老人必用養草1(養老の総論)

香月牛山

今回は、『老人必用養草(ろうじんひつようやしないぐさ)』を紹介します。
この本は、以前に紹介した『小児必用養育草(しょうにひつようそだてぐさ)』の香月牛山(かつきぎゅうざん)が1716年に著した本です。
老人の養生、老人への接し方など現代にも通じるいろいろな教訓が書かれていて、今読んでもためになる本です。

「巻一、養老」の総論の一部分を読んでみます。
原文のあとに、私が適当に訳したものを記します。


【原文】
人わかき時は血気さかんに元気つよきゆへ、保養の術にうとく、私欲を恣にすといへども、おほくは妨なきに似たり。四十にも至る頃ほひより、つとめて保養せざれば、たちまち病を生じ、元気をそこなひその身を失ふなり。(中略)生まれつきて元気さかんに体つよき人も、四十已後の保養をしらづ、私欲を恣にすれば、父母より受得たる所の天年をたもたずして、死する類多し。

【訳文】
若い時は血気が盛んで元気なので、養生の方法を学ばずに欲の赴くままに行動しても、多くは何もないように見える。40歳にもなると、養生に励まなければ、すぐに病気になり、元気を損なって体をこわす。(中略)生まれつき元気がよく、体が強い人でも、40歳を過ぎてからの養生を考えずに欲のままに行動すると、両親からもらった本来の寿命を全うせずに死ぬ人が多くいる。

やっぱり、もとから身体が強い人は、普段の生活で無理をして、かえって寿命が短いことが、昔からあったんですね。
一病息災という言葉は的を射ていると感じます。持病があったり、身体の弱い人の方が、ちゃんと健康を気遣って、歳をとるとかえって周りの人より元気というのは実際によくあることです。
「自分は長生きはしたくない」という方もいらっしゃいますが、養生を怠ると、健康寿命が短くなる場合が多いです。なかなか、やりたい放題の生活からからコロリとはいけないものですので、養生はしておいた方がいいと思います。


【原文】
父母の怒の起るは、其心ざしにたがふよりはじまる事なれば、いかようの筋なき事なりとも、まづそのあやまりをたださず、色を悦ばしうし、声をやはらげ、時いたりてすこしくいさめづとも、時は父母もよく心得て怒るにいたらざるなり。

【訳文】
老父母が起こるのは、心にそぐわないことから始まる事なので、どんなに道理の通らないことでも、まずは誤りを指摘せず、顔を穏やかに、声を和らげれば、時間が過ぎて少しもいさめなくても、老父母もよく理解して怒ることはない。

この部分は、周りの人の老人への接し方について書かれてますが、これは認知症の老人に対する接し方と同じです。声を荒げずに穏やかに話しかけることが大切なんですね。
老人は気血が減り、外からの刺激に弱くなっています。ちょっとしたことで怒りやすくなっていることを理解して、周りが少し配慮してあげることでどちらも過ごしやすくなります。
自分に対する忠告にもなりますが、年老いた親をないがしろにせずに、誠意をもって接しないといけないと改めて思いました。


この他にも、衣食住、精神の修養など、いろいろなことがかかれていて、興味深いところがたくさんあるので、これから、老人必用養草の気になった箇所を少しずつ紹介したいと思います。

老人必用養草の記事一覧はこちら↓
https://halenova.com/blog/?p=4887

漢方薬局ハレノヴァ

TEL: 06-6312-8429

大阪市北区末広町3-21 扇町センタービル1F

ご相談予約

症状・病気別漢方

婦人科
PMS(月経前症候群)について:https://halenova.com/blog/?p=3297

子宮筋腫について:https://halenova.com/blog/?p=4819

続きを読む »

症例

婦人科:https://halenova.com/blog/?cat=41

消化器:https://halenova.com/blog/?cat=28

続きを読む »

体調不良

40代女性
主訴:全身的な不調

現病歴:5~10年前に甲状腺腫瘍がみつかったが、薬は要らないと診断された。子供のころからむくみやすい。15~20年前から、覚えるのが苦手、仕事に集中はできるが、休憩中はボーっとしている。疲れやすい、朝の動き始めがつらい。側頭部の頭痛があり、重い感じ。この2か月ほど便秘がひどく、3~4日に1回しかでない、コロコロ便ではなく細くもない、出るときはバナナ状。お腹から下が冷える。

続きを読む »

コロナ後の嗅覚障害

50代女性
主訴:コロナ後の嗅覚障害

現病歴:2週間ほど前にコロナ感染。39℃超の発熱、のど痛あった。解熱する時に鼻の粘膜が痛かった。痛みが無くなる頃から代わりに嗅覚がなくなっていった。今は鼻に違和感がある。鼻乾燥(-)。

続きを読む »

前立腺肥大について

前立腺肥大は、尿を出す、溜める、出した後の3つに関する症状が現れます。
出すことに関する症状として、尿の勢いが弱い(尿が分かれて出る)、出始めるまでに時間がかかる、尿が分かれる、尿が一度に出きらない、尿をするときに力まなければならないなどが現れます。尿道の周りにある前立腺が大きくなることで、尿道が圧迫され、このような症状が現れます。
溜めることに関する症状として、頻尿、急にトイレに行きたくなる、漏れてしまうなどが現れます。
出した後の症状として、残尿感や下着に尿がついてしまうなどがあります。

続きを読む »

かぜの後の咳

40代女性
主訴:かぜの後の咳

現病歴:1週間前にのど痛からかぜをひいた。コロナ陰性。その後発熱、頭痛。ロキソニンとフスコデをもらったが、フスコデは眠くなるので中止した。4日前、咳と鼻水が残っていた。今日は鼻水は少しマシ。咳は出だすと出る。のどが痒く、イガイガする。鼻をかむと少し楽になる。のどの乾燥感(+)、張り付いて乾いている。痰はからむがあまり出ない、へばりついている。咳は夜にひどくなる、入浴後から布団に入る前まで。朝起きた時と寝る直前に咳が出やすい。麻杏甘石湯と半夏厚朴湯をもらったが、あまり効果がなかった。

続きを読む »

体内の老廃物の排出にササヘルス

クマザサ3


続きを読む »

逆流性食道炎②

30代女性
主訴:胸やけ、のどのつまり

現病歴:2018年に発症。初めは逆流性食道炎に悪い食べ物(アルコール、刺激物、乳製品)で胃痛や吐き気が出てきた。タケキャブを処方されて症状マシに。現在、特に思い当たるものはなくても、胸やけ、のどのつまり、吐き気が出る。灼熱感(-)、痛み(-)。朝食後数時間くらいから症状が出て、夕方まで続く。

続きを読む »

勃起不全(陽痿)について

勃起不全(陽痿:ようい)は、昔からよくある悩みで、江戸時代から「精」をつけるための様々な薬や食材が喧伝されてきました。
しかし、漢方では、ただ「精」をつければよいというわけではありません。
気の流れや血の流れが悪くないか、精を利用できているかなど判断して薬を用いなければ、改善しない場合があります。
精力剤を飲んでも改善しない方は、他の要因が絡んでいる可能性もあり、特に、高齢者以外では、精の不足以外の問題を考える必要があります。

続きを読む »

腹満(お腹のハリ)

40代女性
主訴:お腹が脹る

現病歴:この数日、お腹が脹ってスッキリしない、軟便ぎみ。安中散と大建中湯をすすめられて服用し、少し良いが大幅な改善はない。食欲落ちている。腹鳴特になし。ガス感(+)。さすると落ち着く。胃が重い、水分摂りすぎかもと思う。便通は便秘か軟便。いつも夏になりやすい。お風呂で改善なし。

続きを読む »

前立腺炎について

前立腺炎は、男性だけにある性器の一部の前立腺に炎症が起こる病気で、様々な症状が現れます。

症状は、頻尿、尿意切迫(堪えがたい尿意)、残尿感、排尿直後の再度の排尿、夜間頻尿、会陰部の痛みや不快感、または陰茎の先端、腰部、精巣の痛み、射精時の痛みなどです。

急性前立腺炎で、かつ高熱があるなど重症の方は、ただちに受診しないといけませんが、慢性前立腺炎など症状が軽い場合、漢方で対処することができます。

続きを読む »

瓊玉膏について⑤(子どもの発育促進)

親にとって、子どものことは自分のことより気にかかるものです。
周りの子と比べて、なかなか歩き出さない、体が弱いなどがあると、不安になってしまいます。
発育が遅れるのは、漢方ではどう考えるのか説明いたします。

続きを読む »

低体温について

生姜2

体温が低いと、免疫が正常にはたらきにくくなるなど、体の一部の機能がうまくはたらかなくなります。
女性では、特に、月経の不調と密接に関わっていると考えます。
ある医薬品メーカーのサイトを見てみると、低体温から現れる症状として、以下のように挙げられています。
・肩や腰の凝り、張り
・便秘や下痢
・頭痛
・月経痛、PMS、月経不順、不妊、子宮筋腫、子宮内膜症、更年期障害
・眼精疲労
・関節の痛み
・むくみ
・心臓や脳の血管障害
・肥満のような生活習慣病
・薄毛や白髪
・肌のシミ、しわ、たるみ、
・目の下のクマ
・眠れない、朝起きられない
・疲労感、だるさ、やる気が出ない
漢方では、これらは全て、「陽虚」で説明がつきます。

続きを読む »

潰瘍性大腸炎②

50代女性
主訴:潰瘍性大腸炎

現病歴:2年前の6月に診断された。それまでも出血していたが痔だと思っていた。今はアサコール9錠/日とビオスリーで寛解。血液検査に異常なし。肉眼的血便(-)だが、医師からは「潜血があると思う」と言われている。便は朝に2~3回、昼食後はお腹がゴロゴロ鳴り、何度もトイレに行く。夕方くらいに少し落ち着く。夕食後は行ったり行かなかったり。夜中は2回ほど。便の匂い(+)。排便後に疲れる、肛門にヒリヒリした痛みがある。

続きを読む »

にきびにササヘルス

クマザサ2


続きを読む »

コロナ後の咳・痰

30代女性
主訴:コロナ後の咳と痰

現病歴:コロナに感染してから20日くらい経った。コロナの時は熱はあまり出ず、のどの痛みと咳が主な症状だった。その後、のどの調子が戻らない。今は、違和感があり、咳が出る。痰は出せないが、のどの奥にへばりついている。やや乾燥感(+)。痛みが少しある。息は最後まで吸える。

続きを読む »

新型コロナウイルス感染症④

50代のご夫婦、10代のお子さん
主訴:新型コロナウイルス感染症

現病歴:
家族3人がコロナに感染した。薬が欲しい。
(お母さん)38℃超の発熱。ロキソニンで下がる。咳が出る。のど痛なし。初期に麻黄湯服用。
(息子さん)唾を飲み込むのも辛いほどのどが痛い。38℃超の高熱、熱が上がるとさむけ(+)。
(お父さん)37℃程度の微熱がずっと続く、体がだるい、しんどい。食欲がないが、出されたら食べる。少し便が緩い。嘔気(-)。咳少しあるが、眠れないほどではない。さむけ(-)。胃の痞え(-)。喜冷飲(±)、口渇(+)。頭痛(+)。

続きを読む »