子宮筋腫について

子宮筋腫は子宮にできる良性の腫瘍です。良性とは、腫瘍自体が大きくなるスピードが遅く、周りに広がらず、転移しないものを指します。

エストロゲン(卵胞ホルモン)の影響によって大きくなるので、エストロゲンが放出されなくなる閉経後は小さくなる傾向があります。

筋腫が小さいうちは、無症状のことが多いですが、筋腫が大きくなってくると、月経量が多くなったり、月経痛がひどくなったりします。
他にも、月経量が多いことから貧血が起こったり、筋腫が膀胱や大腸を圧迫して頻尿や便秘になったり、不妊症の原因になることもあります。

桃仁5

 漢方では、子宮筋腫は於血(おけつ:スムーズに流れず滞った血)もしくは痰飲(たんいん:正常な働きと動きを失った体内の水)と考えます。血や水の塊のため、体の外へ排出するために、ほぐして動きやすくして流せばよいのです。理屈は簡単ですが、すべての人に効果がある万能の薬はないため、普段の生活や体質についていろいろと質問することで、適切なお薬を選びます。
 於血や痰飲は血や水の滞りなので、その滞りの原因に関しては、血や水を流す力が弱いのか、体が冷えて血や水が流れにくくなっているのか、血や水を流す力がうまく働かないのか、体内の水の過剰が影響しているのかなどを考えます。原因にアプローチしながら、滞りを解消する薬を服用してもらいますが、血の滞りを取る薬は、体力が弱い方だと、腹痛や下痢を起こしたり、疲れやすくなったりするため、体力を考慮しながら割合を決めたり、時には、体力をつけてから血の滞りを取る薬を服用してもらうこともあります。

 普段の生活では、於血や痰飲を作らないために、脂っこいものや濃い味、乳製品を控えめにしてもらったりします。体は食事によって作られるため、大変重要です。

 注意していただきたいのは、大きくなった筋腫では漢方薬の効果が悪くなるため、やはり、早めに手を打つことが大切という点です。医師から手術をすすめられる段階になると、難しいことも多く、そのまま閉経まで手術しないで済むように維持するのが精いっぱいです。筋腫が小さい時に漢方を服用し、ある程度、於血や痰飲が取れたら、漢方薬を少量続けることで大きくなるのを防ぐ方法のほうが、うまくいくことが多いです。

 悩んでいる方は、一度、ご相談いただければと思います。

※文字化け防止のために「病だれ+於」を「於」に置き換えています。

漢方薬局ハレノヴァ

TEL: 06-6312-8429

大阪市北区末広町3-21 扇町センタービル1F

ご相談予約

症状・病気別漢方

婦人科
PMS(月経前症候群)について:https://halenova.com/blog/?p=3297

子宮筋腫について:https://halenova.com/blog/?p=4819

続きを読む »

症例

婦人科:https://halenova.com/blog/?cat=41

消化器:https://halenova.com/blog/?cat=28

続きを読む »

妊娠希望

30代女性
主訴:冷え症、妊活中で体質を改善したい

現病歴:手足の冷え症で、夏でも冷える。お風呂に入ると、太もも、お腹、腰まわりも冷えていたとわかる。夏よりも冬が苦手。体温36℃台前半、昔は35℃台だったが、くつ下を履いたり、湯船にしっかり漬かるのを習慣にしてから少し上がった。基礎体温は高温期が36.7℃を越えたことがない、きれいな二相にならずガタガタ。36℃台後半になると、微熱のように体が感じる。妊活を始めて半年で、薬はまだ服用していない。流産経験なし。

続きを読む »

気力がわかない

40代女性
主訴:気力がわかない
現病歴:(8月に来店)活力がわかない。食欲がない。頭が少しボーっとして、考えがまとまらず、寝不足の延長のような感じ。
続きを読む »

慢性胃炎・逆流性食道炎

50代女性
主訴:慢性胃炎・逆流性食道炎
現病歴:胃カメラで指摘された。自分ではストレスが関係しているように思う。食欲低下(+)、食後にみぞおちの痛み(+)、のどが灼ける感じ(-)、肉で胃もたれ(±)。市販のガスター10を服用すると楽にはなるが、飲まなくなり、また痛む。

続きを読む »

膝の打撲

40代男性
主訴:膝の打撲
現病歴:運動をしていて、バランスを崩してこけて、アスファルトに膝をぶつけた。直後は歩けたが、数時間後から痛みが強くなり、今日は歩くのも辛い。
続きを読む »

基礎体温に関わるご相談(妊活など)が便利になりました

基礎体温表や体調変化を記録することができるアプリ「ルナルナ」
このルナルナで記入した基礎体温表を、こちらの担当者が見れるよう設定できるようになりました。
基礎体温表を一緒に見ながら、前回来店時からの振り返りや今後の方針についてお話しする時などに活用しています。
生活習慣の見直しや、きめ細やかな漢方薬の調整などがしやすくなるメリットがあります。

続きを読む »

子どものコロナウイルス感染症

デルタ株が主流だった頃は、子どもはほとんど感染しませんでしたが、オミクロン株では、子どもの中でも感染が広がっています。
症状としては、下痢などの消化器症状が多いようです。
消化器症状が出る感染症は、湿邪が絡んでいると考えます。

続きを読む »

女性の更年期障害について

更年期とは、40代半ばから50代半ばを指し、閉経が近づく、もしくは閉経したことにより、体のバランスが大きく崩れる時期です。今までと違った状態に体が慣れるまで、いろいろな症状が出てしまいます。
頭部に出る症状としては、頭痛、めまい、ほてり、のぼせなど。
精神神経症状では、動悸、発汗、不眠、不安感、イライラ、うつなど。
消化器の症状では、吐き気、下痢、便秘、胃もたれ、胸やけなど。
運動器の症状では、肩こり、腰痛、関節痛、しびれ、手指の痛み・変形など。
その他、月経異常、尿失禁、性交痛、息切れ、倦怠感、むくみ、のどの渇き、ドライアイなど、様々です。

続きを読む »

下痢

30代女性

主訴:下痢

現病歴:主に夕食後、たまに昼に下痢をする。2日に1回かそれより少ない程度。季節関係なし。あっさりした食べ物を食べても(+)。腹痛はたまに(+)。休みの日も(+)。食べ過ぎで起こりやすい。生理前は下痢しやすい。

続きを読む »

コロナ後の不調

40代女性
主訴:コロナ回復後、ものが飲み込みにくい、やる気が出ない

現病歴:コロナ発症時は熱と頭痛があったが、ロキソニンを飲んで、今は熱も頭痛もない。喉につっかかるものがある程度で、喉が痛い訳でもない。ただ、喉の詰まりで物が飲み込みにくい。微熱はない。息の吸い込みにくさ(-)。熱感(-)。喜冷飲(-)。やる気が出ない。

続きを読む »

ゴールデンウィーク営業日のお知らせ

19061801

2022.4.5(火)

続きを読む »

陰部のかゆみについて

陰部のトラブルは、悩んでいてもなかなか人に言い出せないことが多いです。
その上、どこで相談すればいいかわからないなどの理由もあり、我慢してしまう人が多くいらっしゃいます。

女性、男性の陰部の痒みには、汗や経血・おりものなどで蒸れる、逆に乾燥して皮膚が敏感になる、下着や生理用品が擦れて刺激となるなど感染症以外の原因と、カンジダやクラミジアなどの感染症が原因のことがあります。

続きを読む »

子宮筋腫

40代女性

主訴:子宮筋腫

現病歴:婦人科で子宮筋腫を指摘された。すぐに手術を勧められるほどではない大きさ。月経過多(-)。周期22~23日。期間3日ほど。経血量少なめ。塊(+)。生理痛(-)。月経前の症状は全体的に重くない。

続きを読む »

新型コロナウイルス感染症③

30代男性

主訴:新型コロナウイルス感染症

〈1日目〉
2022年2月中旬
昼の休憩中、寒いと感じた。ゾクッとは来ていない。
その後、胸から心下にかけて詰まる感じ。胃の裏の高さ、膀胱経の筋肉が詰まって痛い。寒気が少しある。右寸脈やや沈やや弦。汗無し。
→桂枝去芍薬加附子湯
全く変わらず。

続きを読む »

花粉症

40代女性

主訴:花粉症

現病歴:いつも抗アレルギー薬を服用する。飲んだ方がマシになるが、完全には症状が治まらない。

続きを読む »