聞きします。
生理周期、期間、量、色、塊の有無、生理期間の中で痛みや不調の出るのはどの時期か、経血が出ると楽になるのか、悪化するのかなど、細かく教えていただきます。
一度、ご自分の生理の状態をじっくり観察して、メモしてくださるといいかもしれません。
その他、汗、のぼせ、体の冷え、食欲などをお聞きし、舌の状態なども確認して、総合的に体質を判断します。

使う薬は、もちろん人それぞれ違います。
イライラや胸のハリなどの気の巡りが悪い(気滞)症状が強ければ理気薬、冷えが強ければ温裏薬、食事の不摂生や体に熱を溜めやすい体質なら清熱利湿薬、消化吸収が悪くて気(エネルギー)や血(けつ)を作れていなければ(脾気虚なら)補気薬や補血薬、生まれ持った体質で腎が弱かったり房事過多などで腎を傷つけてしまっていたら補腎薬を中心に、程度によって駆於血薬などを合わせていきます。

崩れたバランスを元に戻すには、早めの対策が必要です。
どんな病気も、こじれると、治りにくく、症状も強くなっていきます。
これからの人生を楽しく過ごすためにも、漢方で早めにPMS対策をしましょう。

症例はこちら↓
https://halenova.com/blog/?cat=41

漢方薬局ハレノヴァ

TEL: 06-6312-8429

大阪市北区末広町3-21 扇町センタービル1F

ご相談予約

症状・病気別漢方

婦人科
PMS(月経前症候群)について:https://halenova.com/blog/?p=3297

子宮筋腫について:https://halenova.com/blog/?p=4819

続きを読む »

症例

婦人科:https://halenova.com/blog/?cat=41

消化器:https://halenova.com/blog/?cat=28

続きを読む »

腹満(お腹のハリ)

40代女性
主訴:お腹が脹る

現病歴:この数日、お腹が脹ってスッキリしない、軟便ぎみ。安中散と大建中湯をすすめられて服用し、少し良いが大幅な改善はない。食欲落ちている。腹鳴特になし。ガス感(+)。さすると落ち着く。胃が重い、水分摂りすぎかもと思う。便通は便秘か軟便。いつも夏になりやすい。お風呂で改善なし。

続きを読む »

前立腺炎について

前立腺炎は、男性だけにある性器の一部の前立腺に炎症が起こる病気で、様々な症状が現れます。

症状は、頻尿、尿意切迫(堪えがたい尿意)、残尿感、排尿直後の再度の排尿、夜間頻尿、会陰部の痛みや不快感、または陰茎の先端、腰部、精巣の痛み、射精時の痛みなどです。

急性前立腺炎で、高熱があるなど重症の方は、ただちに受診しないといけませんが、慢性前立腺炎など症状が軽い場合、漢方で対処することができます。

続きを読む »

瓊玉膏について⑤(子どもの発育促進)

親にとって、子どものことは自分のことより不安になるものです。
周りの子と比べて、なかなか歩き出さない、体が弱いなどがあると、気になってしまいます。
発育が遅れるのは、漢方ではどう考えるのか説明いたします。

続きを読む »

低体温について

生姜2

体温が低いと、免疫が正常にはたらきにくくなるなど、体の一部の機能がうまくはたらかなくなります。
女性では、特に、月経の不調と密接に関わっていると考えます。
ある医薬品メーカーのサイトを見てみると、低体温から現れる症状として、以下のように挙げられています。
・肩や腰の凝り、張り
・便秘や下痢
・頭痛
・月経痛、PMS、月経不順、不妊、子宮筋腫、子宮内膜症、更年期障害
・眼精疲労
・関節の痛み
・むくみ
・心臓や脳の血管障害
・肥満のような生活習慣病
・薄毛や白髪
・肌のシミ、しわ、たるみ、
・目の下のクマ
・眠れない、朝起きられない
・疲労感、だるさ、やる気が出ない
漢方では、これらは全て、「陽虚」で説明がつきます。

続きを読む »

潰瘍性大腸炎②

50代女性
主訴:潰瘍性大腸炎

現病歴:2年前の6月に診断された。それまでも出血していたが痔だと思っていた。今はアサコール9錠/日とビオスリーで寛解。血液検査に異常なし。肉眼的血便(-)だが、医師からは「潜血があると思う」と言われている。便は朝に2~3回、昼食後はお腹がゴロゴロ鳴り、何度もトイレに行く。夕方くらいに少し落ち着く。夕食後は行ったり行かなかったり。夜中は2回ほど。便の匂い(+)。排便後に疲れる、肛門にヒリヒリした痛みがある。

続きを読む »

にきびにササヘルス

クマザサ2


続きを読む »

コロナ後の咳・痰

30代女性
主訴:コロナ後の咳と痰

現病歴:コロナに感染してから20日くらい経った。コロナの時は熱はあまり出ず、のどの痛みと咳が主な症状だった。その後、のどの調子が戻らない。今は、違和感があり、咳が出る。痰は出せないが、のどの奥にへばりついている。やや乾燥感(+)。痛みが少しある。息は最後まで吸える。

続きを読む »

新型コロナウイルス感染症④

50代のご夫婦、10代のお子さん
主訴:新型コロナウイルス感染症

現病歴:
家族3人がコロナに感染した。薬が欲しい。
(お母さん)38℃超の発熱。ロキソニンで下がる。咳が出る。のど痛なし。初期に麻黄湯服用。
(息子さん)唾を飲み込むのも辛いほどのどが痛い。38℃超の高熱、熱が上がるとさむけ(+)。
(お父さん)37℃程度の微熱がずっと続く、体がだるい、しんどい。食欲がないが、出されたら食べる。少し便が緩い。嘔気(-)。咳少しあるが、眠れないほどではない。さむけ(-)。胃の痞え(-)。喜冷飲(±)、口渇(+)。頭痛(+)。

続きを読む »

潰瘍性大腸炎①

50代女性
主訴:潰瘍性大腸炎

現病歴:3年前の12月に潰瘍性大腸炎を発症。軽度の出血、下痢があり判明。アサコール10日間で発熱。他薬で倦怠感。ステロイドで治癒。2年前の3月に再発。5か月間ステロイドを服用後、アサコールに変更。今年に入ってから症状(+)。大腸ファイバー検査で軽度の炎症があると言われた。現在アサコール1錠/日。
    トイレは朝2~4回、夜1回、就寝後1回。腹痛あまりなし。粘液と血液の割合不明。便に混じる血液の色は鮮やか。便の色は少し黒っぽいときもある、薄い色ではない。便の形はほとんどの場合ないが、形があるときもある。ニンニクで悪化。旅行で症状少なくなる。曇天、お風呂で変化なし。症状があるとき、お腹を擦る。

続きを読む »

瓊玉膏の記事一覧

続きを読む »

瓊玉膏について④(虚弱体質)

瓊玉膏は、生まれつきの虚弱体質、年齢を重ねてからの虚弱体質のどちらでも服用することができます。
虚弱体質の方の体の状態と、瓊玉膏の作用について説明します。
続きを読む »

腰痛

40代女性
主訴:手足のしびれ

現病歴:1か月ほど前の長時間の会議の後から腰に違和感が出た。会議中は特にクーラーが強いということはなかった。3~4時間座りっぱなしだった。
    3日前からひどくなった。整骨院で「ぎっくり腰になりかけ」と言われた。
    腰を反らせると痛い。一定の姿勢で痛くなる。ずーんとした痛み。刺すような痛みではなく、脹ってるような痛みでもない。ロキソニンでマシになる。朝イチの方がひどい。動くと少しマシになる。しびれがあった。お風呂でマシにならない。さすると気持ちいい。

続きを読む »

柴葛解肌湯について

柴葛解肌湯がコロナに効くとか何とか話題になっていますね。
かぜやインフルエンザの様な症状に対する柴葛解肌湯の使い方について少しお話しします。

続きを読む »

口内炎にはササヘルス

クマザサ1


続きを読む »

夏期休業期間のお知らせ

お茶素材 220728

2022年7月28日(木)

漢方薬局ハレノヴァの夏期休業期間をお知らせいたします。

夏期休業期間:8月11日(木)~8月15日(月)

休業日もメールでのお問い合わせは受け付けておりますが、お返事は翌営業日以降となります。
また、オンラインショップの発送業務も停止いたしますので、予めご了承ください。

ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願いいたします。