アトピー性皮膚炎

30代男性

主訴:アトピー性皮膚炎

現病歴:数か月前、秋ごろからアトピーが悪化し始めた。小さい時にアトピーがあったが、中学生のころに治った。24歳ごろに再発し、かなりひどかった。その頃、漢方薬を数か月もらったが、効果がなく、食生活の改善を徹底して治癒した。3年ほど前からまた症状が出始め、憎悪と寛解を繰り返していた。

その他の所見:肌はカサカサして赤みが強い。触ると熱い。冷え症で手足が冷たい。冬になると、かじかむ事が多い。甘いものを空腹時に食べると胃が持たれやすい。痰が絡みやすい。夏以外は喉が渇かないのであまり水分を摂らない。甘いものが好き。飲酒5日/週。白黄苔、滑苔、やや暗紫色、舌下静脈怒張(+)

山梔子2

清熱利水薬や駆於血薬をいろいろと組み合わせていたが、2か月間全く効果なし。
手足が冷えやすいことから、附子なども試したが、逆効果だった。
一から方剤を考え直すことにして、便や舌の状態から、血熱を取る処方を中心に、去痰薬や使用していなかった数種類の駆於血薬を組み合わせた。
ここから、調子がよくなり出した。舌下静脈の怒張がときどき薄くなるようになった。
現在はステロイドを全く使用せずに過ごしている。
本治に向けて、補気薬の割合を増やしながら継続している。


考察:桂皮と川弓は注意しなければいけない。冷えにこだわりすぎて、桂皮で何度か悪化したし、川弓を含む処方では例外なく悪化した。血熱を取る強い生薬を併用しても、桂皮の副作用が取り切れなかった。もちろん、ひとにもよるが、駆於血薬は桂枝茯苓丸を使わない方が無難かと思う。化於薬としては、田三七を追加することで、漢方薬の効果が目に見えるようになった。

※文字化け防止のため、「病だれ+於」を「於」に、「草かんむり+弓」を「弓」に置き換えています。

漢方薬局ハレノヴァ

TEL: 06-6312-8429

大阪市北区末広町3-21 扇町センタービル1F

ご相談予約

痩せたい

麻黄2

30代女性

主訴:いろいろな食事法を試したり運動もしているが、なかなか痩せない

現病歴:数年前にタバコをやめてから5kgほど体重が増加した。下腹部ではなく、臍の上まわりの肉付きがよい。肋骨の下に指が入らない。腹の周りにタオルを巻いているよう。

その他の症状・所見:むくみ(+)、上半身多汗(+)。やや下痢ぎみ。空腹感(+)、食事量普通。飲酒ほぼ毎日(+)、タバコ(-)。生理周期24日、期間4~5日、経血量最後2~3日は少ない、色鮮紅色、塊(±)。脈右関実、尺弱くない。左関弱め、尺やや弱。

続きを読む »

営業日・夏期休業日のお知らせ

店内

2021年7月13日(火)

漢方薬局ハレノヴァの営業日・夏期休業日をお知らせいたします。

祝日の変更に伴い
7月19日(月)は通常通り営業いたします。
7月22日(木)・23日(金)は休業いたします。

また、8月13日(金)~8月15日(日)は夏期休業とさせていただきます。

休業日もメールでのお問い合わせは受け付けておりますが、お返事は翌営業日以降となります。
また、オンラインショップの発送業務も停止いたしますので、予めご了承ください。

ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願いいたします。

不妊(不孕)について

鹿茸1

中医学では、不妊は不孕(ふよう)といい、不孕が起こる状態は、
腎虚(じんきょ)
肝鬱(かんうつ)
痰湿(たんしつ)
血於(けつお)
の4つに分類されています。

続きを読む »

老人必用養草13(身体の補養について1)

香月牛山

引き続き『老人必用養草(ろうじんひつようやしないぐさ)』を紹介します。
この本は香月牛山(かつきぎゅうざん)が1716年に著した本です。
老人の養生、老人への接し方など現代にも通じるいろいろな教訓が書かれていて、今読んでもためになります。

今日は身体の保養に関する部分を抜粋して読んでみます。

続きを読む »

頭痛・手のしびれ

桃仁3

10代男性

主訴:頭痛・しびれ・意識不明

現病歴:学校で左こめかみに頭痛が出た。その後、右手首のしびれが出て、20分ほど意識がなくなった。その日に受診し、医師から「原因はわからない」と言われた。CTは希望しなかった。普段は午後11時から12時までに就寝し、午前7時に起床。その時も特別寝不足ということはなかった。

その他の症状・所見:172cm、63kg。花粉症(+)、鼻血が良く出る、汗かきにくい。爪がもろい。頬が赤い。排尿4~5/日。口渇(+)、氷入りの飲みものが好き。夢をよく見る。胸やけ(-)、食欲あり。五遅(-)。頭部外傷歴(+)。舌は淡紅舌、滑苔、薄白苔、紅点、胖大舌、舌下静脈怒張(-)。脈右関やや渋、左関やや浮、やや渋。弦(-)。

続きを読む »

健婦丸

IMG_3110

健婦丸は血の滞り(=於血:おけつ)を取る基本的なお薬です。
於血によって様々な病気が起こり、また、病気が長引くと、於血が生まれるため、応用範囲が非常に広いお薬です。

効能・効果以外にも様々な症状に使われますが、説明書にある健婦丸の効能・効果を元に、解説いたします。

続きを読む »

トチモトの六味丸

IMG_3114

六味丸は「補腎」の基本的な薬で、老化による体の衰えを気にする方におすすめです。

腎(じん)は西洋医学の腎臓のはたらきだけでなく、腎精(じんせい;生命力の源のようなもの)を保管する場所でもあります。
「腎精」は「腎陰(じんいん)」と「腎陽(じんよう)」、すなわち体の根本の水(腎陰)と火(腎陽)に変化します。このうち、腎陰が少なくなってくると、更年期のほてり、のぼせや、生理不順、腰痛、足腰のだるさ、夜間頻尿などが現れます。
どうしても、歳とともに生命力は弱ってきます。早めに対策をとることで、老化の坂を緩やかにすることができるため、体の衰えを感じ始めたら、服用してみてください。

続きを読む »

貧血・高血圧

蘇葉1

40代女性

主訴:貧血と高血圧

現病歴:血圧135/100。アムロジピン2.5mgを2年くらい服用している。赤血球の比重が軽いが、薬を服用するまでではない。

その他の症状:生理中盤から動悸(+)、生理痛(-)、生理不順(-)、期間は7日間、色は濃い赤、血塊小(+)、出産前は生理を忘れてしまうくらい軽かったが、出産後、しんどく、だるさも出てきた。心配性。首こり(+)、肩こり(+)。

続きを読む »

健康丸

IMG_3119

健康丸は冷えのある方に対する「補腎」の基本的な薬で、老化による体の衰えを感じる方、衰えを予防したい方におすすめです。

腎(じん)は西洋医学の腎臓のはたらきだけでなく、腎精(じんせい;生命力の源)を保管する場所でもあります。
「腎精」は「腎陰(じんいん)」と「腎陽(じんよう)」、すなわち体の根本の水(腎陰)と火(腎陽)に変化します。腎陰と腎陽が不足すると、腰痛、脚に力が入りにくい、尿が出にくい、夜間頻尿、全体的に元気がないなどの症状が現れます。
どうしても、歳とともに生命力は弱ってきます。早めに対策をとることで、老化の坂を緩やかにすることができるため、このような症状や体の衰えを感じ始めたら、服用してみてください。

続きを読む »

月経痛

芍薬

20代女性

主訴:月経痛がひどく、生理時に寝込んでしまう

現病歴:月経前に胸の脹りがある。周期35~40日。期間5~7日。経血に塊あり。2日目が経血多いが、全体として経血量はあまり多くない。2日目に寝込むことが多い。

その他の症状:冷え性で、お腹も手足も冷えやすいが、疲れると夕方に手がほてる。疲れやすい。あまり多くは食べられない。ストレスが強い。ストレスでお腹が痛くなりやすい。顔は白っぽく、手は黄色い。舌はやや紅、白苔、胖大、紅点あり、舌下怒張(++)。

続きを読む »

しもやけ(続き)

牡丹皮2

https://halenova.com/blog/?p=4041の続き。

50代男性

主訴:レイノー症状

現病歴:前にもらった薬を継続していたが、1日1回になったり、飲み忘れたりしていたところ、4月14日に両手人差し指が真っ白になった。触れると冷たかった。

その他の症状・所見:汗はもともと出にくい。のぼせ(-)、寒気(-)全身では寒さを感じていない。食欲○、大便1日1回、硬軟特に問題なし。小便 色 回数 量○ カサカサ(-)、手のひらのほてり(-)、左下腿外側が数日に1回痒い。
舌:淡紅舌 白苔 やや厚 舌裏紅 舌下(-)。この時は舌は紫ではなかった。手全体が紫がかった暗赤色。
立位で右季肋部押さえるとやや痞え(+)
心窩部按じると痛みで声が出て顔をゆがめる

続きを読む »

アトピー性皮膚炎②

人参6

 2020年から、アトピー性皮膚炎に対して、新たな作用を有する新薬が登場し、治療の選択肢が増えました。
 インターロイキンなどのサイトカインの作用経路を阻害して効果を発揮する薬です。

 新しい薬のメリットとデメリットをみて、意見を述べたいと思います。

続きを読む »

ササヘルス

ササヘルス1

ササヘルスについて

当店では、クマザサ抽出液のササヘルスを取り扱っております。
この薬の効能・効果は疲労回復、食欲不振、口臭、体臭除去、口内炎です。
この中でも、口内炎に対しては抜群に効きます。
口内炎だけでなく、口腔内の炎症全般に効果があり、また、胃炎などにも使えます。

続きを読む »

瓊玉膏について③(不妊)

瓊玉膏300g6

前回は、肌や髪に対する瓊玉膏の効果についてお話ししました。
【瓊玉膏について②】

今回は、不妊に対する効果についてお話しします。

続きを読む »

牛黄清心元の症例

廣東牛黄清心元の症例を紹介します。

30代女性
朝から少し頭痛があった所、仕事のミスで精神的にダメージがあり、顔がのぼせて頭痛がひどくなった。
廣東牛黄清心元1/4を口の中で舐めて溶かすように服用すると、清心元が無くなるころには頭痛が無くなった。

続きを読む »