前立腺肥大について

前立腺肥大は、尿を出す、溜める、出した後の3つに関する症状が現れます。
出すことに関する症状として、尿の勢いが弱い(尿が分かれて出る)、出始めるまでに時間がかかる、尿が分かれる、尿が一度に出きらない、尿をするときに力まなければならないなどが現れます。尿道の周りにある前立腺が大きくなることで、尿道が圧迫され、このような症状が現れます。
溜めることに関する症状として、頻尿、急にトイレに行きたくなる、漏れてしまうなどが現れます。
出した後の症状として、残尿感や下着に尿がついてしまうなどがあります。

漢方では、於血(おけつ;血の滞り)、湿熱、脾や腎の弱りなどが関連して起こるとされています。
表面的には於血と考えられても、於血をつくる原因を考えないといけません。於血は必ず2次的なものであり、於血を引き起こす原因があると考えます。原因として、気滞、湿熱、脾気虚、腎陽虚などを考え、体質的なものでなければ、食事、睡眠、運動が深く関わっています。
尿の症状が強い場合は、湿や熱が絡んでいることが多いです。こちらも、原因を考え、その原因と共に対処することで、効果が上がります。
1人の中でも、いろんな要因が絡んで症状が出ていますが、タイプ別に分けてみると、以下のようになります。

人参7

脾(≒消化管)が弱いタイプでは、尿や下腹部の症状として、小便がポタポタ漏れる、スッキリしない、下腹部が脹って重い、力まないと尿が出ないなどが現れます。
他にも、体がだるく、呼吸が浅い、呼吸促迫、言葉に力がない、さむけがある、顔色が黄白色、食欲不振、あるいは脱肛、淡白舌、白苔、脈沈細弱などの症状が現れます。
このタイプには、胃腸を強くする薬を基本に、利水薬を加えていきます。

腎が弱いタイプでは、尿の症状として、頻尿、スッキリしない、ポタポタ漏れるなどが現れます。他に、めまい、頭がはっきりしない、耳鳴り、足腰が重くだるいなどの症状が現れます。
このタイプはさらに、2つに分かれます。
体の冷却水が不足しているタイプでは、不眠、多夢、喉が渇く、口が乾燥する、手足がほてる、舌が赤く苔が少ないなどの症状が現れます。こういった方には、腎の潤いを増やすお薬を基本にして、少し熱を冷やす薬と血の巡りを良くする薬も加えます。
体の熱が不足しているタイプでは、精神的な疲れ、手足が冷える、冷えた環境や飲食物が嫌い、顔色が悪い、舌が白っぽいなどの症状が現れます。こういった方には、腎を温める薬を基本にして、利水薬や血の巡りを良くする薬を加えます。

不要な水と熱が下腹部に溜まっているタイプでは、尿や下腹部の症状として、頻尿、尿が黄色く灼熱感あるいは渋って痛い、もしくは小便が出ない、下腹部が脹って落ち込むあるいはひきつれる、脹って痛むなどが現れます。この他に、口が苦く粘る、便秘、舌が紅い、苔がべっとりしているなどの症状が現れます。
このタイプには、湿熱を除く薬か、熱が強く感じられれば、そこへ炎症を抑える薬を加えます。

血流が悪くなっているタイプでは、尿や下腹部の症状として、小便がスムーズに出ない、下腹部が脹って落ち込むあるいはひきつれるあるいは脹って痛む、血尿があるなどが現れます。他に、舌が暗い紫、脈が渋あるいは弦などの症状が現れます。
このタイプには、血の流れを良くしながら同時に炎症をとる薬を使います。

上に記した通り、これらが混ざったタイプがあり、症状やその程度を聞いて、どの薬を多く使うかを決めていきます。

症状のうち、残尿感や頻尿には、水の摂り過ぎが関わっている場合があります。
「健康の為に」「血液をさらさらに」などの理由で喉が渇いてもいないのに水分を摂取しすぎている人は、まず、水分摂取量を減らしてもらいます。水はけのよい体質の人は多めに水分を摂取しても構わないのですが、日本は湿度の高い気候であり、さらに日本人のほとんどは、水はけの悪い体質です。水分の過剰摂取で尿の症状が出ていることがあるので、症状から判断して、水滞になっている人は、薬と一緒に、そういった生活の改善をしてもらいます。
この他、ご本人が気づいていない、於血、湿熱の原因となる生活習慣や、脾、腎によい食事についてアドバイスすることもあります。

お困りの方は、男性の薬剤師が対応いたしますので、一度ご相談ください。

※文字化け防止のために、「病だれ+於」を「於」に置き換えています。

漢方薬局ハレノヴァ

TEL: 06-6312-8429

大阪市北区末広町3-21 扇町センタービル1F

ご相談予約

症状・病気別漢方

症例

しびれ・知覚鈍麻について

正常な人でも、正座を長時間した後に、しびれを感じることがあります。慢性的に血行不良が続いたり、一時的な血行不良のあと、一部血流が再開すると、しびれを感じます。
漢方でも、しびれや知覚のマヒは、症状のある部分に気血(エネルギーや血液)が届かなくなって起こると考えます。
続きを読む »

年末年始休業日のお知らせ(2023~24年)

19052301

2023.12.16(土)

漢方薬局ハレノヴァの年末年始休業日をお知らせいたします。

年末年始休業期間:2022年12月29日(金)~2023年1月4日(木)

期間中、メールでのお問い合わせは受け付けておりますが、お返事は2023年1月5日(金)以降となります。
また、休業期間中はオンラインショップの発送業務も停止いたしますので、予めご了承ください。

ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願い申し上げます。

コロナ後の不調(体のだるさ、痰・喉の違和感)

40代男性
主訴: コロナ後の体のだるさ、痰、喉のイガイガ

現病歴:
 午前中は動けるが、午後からしんどくなる。体を動かした後や、仕事に集中するとだるくなる。昼食後は眠たい。夕方も時に寝たい。休日も不変。
 咳はでないが、痰が出る。透明で粘っこい。たまにのどにへばりついている。
 のどのイガイガは朝はマシで夕方になるにつれて悪化。
 コロナは1ヶ月前になった。初めは強い寒気、発熱37.5℃、水様便2~3日。その3日後に強いのど痛。さらに4日後に痰、咳だけ残った。

続きを読む »

病気になりにくい体・再発しにくい体について④(治療薬・健康を保つための薬)

人参5

前回、邪を防ぐ、邪の発生を予防するための方法をお話ししました。
今回は、漢方薬にも、治療のための薬、健康を保つのための薬があることについてお話しします。

続きを読む »

病気になりにくい体・再発しにくい体について③(邪への対処)

牛黄2

前回、正気を強くするためにはどのような方法があるかお話ししました。
では、邪を防ぐ、邪の発生を予防するにはどうすればよいでしょうか。
1,邪を細菌やウイルスとする場合、2,気候や環境とする場合、3,気血水の滞りとする場合に分けて考えてみます。

続きを読む »

病気になりにくい体・再発しにくい体について②(正気を強くする)

瓊玉膏300g8 沈香

前回、病気にならないためには、正気を強くするか、邪の侵入を防いだり、邪を体に溜め込まないようにするかどちらかという話をしました。
では、正気を強くするにはどうすればよいか。
正気を強くするには、正しい食事と睡眠をとる、治療のための薬ではなく保健のための薬を飲む、体の熱や冷えのバランスを整える、五臓(肺心脾肝腎)のバランスを整えるなどが必要です。

続きを読む »

病気になりにくい体・再発しにくい体について①(正気と邪)

防已3

病気になりたくないのは、全ての方に共通している思いではないでしょうか。
(むしろ病気になりたいという方は、深淵な哲学をお持ちの方か、探究心を窮めた狂気じみた方か、芯の図太い徹底した天邪鬼だと思います。)
では、病気になりにくい体、病気が再発しにくい体を目指すためにはどうすればよいでしょうか。
漢方の視点、治療薬、保健薬、生活習慣、心、いろいろな面からどうすればよいかを考え、何回かに分けてお話ししていこうと思います。

続きを読む »

夏季休業期間のお知らせ(2023)

8月のたぬき

2023年8月10日(木)

漢方薬局ハレノヴァの夏期休業期間をお知らせいたします。

夏期休業期間:8月11日(金)~8月16日(水)

休業日もメールでのお問い合わせは受け付けておりますが、お返事は翌営業日以降となります。
また、オンラインショップの発送業務も停止いたしますので、予めご了承ください。

ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願いいたします。

瓊玉膏について⑥(更年期)

更年期の悩みは、パートナーの方など周りに理解されないことも多く、一人で抱え込んでしまうこともあります。
現在は、更年期症状が出る年齢が早まっている方も少なからずいらっしゃって、そういった方は、世間一般にいう更年期の年齢ではないため、一層、理解を得られにくくなっています。

続きを読む »

車酔いからくる手足のしびれ

40代女性
主訴:車酔い・手足のしびれ

現病歴:
 前日バスで酔った。以前からあるが、車酔いで胃の違和感、胃のしびれが出て、その後、手足がしびれ、体が硬直して動かなくなる。
 明日から車を運転して、出かける予定なので、何とかしたい。
 今日は食べられるがムカムカしている。頭に霞がかかったよう。手足の冷え(-)。喜冷飲。ムカムカと頭の症状同程度。

続きを読む »

こむら返り・便秘

70代男性
主訴:#1こむら返り・#2便秘

現病歴:
#1ゴルフをしていると後半に足がつる。芍薬甘草湯を飲んで、以前は効いていたが、効かなくなった。夏もつる。つりやすい時間帯はない。足に毛布をくるんで寝ると多少マシ。
#2直腸がん切除後から排便障害あり。酸化マグネシウムで便通がある。出が悪く、ガスも溜まる。便秘で胸が悪くなる。

続きを読む »

回春仙について③(気付け)

回春仙は、13種類の生薬を配合し、心臓の症状以外にも応用できる漢方薬です。
1丸が小さいため服用しやすく、瓶も小さいので持ち運びやすいのが特徴です。
症状があるときに服用する、頓服薬としてとても便利な漢方薬です。
今回は、気付けに対する効果についてお話します。
続きを読む »

過敏性腸症候群(IBS)について

過敏性腸症候群(IBS)は、腹痛や便通の異常があり、数ヶ月にわたって慢性的に続く病気です。
人によって、便秘だけ、下痢だけが続いたり、便秘と下痢を交互に繰り返すこともあります。
症状が強いと、電車に長時間乗れず、トイレがない車両だと不安だったり、緊張する場面になるとすぐにお腹が痛くなり、トイレに何度も駆け込むなど、生活に支障をきたすこともあります。
漢方では、どう考えて薬を決めていくのか、次にご紹介します。
続きを読む »

回春仙について②(やる気の低下・頭がぼーっとする)

回春仙は、13種類の生薬を配合しており、気(≒エネルギー)や陰(機能亢進過剰を抑えるもの)などをバランスよく補充できる漢方薬です。
1丸が小さいため服用しやすく、瓶も小さいので持ち運びやすいのが特徴です。
症状があるときに服用する、頓服薬としてとても便利な漢方薬です。
今回は、やる気の低下・頭がぼーっとするのを改善するはたらきについてお話します。
続きを読む »

回春仙について①(動悸・息切れ)

回春仙は、13種類の生薬を配合しており、気(≒エネルギー)や陰(≒機能の亢進しすぎを抑えるもの)などをバランスよく補充できる漢方薬です。
1丸が小さいため服用しやすく、瓶も小さいので持ち運びやすいのが特徴です。
症状があるときに服用する、頓服薬としてとても便利な漢方薬です。
今回は、動悸・息切れに対する効果についてお話します。
続きを読む »