女性の更年期障害について

更年期とは、40代半ばから50代半ばを指し、閉経が近づく、もしくは閉経したことにより、体のバランスが大きく崩れる時期です。今までと違った状態に体が慣れるまで、いろいろな症状が出てしまいます。
頭部に出る症状としては、頭痛、めまい、ほてり、のぼせなど。
精神神経症状では、動悸、発汗、不眠、不安感、イライラ、うつなど。
消化器の症状では、吐き気、下痢、便秘、胃もたれ、胸やけなど。
運動器の症状では、肩こり、腰痛、関節痛、しびれ、手指の痛み・変形など。
その他、月経異常、尿失禁、性交痛、息切れ、倦怠感、むくみ、のどの渇き、ドライアイなど、様々です。

地黄5

西洋医学では、のぼせや発汗、不眠、うつがひどい場合にホルモン補充療法を行うことがあります。
西洋医学では、治療のガイドラインが定められていて、それに沿った治療を行うことが多いですが、漢方では、全ての方に同じお薬を使うことはありません。
その方に合った漢方薬をお選びするために、じっくりとお話をお聞きすることになります。

更年期障害の様な症状でも、他の病気を否定する必要がありますが、その中で代表的なものは甲状腺疾患です。
甲状腺機能が亢進すれば、ほてり、のぼせ、頭痛、動悸、発汗、焦り、下痢などが現れることがあり、逆に甲状腺機能が低下すれば、不眠、うつ、便秘、胃もたれ、胸やけ、息切れ、むくみなどが現れることがあります。
更年期は甲状腺疾患が発症しやすい年齢のため、注意が必要です。
甲状腺疾患が疑われる場合は、まずは受診なさるのをおすすめいたします。

さて、更年期には、どのような体の変化があるか、漢方ではどう考えるかをご説明します。
女性は7の倍数の年齢(7歳、14歳、21歳……)で体が変化するとお聞きになったことがあるかもしれません。
漢方では、7×7=49歳で月経が止まるとされています。この時期になると、体の中の気・血・精の減少や停滞が体の症状として現れるのですが、気・血・精の各々の変化が個人によってバラバラなため、ひとによって症状が変わることになります。

○気は体を動かすエネルギーの働きがあるため、気が減っている方は、倦怠感や息切れなど、体が疲れたような症状が出ることが多いです。この場合、人参や黄耆などを中心にお薬を選びます。
 気は「気分」の気でもあり、気の流れが悪くなっている方は、感情面の症状として、イライラ、うつなどが出やすくなります。また、気の流れが悪くなり、消化器が動きにくくなると、吐き気や便秘、胸やけなどが起こります。この場合は、気を動かす柴胡、枳実などが含まれるお薬を選びます。

○血は体を潤すはたらきや、体の冷却水としてのはたらきがあるため、血の不足や滞りがあると、体の一部分に乾燥や熱の症状が出てきます。乾燥の症状としては、のどの渇き、ドライアイなどが、熱の症状としては、ほてりやのぼせ、動悸、発汗などの症状が出ることがあります。血が不足している場合は、地黄や当帰など、血の流れが悪くなっている場合は、牡丹皮や桃仁などが含まれる薬を選びます。

○精は生命力の源であり、体の発育や骨、脳などに深く関わります。老化現象は精の不足として説明できることが多く、年齢とともに誰もが精は減少していきますが、更年期には症状として顕著に現れることが多くあります。精の不足によって起こる症状は、耳鳴り、髪が細く薄くなる、歯がぐらつく、腰や膝が重だるいなどです。
 精が不足している場合、熟地黄や鹿茸、亀板などが含まれるお薬を選びます。

と、ここまでお話してきましたが、実際には、ある症状の原因は1つだけではありません(例えば、頭痛なら、気の停滞、血の不足、血の停滞、水の停滞など様々な病態で起こります)。
上で説明した症状と体の状態の結びつきは、典型的なもの、代表的なものとお考え下さい。
お話をお聞きした上で、体のバランスがどう崩れているのか判断いたします。

更年期の方で、様々な不調にお悩みの方は、一度、ご相談ください。

※文字化け防止のために、「病だれ+於」を「於」に、置き換えています。

漢方薬局ハレノヴァ

TEL: 06-6312-8429

大阪市北区末広町3-21 扇町センタービル1F

ご相談予約

症状・病気別漢方

婦人科
PMS(月経前症候群)について:https://halenova.com/blog/?p=3297

子宮筋腫について:https://halenova.com/blog/?p=4819

続きを読む »

症例

婦人科:https://halenova.com/blog/?cat=41

消化器:https://halenova.com/blog/?cat=28

続きを読む »

腰痛

40代女性
主訴:手足のしびれ

現病歴:1か月ほど前の長時間の会議の後から腰に違和感が出た。会議中は特にクーラーが強いということはなかった。3~4時間座りっぱなしだった。
    3日前からひどくなった。整骨院で「ぎっくり腰になりかけ」と言われた。
    腰を反らせると痛い。一定の姿勢で痛くなる。ずーんとした痛み。刺すような痛みではなく、脹ってるような痛みでもない。ロキソニンでマシになる。朝イチの方がひどい。動くと少しマシになる。しびれがあった。お風呂でマシにならない。さすると気持ちいい。

続きを読む »

柴葛解肌湯について

柴葛解肌湯がコロナに効くとか何とか話題になっていますね。
かぜやインフルエンザの様な症状に対する柴葛解肌湯の使い方について少しお話しします。

続きを読む »

口内炎にはササヘルス

クマザサ1


続きを読む »

夏期休業期間のお知らせ

お茶素材 220728

2022年7月28日(木)

漢方薬局ハレノヴァの夏期休業期間をお知らせいたします。

夏期休業期間:8月11日(木)~8月15日(月)

休業日もメールでのお問い合わせは受け付けておりますが、お返事は翌営業日以降となります。
また、オンラインショップの発送業務も停止いたしますので、予めご了承ください。

ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願いいたします。

手足のしびれ(肘部管症候群)

70代女性
主訴:手足のしびれ

現病歴:(足のしびれ)1か月半ほど前から症状。足を曲げ、畳に座って、1時間してから立つと、お尻から太ももの筋肉が痛い。疲れがたまると強くなる。ジムでトレーニングしている最中は症状なし。夕方に(+)、ひどい時は夜中も(+)。目覚めた時は(-)、動き出すと(+)。
    (手のしびれ)1か月ほど前から症状。整形外科でレントゲン撮影し、肘部管症候群と診断。手術を勧められた。目覚めた時は(-)、動き出して1時間くらいで(+)、重たい物を持たなくても(+)。昼から夕方にかけて徐々に悪化するが、夕方~夜は横ばい。お風呂からあがってすぐに冷やしてみたが変化なし、ひどくもならない。

続きを読む »

皮膚のかゆみ(じんましん)

30代女性
主訴:皮膚のかゆみ

現病歴:(初夏に来店)1か月ほど前に月初めに耳の後ろと後頭部の生え際のかゆみが出てきた。皮膚科でステロイドの外用薬をもらって治癒。翌週、腕の内側にプツプツと湿疹が出てきた。皮膚科でステロイドの外用薬と抗アレルギー薬をもらい、1週間塗布、服用で治癒。
    ずっとステロイドを塗るのも嫌なので、1週間前に薬を中止すると、4日後に再発。前よりプツプツはなくなり、かゆみが主。寝てる間も掻いていて、背、腰、耳の奥、デリケートゾーンもかゆみが出てきた。あちこちがかゆい。
    朝に起きた時からかゆいが、仕事中はほとんど気にならず、夕方に家に帰るとまたかゆい。

続きを読む »

生理痛について

生理痛がある方の割合はどれくらいかご存知ですか。ひどい生理痛がある方が3割程度、軽い生理痛や時々ある方を含めると、8割近くの方が生理痛を経験しています。
今では、生理痛はあるのが“普通”になってしまっていますが、本来はないものです。
生理痛があるのは、心や体のバランスが崩れている徴候と考えることができます。
次に、漢方の考え方では、生理痛をどう判断するのか、お話しします。

続きを読む »

咳・のどの違和感(副鼻腔炎)

40代女性
主訴:咳・のどの違和感

現病歴:一か月前から鼻がずるずる出て、耳鼻科受診。副鼻腔炎と診断。PCR陰性。抗菌薬処方された。
    その後、のどに違和感が出て再度受診。鼻からのどにきている(後鼻漏?)と診断。膿を出してもらい、抗菌薬処方された。
    抗菌薬を服用している1週間は、すこしマシかなあくらい。
    咳だけ残った。
    のどにひっかかるような感じ。痰が絡んでいる感じがあるが、ほとんど出てこない。出てきた痰は透明ではなく、少し色がついている。朝の方が咳が出る。のどの乾燥感なし。

続きを読む »

口内炎について

口内炎ができると、せっかくの食事が楽しめなかったり、痛みや違和感が気になってイライラしたり
口内炎は、誰でもできるものですが、できるとなかなか治らない、何度も繰り返す方は、体のバランスが崩れていると考えられます。

続きを読む »

老人必用養草15(身体の補養について3)

香月牛山

引き続き『老人必用養草(ろうじんひつようやしないぐさ)』を紹介します。
この本は香月牛山(かつきぎゅうざん)が1716年に著した本です。
老人の養生、老人への接し方など現代にも通じるいろいろな教訓が書かれていて、今読んでもためになります。

今日は身体の保養に関する部分を抜粋して読んでみます。

続きを読む »

妊娠希望

30代女性
主訴:冷え症、妊活中で体質を改善したい

現病歴:手足の冷え症で、夏でも冷える。お風呂に入ると、太もも、お腹、腰まわりも冷えていたとわかる。夏よりも冬が苦手。体温36℃台前半、昔は35℃台だったが、くつ下を履いたり、湯船にしっかり漬かるのを習慣にしてから少し上がった。基礎体温は高温期が36.7℃を越えたことがない、きれいな二相にならずガタガタ。36℃台後半になると、微熱のように体が感じる。妊活を始めて半年で、薬はまだ服用していない。流産経験なし。

続きを読む »

気力がわかない

40代女性
主訴:気力がわかない
現病歴:(8月に来店)活力がわかない。食欲がない。頭が少しボーっとして、考えがまとまらず、寝不足の延長のような感じ。
続きを読む »

慢性胃炎・逆流性食道炎

50代女性
主訴:慢性胃炎・逆流性食道炎
現病歴:胃カメラで指摘された。自分ではストレスが関係しているように思う。食欲低下(+)、食後にみぞおちの痛み(+)、のどが灼ける感じ(-)、肉で胃もたれ(±)。市販のガスター10を服用すると楽にはなるが、飲まなくなり、また痛む。

続きを読む »

膝の打撲

40代男性
主訴:膝の打撲
現病歴:運動をしていて、バランスを崩してこけて、アスファルトに膝をぶつけた。直後は歩けたが、数時間後から痛みが強くなり、今日は歩くのも辛い。
続きを読む »

基礎体温に関わるご相談(妊活など)が便利になりました

基礎体温表や体調変化を記録することができるアプリ「ルナルナ」
このルナルナで記入した基礎体温表を、こちらの担当者が見れるよう設定できるようになりました。
基礎体温表を一緒に見ながら、前回来店時からの振り返りや今後の方針についてお話しする時などに活用しています。
生活習慣の見直しや、きめ細やかな漢方薬の調整などがしやすくなるメリットがあります。

続きを読む »