老人必用養草8(季節の養生について1)

香月牛山

引き続き『老人必用養草(ろうじんひつようやしないぐさ)』を紹介します。
この本は香月牛山(かつきぎゅうざん)が1716年に著した本です。
老人の養生、老人への接し方など現代にも通じるいろいろな教訓が書かれていて、今読んでもためになります。

今日は「四時の保養の説(季節ごとの養生)」の中の春、夏に関する部分を抜粋して読んでみます。


【原文】
・春三月の時を『素問』に「発陳」といひて、故をひらき新に従ふ時なれば、「蚤に起て、広く庭に歩て、形を緩す」とあり。しかれども、正二月の間は、いまだ余寒烈しければ、老人はおそく起て寒を恐れて庭に出る事なかれ。三月の初つかたよりは、漸々に陽気さかんにして天気和暖なり。此時に至りては、老人も蚤に起て広く庭を歩行し、草木の芽の舒長して青々たる嬾葉を見て心を和楽にすべし。これ春の気に相応するの事にして、生を養ふの為にかなふなるべし。

・夏三月を『素問』に「蕃秀」と云て、陽気の盛んなる事極り、葉物みな茂り秀る時なれば、蚤に起て長日を惰る事なく、志をして怒る事なからしめよ。怒ときは、肝木の気逆上して脾土をやぶる。「これ夏の時長を養ふの為なり」といへり。ことに老人は虚火たかぶりて怒やすし。つつしむべき事なり。

・夏のときは極熱にして万の物みな損じやすき也。此とき老人は飲食をつつしみ、脾胃を養ふべし。極熱の時は、甜瓜、西瓜、冷麺、葛の水線、菉豆の麺條など少食ふときは、熱を解して快し。おほく食する事なかれ。夏月は伏陰内にありとて、人の臓腑かへつて冷る時なれば、上にいふ所の冷物脾胃をやぶるなり。少き食ふときは、暑気を払ひてよし。おほく食ふ時は損有。能々心得べき事なり。

・暑熱の時、高貴の人、富ある人は、涼台や水館とて、陰木のもとに楼閣をかまへ、水上にかけ作して鈎殿をもうけ、涼を納るの便とする類おほし。貧しき人もその程々にしたがひて、木の枝に竹木を架し、床をなして、涼み棚などいひて涼を納る事なり。(中略)老人かくのごときの所に長居をすれば、おぼえず元気耗散し、水湿の気にうたれ、冷気透りて病を生ず。


【訳文】
・春の三か月を『素問ソモン』では「発陳ハッチン」と言って、古く固まったものを去って新しいものに従う時なので、「早く起きて庭を広く歩き、体をほぐす」とある。しかし、1月2月の間は、まだ余寒が激しいので、老人は遅くに起きて冷えを避けて庭に出ない方がよい。三月の初めからは、だんだんと陽気が増え天気が和やかで暖かい。この時になったら、老人も早く起きて庭を広く散歩し、草木の芽が伸びているところや、青い若葉を見て、心を穏やかにする。これが春の季節に応じることで、命を養うために適していることである。

・夏の三か月を『素問』では「蕃秀バンシュウ」と言って、陽気が極めて盛んで、草木の葉は全てよく茂る時なので、朝早くに起きて日を怠惰に過ごさず、志をもって怒らないようにしないといけない。怒ると、肝木の気が逆上して脾土を傷つける。「これ夏の日長を養うためである」という。特に老人は陰が少なく、虚火が昂って怒りやすい。注意すべき事である。

・夏は極めて暑く、全ての物が傷つきやすい。この時分には老人は飲食を節制し、胃腸を養う。極めて暑い時は、まくわうり、すいか、冷や麦、葛切り、緑豆の麺などを少し食べることで、熱を冷まして快くなる。たくさん食べてはいけない。夏は伏陰が内にあり、人の臓腑はかえって冷えるときなので、上に言う冷えた物は胃腸を傷つける。少し食べるときは暑気を払ってよい。多く食べると体を損なう。よく心得るべき事である。

・暑い時、身分の高い人や、お金のある人は、涼台や水館といって、木陰に楼閣を構え、水上にかけて鈎殿をつくり、涼をとることが多い。貧しい人もその程度にしたがって、木の枝に竹をかけ、床をつくり、涼み棚などといって涼をとる。(中略)老人はこのような所に長居すると、知らぬ間に元気が消耗し、水湿の気に侵され、冷気が体に侵入して病を生じる。


以上をまとめると、
春は、まだ寒い内は冷気にあたらないようにして、3月の初めごろ、暖かくなってから身体を動かしてほぐすようにする。
夏は、朝早くから起きて、冷えたものはあまり食べ過ぎないようにする。水辺や木陰で長く過ごしたり、夜まで過ごしたりすると、水湿に侵されて病気を生じるので、そういった場所にはあまり長居してはいけないということです。

次は、秋、冬の養生のお話です。

老人必用養草の記事一覧はこちら↓
https://halenova.com/blog/?p=4887

漢方薬局ハレノヴァ

TEL: 06-6312-8429

大阪市北区末広町3-21 扇町センタービル1F

ご相談予約

症状・病気別漢方

症例

かぜのような体の不調

50代女性
主訴:かぜのような体の不調が続く

現病歴:
 趣味のスポーツを練習中、かぜのような寒気がした。葛根湯を飲んで少し元気になった。1週間後、同様の症状。
 食欲不振はないが、若干の寒気がある。毎年、春先に体調を崩しやすい。夜に寝る時だけ咳が出る。

続きを読む »

漢方の「肝」について

漢方と現代医学では、同じ用語でも全く同じものを指すことはありません。
「五つの臓(臓器)」の名前でいうと、西洋医学では、臓器そのものの実体を指す言葉ですが、漢方では、システムや機能単位で区切った言葉です。
今回、「肝」について紹介いたします。
続きを読む »

しびれ・知覚鈍麻について

正常な人でも、正座を長時間した後に、しびれを感じることがあります。慢性的に血行不良が続いたり、一時的な血行不良のあと、一部血流が再開すると、しびれを感じます。
漢方でも、しびれや知覚のマヒは、症状のある部分に気血(エネルギーや血液)が届かなくなって起こると考えます。
続きを読む »

年末年始休業日のお知らせ(2023~24年)

19052301

2023.12.16(土)

漢方薬局ハレノヴァの年末年始休業日をお知らせいたします。

年末年始休業期間:2022年12月29日(金)~2023年1月4日(木)

期間中、メールでのお問い合わせは受け付けておりますが、お返事は2023年1月5日(金)以降となります。
また、休業期間中はオンラインショップの発送業務も停止いたしますので、予めご了承ください。

ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願い申し上げます。

コロナ後の不調(体のだるさ、痰・喉の違和感)

40代男性
主訴: コロナ後の体のだるさ、痰、喉のイガイガ

現病歴:
 午前中は動けるが、午後からしんどくなる。体を動かした後や、仕事に集中するとだるくなる。昼食後は眠たい。夕方も時に寝たい。休日も不変。
 咳はでないが、痰が出る。透明で粘っこい。たまにのどにへばりついている。
 のどのイガイガは朝はマシで夕方になるにつれて悪化。
 コロナは1ヶ月前になった。初めは強い寒気、発熱37.5℃、水様便2~3日。その3日後に強いのど痛。さらに4日後に痰、咳だけ残った。

続きを読む »

病気になりにくい体・再発しにくい体について④(治療薬・健康を保つための薬)

人参5

前回、邪を防ぐ、邪の発生を予防するための方法をお話ししました。
今回は、漢方薬にも、治療のための薬、健康を保つのための薬があることについてお話しします。

続きを読む »

病気になりにくい体・再発しにくい体について③(邪への対処)

牛黄2

前回、正気を強くするためにはどのような方法があるかお話ししました。
では、邪を防ぐ、邪の発生を予防するにはどうすればよいでしょうか。
1,邪を細菌やウイルスとする場合、2,気候や環境とする場合、3,気血水の滞りとする場合に分けて考えてみます。

続きを読む »

病気になりにくい体・再発しにくい体について②(正気を強くする)

瓊玉膏300g8 沈香

前回、病気にならないためには、正気を強くするか、邪の侵入を防いだり、邪を体に溜め込まないようにするかどちらかという話をしました。
では、正気を強くするにはどうすればよいか。
正気を強くするには、正しい食事と睡眠をとる、治療のための薬ではなく保健のための薬を飲む、体の熱や冷えのバランスを整える、五臓(肺心脾肝腎)のバランスを整えるなどが必要です。

続きを読む »

病気になりにくい体・再発しにくい体について①(正気と邪)

防已3

病気になりたくないのは、全ての方に共通している思いではないでしょうか。
(むしろ病気になりたいという方は、深淵な哲学をお持ちの方か、探究心を窮めた狂気じみた方か、芯の図太い徹底した天邪鬼だと思います。)
では、病気になりにくい体、病気が再発しにくい体を目指すためにはどうすればよいでしょうか。
漢方の視点、治療薬、保健薬、生活習慣、心、いろいろな面からどうすればよいかを考え、何回かに分けてお話ししていこうと思います。

続きを読む »

夏季休業期間のお知らせ(2023)

8月のたぬき

2023年8月10日(木)

漢方薬局ハレノヴァの夏期休業期間をお知らせいたします。

夏期休業期間:8月11日(金)~8月16日(水)

休業日もメールでのお問い合わせは受け付けておりますが、お返事は翌営業日以降となります。
また、オンラインショップの発送業務も停止いたしますので、予めご了承ください。

ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願いいたします。

瓊玉膏について⑥(更年期)

更年期の悩みは、パートナーの方など周りに理解されないことも多く、一人で抱え込んでしまうこともあります。
現在は、更年期症状が出る年齢が早まっている方も少なからずいらっしゃって、そういった方は、世間一般にいう更年期の年齢ではないため、一層、理解を得られにくくなっています。

続きを読む »

車酔いからくる手足のしびれ

40代女性
主訴:車酔い・手足のしびれ

現病歴:
 前日バスで酔った。以前からあるが、車酔いで胃の違和感、胃のしびれが出て、その後、手足がしびれ、体が硬直して動かなくなる。
 明日から車を運転して、出かける予定なので、何とかしたい。
 今日は食べられるがムカムカしている。頭に霞がかかったよう。手足の冷え(-)。喜冷飲。ムカムカと頭の症状同程度。

続きを読む »

こむら返り・便秘

70代男性
主訴:#1こむら返り・#2便秘

現病歴:
#1ゴルフをしていると後半に足がつる。芍薬甘草湯を飲んで、以前は効いていたが、効かなくなった。夏もつる。つりやすい時間帯はない。足に毛布をくるんで寝ると多少マシ。
#2直腸がん切除後から排便障害あり。酸化マグネシウムで便通がある。出が悪く、ガスも溜まる。便秘で胸が悪くなる。

続きを読む »

回春仙について③(気付け)

回春仙は、13種類の生薬を配合し、心臓の症状以外にも応用できる漢方薬です。
1丸が小さいため服用しやすく、瓶も小さいので持ち運びやすいのが特徴です。
症状があるときに服用する、頓服薬としてとても便利な漢方薬です。
今回は、気付けに対する効果についてお話します。
続きを読む »

過敏性腸症候群(IBS)について

過敏性腸症候群(IBS)は、腹痛や便通の異常があり、数ヶ月にわたって慢性的に続く病気です。
人によって、便秘だけ、下痢だけが続いたり、便秘と下痢を交互に繰り返すこともあります。
症状が強いと、電車に長時間乗れず、トイレがない車両だと不安だったり、緊張する場面になるとすぐにお腹が痛くなり、トイレに何度も駆け込むなど、生活に支障をきたすこともあります。
漢方では、どう考えて薬を決めていくのか、次にご紹介します。
続きを読む »