民間薬、一部の生薬の効能まとめ(か行)

病気の前段階、「未病」のときに民間薬を上手に使うことで、病気にならずに過ごすことができます。
病気の時、具合が悪い時は、病院や診療所へ行き、診察を受けてください。
その上で、病院や診療所でもらった西洋薬の効果がいまひとつのときに、主治医の先生の了解を得て、補助として民間薬をうまく取り入れてみるのもいいと思います。

また、この中には、民間薬ではなく生薬(漢方薬の素材)として使われるものもあります。
民間薬は厳密な決まりがない一方、生薬は成分含量が決まっているなどの違いがありますが、ここでは植物由来の薬として、併せて記載します。

オンラインショップはこちら↓
https://halenova-onlineshop.com/



艾葉(がいよう) → よもぎ

カキドオシ → 連銭草(れんせんそう)

柿の葉(かきのは)

血圧が気になる方にオススメ。ビタミンCもたっぷり。
歯茎の出血にも使えます。
味が良く、健康茶として古くから飲まれていています。

莪朮(がじゅつ)

抗腫瘤作用があり、できものに用いられるほか、健胃作用があり、お腹が張る、食べたものがお腹にたまるなどに効果があります。

荷葉(かよう) → 蓮葉(れんよう)

甘草(かんぞう)

急な腹痛などに、甘草だけを煎じた液が非常に効果があります。
漢方では、急に起こった症状を緩和するためや、作用を穏やかにするためにいろんな処方に含まれています。
息苦しさ、のどの痛み、痰、胃潰瘍、食中毒など、様々な効能があります。
ただし、長期間大量に用いると、血液中のカリウム値が下がり、副作用が出ることがありますので、
少量で用いるか、大量に使う場合は、急性の症状に短期間だけ用います。

乾姜(かんきょう)

蒸して乾燥させた生姜です。
生の生姜、乾燥しただけの生姜よりお腹を強力に温めてくれます。
お腹が冷える方にぴったりの素材です。

桔梗(ききょう)

排膿作用、去痰作用があるため、腫れもの、扁桃炎や痰の絡まる咳に使います。
うるしかぶれには煎じ液を塗ると効果があります。

キササゲ

利尿作用が強く、腎炎やネフローゼによる顕著なむくみや蛋白尿に効果があります
日本では古い時代に入ってきて、栽培されたものが野生化しています。
〔別名:梓実(しじつ)〕

キダチアロエ → アロエ

キハダ → 黄柏(おうばく)

ギムネマシルベスタ

血糖値が気になる方に。
便秘がちの方には、よりおすすめです。
服用しやすい粒タイプもあります。
サラシア、グァバなどと組み合わせると効果的です。

玉竹(ぎょくちく)

滋養強壮の効能があるので、疲労衰弱、寝汗などの症状や、潤す力があるので、空咳などの症状に。また、美容にも使われます。

キラン草

咳、痰、発熱、下痢止めや、健胃薬として知られています。
清熱解毒作用があり、気管支の炎症や喉の腫れなどにも使われます。
また、入浴剤として、あせもや湿疹に用います。
〔別名:筋骨草(きんこつそう)、ジゴクノカマノフタ〕

稀薟草(きれんそう)

関節の痛み、足腰が冷痛、筋肉がやせる、麻痺、高血圧などに。
関節の腫れを除き、筋骨を強めるはたらきがあります。

筋骨草(きんこつそう) → キラン草

金銭草(きんせんそう)

連銭草と同じように、尿路結石や胆結石などに使われます。
ウラジロガシと合わせると効果的です。

グァバ

葉は血糖値が気になる方に。糖質の吸収を穏やかにしてくれます。
実はビタミンや食物繊維が豊富に含まれ、美容にもオススメです。
グァバ葉は少し苦味があり、グァバの実は酸味があります。

枸杞子(くこし)

目が気になる人、老化が気になる人に。
視力低下やめまい、足腰のだるさ、精力減退などに用いられます。
昔から、不老長寿の生薬として有名で、日本でも平安時代から強壮薬として知られています。

枸杞葉(くこよう)

高血圧や動脈硬化の予防におすすめ。
煎じた液で髪を洗うと、抜け毛が止まり、髪のクセが弱くなります。
また、精力減退にも用いられます。

クチナシ → 山梔子(さんしし)

クマコケモモ → ウワウルシ

クマザサ

胃が弱い方や、血糖値、血圧が気になる方に。
虚弱体質や疲労回復、ぜんそくにも。
葉の縁が秋ごろから白く枯れて隈どるところから、「隈笹(クマザサ)」と呼ばれます。

熊柳(くまやなぎ)

健胃、整腸、胆石などに使われます。
熊柳8g、連銭草4gを合わせて煎じたもので、七転八倒していた胆石がスッキリ治ったという話もあります。

グルコサミン

軟骨を構成する成分で、腰や膝の関節炎などに使われます。

黒文字(くろもじ)

脚気や浮腫、胃腸炎に用いられ、粉末を止血薬に、また入浴剤としていんきん、たむしなどの皮膚病に使います。
地衣類の一種が付着して黒斑があり、文字を書いたように見えるので、黒文字と呼ばれます。

桑の枝

リウマチ、神経痛、関節炎にオススメ。
〔別名:桑枝(そうし)〕

桑の葉

糖尿病、頭痛、たん、せき、目の充血に用いられます。
また、便秘や高血圧の予防にも効果があります。

桂皮(けいひ)

健胃作用、お腹を温める作用があり、お腹が弱い方、冷える方にオススメです。
中国最古の薬物書『神農本草経』には、長く飲むと体が軽くなり、老いないと記載があります。
シナモンパウダーにつかうニッケイと近い種類なので、同じ香りがします。
〔別名:肉桂(にっけい)〕

決明子(けつめいし)

便秘や高血圧、口内炎、二日酔い、胃腸病などに使います。
中国の薬理学的試験では、血中のコレステロールを下げる働きもあり、脂質異常症の方にも適しています。
また、目の充血や痛み、かすみなどにも用いられます。
味も良く、毎日飲めるお茶としておすすめですが、お腹がゆるい方や、低血圧の方には向きません。
「ハブ茶」は本来、ハブソウのお茶ですが、現在では一般的に決明子のお茶を指します。

玄草(ゲンノショウコ)

食あたり、下痢、慢性の胃腸病、便秘に効果があります。
古くから、下痢止めの妙薬とされていますが、飲み過ぎても便秘になることはほとんどありません。
「現に効く証拠」として、ゲンノショウコの名前があります。

紅花(こうか)

月経不順や冷え症、産後の腹痛、更年期障害、婦人病一般に用いられます。
また、血行障害による腫瘍、打撲にも用いられます。
妊娠している方は避けてください。

紅参(こうじん)

虚弱体質の改善や、消化吸収をよくする作用があります。
いわゆる「朝鮮人参」を蒸して乾燥させたもので、乾燥させただけの人参より、元気を補う作用が強いです。
胃腸が強い人は、歳をとっても若く、元気が溢れています。
体格が良くて暑がりの人以外、全ての人にオススメします。

牛黄(ごおう)

動悸、気付けに用いるほか、解熱して毒を去り、意識をはっきりさせる作用もあるため、高熱でうなされているとき、意識がなくなったときなどにも効果があります。
ここぞというとき、社会人のプレゼンや、受験生の試験直前に飲むことで、緊張を和らげ、気力が出てきます。
また、二日酔いにもよく効くと評判です。
オーストラリア産が品質がよいとされ、品質のよい牛黄は苦味の中に、少し甘味があります。

五加皮(ごかひ) → エゾウコギ

漢方薬局ハレノヴァ

TEL: 06-6312-8429

大阪市北区末広町3-21 扇町センタービル1F

ご相談予約

症状・病気別漢方

症例

しびれ・知覚鈍麻について

正常な人でも、正座を長時間した後に、しびれを感じることがあります。慢性的に血行不良が続いたり、一時的な血行不良のあと、一部血流が再開すると、しびれを感じます。
漢方でも、しびれや知覚のマヒは、症状のある部分に気血(エネルギーや血液)が届かなくなって起こると考えます。
続きを読む »

年末年始休業日のお知らせ(2023~24年)

19052301

2023.12.16(土)

漢方薬局ハレノヴァの年末年始休業日をお知らせいたします。

年末年始休業期間:2022年12月29日(金)~2023年1月4日(木)

期間中、メールでのお問い合わせは受け付けておりますが、お返事は2023年1月5日(金)以降となります。
また、休業期間中はオンラインショップの発送業務も停止いたしますので、予めご了承ください。

ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願い申し上げます。

コロナ後の不調(体のだるさ、痰・喉の違和感)

40代男性
主訴: コロナ後の体のだるさ、痰、喉のイガイガ

現病歴:
 午前中は動けるが、午後からしんどくなる。体を動かした後や、仕事に集中するとだるくなる。昼食後は眠たい。夕方も時に寝たい。休日も不変。
 咳はでないが、痰が出る。透明で粘っこい。たまにのどにへばりついている。
 のどのイガイガは朝はマシで夕方になるにつれて悪化。
 コロナは1ヶ月前になった。初めは強い寒気、発熱37.5℃、水様便2~3日。その3日後に強いのど痛。さらに4日後に痰、咳だけ残った。

続きを読む »

病気になりにくい体・再発しにくい体について④(治療薬・健康を保つための薬)

人参5

前回、邪を防ぐ、邪の発生を予防するための方法をお話ししました。
今回は、漢方薬にも、治療のための薬、健康を保つのための薬があることについてお話しします。

続きを読む »

病気になりにくい体・再発しにくい体について③(邪への対処)

牛黄2

前回、正気を強くするためにはどのような方法があるかお話ししました。
では、邪を防ぐ、邪の発生を予防するにはどうすればよいでしょうか。
1,邪を細菌やウイルスとする場合、2,気候や環境とする場合、3,気血水の滞りとする場合に分けて考えてみます。

続きを読む »

病気になりにくい体・再発しにくい体について②(正気を強くする)

瓊玉膏300g8 沈香

前回、病気にならないためには、正気を強くするか、邪の侵入を防いだり、邪を体に溜め込まないようにするかどちらかという話をしました。
では、正気を強くするにはどうすればよいか。
正気を強くするには、正しい食事と睡眠をとる、治療のための薬ではなく保健のための薬を飲む、体の熱や冷えのバランスを整える、五臓(肺心脾肝腎)のバランスを整えるなどが必要です。

続きを読む »

病気になりにくい体・再発しにくい体について①(正気と邪)

防已3

病気になりたくないのは、全ての方に共通している思いではないでしょうか。
(むしろ病気になりたいという方は、深淵な哲学をお持ちの方か、探究心を窮めた狂気じみた方か、芯の図太い徹底した天邪鬼だと思います。)
では、病気になりにくい体、病気が再発しにくい体を目指すためにはどうすればよいでしょうか。
漢方の視点、治療薬、保健薬、生活習慣、心、いろいろな面からどうすればよいかを考え、何回かに分けてお話ししていこうと思います。

続きを読む »

夏季休業期間のお知らせ(2023)

8月のたぬき

2023年8月10日(木)

漢方薬局ハレノヴァの夏期休業期間をお知らせいたします。

夏期休業期間:8月11日(金)~8月16日(水)

休業日もメールでのお問い合わせは受け付けておりますが、お返事は翌営業日以降となります。
また、オンラインショップの発送業務も停止いたしますので、予めご了承ください。

ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願いいたします。

瓊玉膏について⑥(更年期)

更年期の悩みは、パートナーの方など周りに理解されないことも多く、一人で抱え込んでしまうこともあります。
現在は、更年期症状が出る年齢が早まっている方も少なからずいらっしゃって、そういった方は、世間一般にいう更年期の年齢ではないため、一層、理解を得られにくくなっています。

続きを読む »

車酔いからくる手足のしびれ

40代女性
主訴:車酔い・手足のしびれ

現病歴:
 前日バスで酔った。以前からあるが、車酔いで胃の違和感、胃のしびれが出て、その後、手足がしびれ、体が硬直して動かなくなる。
 明日から車を運転して、出かける予定なので、何とかしたい。
 今日は食べられるがムカムカしている。頭に霞がかかったよう。手足の冷え(-)。喜冷飲。ムカムカと頭の症状同程度。

続きを読む »

こむら返り・便秘

70代男性
主訴:#1こむら返り・#2便秘

現病歴:
#1ゴルフをしていると後半に足がつる。芍薬甘草湯を飲んで、以前は効いていたが、効かなくなった。夏もつる。つりやすい時間帯はない。足に毛布をくるんで寝ると多少マシ。
#2直腸がん切除後から排便障害あり。酸化マグネシウムで便通がある。出が悪く、ガスも溜まる。便秘で胸が悪くなる。

続きを読む »

回春仙について③(気付け)

回春仙は、13種類の生薬を配合し、心臓の症状以外にも応用できる漢方薬です。
1丸が小さいため服用しやすく、瓶も小さいので持ち運びやすいのが特徴です。
症状があるときに服用する、頓服薬としてとても便利な漢方薬です。
今回は、気付けに対する効果についてお話します。
続きを読む »

過敏性腸症候群(IBS)について

過敏性腸症候群(IBS)は、腹痛や便通の異常があり、数ヶ月にわたって慢性的に続く病気です。
人によって、便秘だけ、下痢だけが続いたり、便秘と下痢を交互に繰り返すこともあります。
症状が強いと、電車に長時間乗れず、トイレがない車両だと不安だったり、緊張する場面になるとすぐにお腹が痛くなり、トイレに何度も駆け込むなど、生活に支障をきたすこともあります。
漢方では、どう考えて薬を決めていくのか、次にご紹介します。
続きを読む »

回春仙について②(やる気の低下・頭がぼーっとする)

回春仙は、13種類の生薬を配合しており、気(≒エネルギー)や陰(機能亢進過剰を抑えるもの)などをバランスよく補充できる漢方薬です。
1丸が小さいため服用しやすく、瓶も小さいので持ち運びやすいのが特徴です。
症状があるときに服用する、頓服薬としてとても便利な漢方薬です。
今回は、やる気の低下・頭がぼーっとするのを改善するはたらきについてお話します。
続きを読む »

回春仙について①(動悸・息切れ)

回春仙は、13種類の生薬を配合しており、気(≒エネルギー)や陰(≒機能の亢進しすぎを抑えるもの)などをバランスよく補充できる漢方薬です。
1丸が小さいため服用しやすく、瓶も小さいので持ち運びやすいのが特徴です。
症状があるときに服用する、頓服薬としてとても便利な漢方薬です。
今回は、動悸・息切れに対する効果についてお話します。
続きを読む »