お肌には、優しいタッチでお手入れを♪

2019年5月22日(水)

5月、新緑がまぶしい季節になりました。
また日差しが強くなり、紫外線も気になる季節ですね。
シミ、シワなどのお肌へのダメージの原因と言われる紫外線には、ずいぶん気をつけるようになってきたかもしれません。
でも、お肌へのダメージの原因は他にもあるのです。

たとえば、クレンジングや洗顔の時にゴシゴシと強くこすり洗いをしていませんか?
化粧水やクリームなどを塗るときに、強く塗り込んでいませんか?
この刺激が、シミ シワ、、たるみなどのお肌へのダメージの原因にもなりかねないのです。
これを毎日続けてしまうと、ダメージが積み重なって、お肌はどうなるでしょうか?
今日からは、お肌には、優しい、やわらかなタッチで行いましょう。
これからのお肌に大きな差がでてくるかと思います。

まず、洗い方を見直してみませんか?
きっとお肌が変わってくるのを実感していただけるかと思います。

19052201

ご紹介するのは、フィッツの「レイドロネトワヤン」です。
ミルクタイプのクレンジングで、お肌への潤いを保ちながら、メイクや汚れを優しく落とします。ダブル洗顔不要なのでさらにお肌への負担も減ります。
使用するときは500円玉くらいたっぷりのクレンジングミルクをお使いください。
そうすることで、クレンジングミルクがクッションとなり、お肌への摩擦が少なく、またしっかりなじませることができます。
その後、水、またはぬるま湯を2~3滴ずつ足し、ゆるめてなじませてください。そして、優しく水やぬるま湯で流してください。
ここでもゴシゴシはだめです。優しいタッチでお肌に触れてくださいね。
洗顔後は、化粧水、美容液、クリームなどでお手入れください。
もちろん、たたきこまず、擦り込まず、優しいタッチで大丈夫、十分にお肌へ浸透していきます。
日焼け止めやメイクの時のファンデーションなども優しいタッチで塗ってあげましょう。

「皮脳同根」皮膚と脳は同じルーツ(外胚葉から派生)をもつと言われています。
お肌は、脳とつながっていると考えられます。
例えば、ストレスがかかったり、イライラしたりすることが増えるとニキビや吹き出物が出る、お肌の調子が悪くなる、というのもよく聞きます。
反対に、リラックスして伸びやかに気持ちよく過ごすことは、お肌にとってもとても良いのです。
また、お肌への優しいタッチケアが、脳への心地よいアプローチにもにもつながっていくと考えられます。
「レイドロネトワヤン」のラベンダーの香りが、五感に働きかける事でさらにリラックス、リフレッシュ、脳への相乗効果になると思います。

ぜひ、紫外線対策とともにお肌へのタッチを一度、見直してみてくださいね。

漢方薬局ハレノヴァ

TEL: 06-6312-8429

大阪市北区末広町3-21 扇町センタービル1F

ご相談予約

かぜ?

20代女性

主訴:かぜ

現病歴:頭痛少し(+)。乾いた咳(+)。咽の痛み(+)。熱感あまりなし、寒気(-)。夜中に咳で起きる。その後、なかなか眠れない。

続きを読む »

「フェムテックと漢方」取材受けました!

220118

2022年1月18日(火)

先日、雑誌「素敵なあの人」編集部様(宝島社様)に、「60代からのフェムテックと漢方」のテーマで、オンライン取材を受けました!

フェムテックとは、Female(女性)とTechnology(技術)を組み合わせた新しい言葉です。
女性の健康における課題をテクノロジーで解決するサービスや製品をフェムテックと呼びます。

続きを読む »

コロナ後の抜け毛

40代女性

主訴:コロナ後の抜け毛

現病歴:3ヶ月ほど前にコロナ罹患。治癒後、嗅覚の低下、若干の倦怠感が残ったが、ほぼ回復していた。抜け毛は1週間程前に気付いた。髪を洗うと、前よりごそっと抜ける。妊娠中にもあったのと同じ感じ。

続きを読む »

清熱薬に関する話と思うこと少し

先日いらっしゃったお客さん。現在70代で、30代の頃に左眼が中心性網膜炎になり、現在は両眼とも緑内障。視力だけは失いたくない。
現在は亡くなった漢方薬局の先生の勉強会に参加していたそうで、病名と方剤の1対1の対応表を自作して持っている。
その先生から黄連解毒湯と越婢加朮湯を薦められたらしく、現在も服用中。
他所でもらっている黄連解毒湯と越婢加朮湯が自分に合っているかと、瓊玉膏が眼にもよいか聞きたい。とのこと。

続きを読む »

動悸

30代女性(自験例)

主訴:動悸

現病歴:昨日から。胸で感じる。腹部の動悸なし。ずっとではなく、ふとした時に感じる。

続きを読む »

不眠・繰り返す扁桃炎

20代男性

主訴:なかなか寝付けない。扁桃炎を繰り返している。

現病歴:寝付きが悪い、早朝覚醒(-)、昼に眠くなる、すごく疲れないとスッと眠れない。扁桃炎を何度も繰り返している。

続きを読む »

年末年始休業日のお知らせ

17040801

2021.12.15(水)

漢方薬局ハレノヴァの年末年始休業日をお知らせいたします。

年末年始休業期間:2021年12月29日(水)~2022年1月4日(火)

期間中、メールでのお問い合わせは受け付けておりますが、お返事は2021年1月4日(月)以降となります。
また、オンラインショップの発送業務も停止いたしますので、予めご了承くださいませ。

ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願い申し上げます。

微熱

40代女性

主訴:2か月続く微熱

現病歴:ここ2か月くらい、平均37.5℃くらいの微熱が夕方から晩に出る。薬を飲まなくても翌日の朝には熱が下がる。去年、甲状腺嚢胞が見つかったが、それ由来の熱ではない。暑いだけで他に症状は特になし。上半身(胸から上)が熱い。

続きを読む »

汗かき

20代女性

主訴:汗をかく(頭、胸、手足)

現病歴:季節関係なし。電車の乗り換え時に恥ずかしいくらい汗をかく。動いているときはかかずに止まるとどっと出る。

続きを読む »

出産について②(産後の不調)

出産について①はこちら↓
https://halenova.com/blog/?p=5018

①でも述べましたが、妊娠・出産というのは、お母さんが子どもに生命力と栄養を分け与える大きなイベントです。
気(エネルギー)や血(≒栄養)、精(≒生命力)を使うことで、出産後は、身体が一時的に”老化”しています。体に必要なものが不足すると、体がだるかったり、疲れが抜けにくい、髪がパサつくなどの不調がでます。抑うつ、イライラするなども、気、血、精の不足によって、外からの刺激に敏感になることで起こることがあります。
また、人によっては、悪露が出きらず、同時に”於血(おけつ:血の滞り)”が溜まっていることもあります。於血になると、血の流れがわるくなるので、腰痛や便秘、痔、肌荒れなどが出てきます。
さらには、夫婦関係や職場などの”環境”が悪ければ、気苦労が多く、余計なストレスもかかり、より一層、気(気分の気)の巡りが悪くなって、体調が悪化してしまいます。

このように、産後は不調が出やすいものですが、人によっては、出産によって、逆に於血が体の外へ出ていき、体調が良くなる人もいます。
身体に余分な水や滞った血がある人は出産で体調が良くなることが多く、気や血が不足している人は出産で体調が悪くなったり、なかなか回復しないことが多いです。

漢方薬で産後のケアをしっかりすることで、早く体調が整い、元の体に戻れますが、できることなら、妊娠時からケアをしっかりしたほうが良いです。事前に対処する方が、薬が効きやすく、こじれることも少なくなります。

産後の不調は、長年にわたって続くことがあります。
よく考えてみると、今の体の不調は出産がきっかけだったと気づくケースがありますが、体の不調を抱え込まないように、早めに対処していきましょう。
ただ、産後の不調が長引いてしまっている人も改善する可能性は十分あるので、一度ご相談いただければと思います。

※文字化け防止のために、「病だれ+於」を「於」に置き換えています。

コロナワクチン後の不調・後遺症

50代男性

主訴:コロナワクチンのあと、微熱や筋肉痛、息苦しさなどがあり1か月以上続いている。

現病歴:ワクチン後、微熱が続く。PCR陰性。抗菌薬5日間服用したが無効。腕、ふくらはぎ、腹筋、背筋など筋肉痛。息苦しい。安静時に動悸。手足が熱く、こもった感じがする。不眠でねつきが悪く、5時間ほどしか眠れない。不整脈あり。頭痛はない。水分2L以上摂取、トイレに行く回数は明らかに少ない。喜冷飲。

続きを読む »

頭痛などからだ全体の不調

30代女性

主訴:頭痛、元気がない

現病歴:産後1年後くらいから急に体調が悪くなり出した。畑仕事の最中にたちくらみ、頭痛があり、立てなくなった。季節の変わり目に頭痛や吐き気がある。呼吸が浅い苦しい感じがある。夜中に起きることがあり、夢が多い。9時間寝ているが、スッキリ起きれず、朝からだるい。

続きを読む »

出産について①(元気な赤ちゃんを産むには)

妊娠し子どもを出産するのは喜ばしいことですが、お母さんの体にとっては大変な負担となります。
赤ちゃんを産むというのは、お母さんの生命力と栄養を分け与えるということです。
外の世界へ出て、自分の力でいのちを保てる程度まで体を成長させないといけません。

続きを読む »

アトピー性皮膚炎の根本治療について

アトピー性皮膚炎は、新薬がたくさん出て、現代医学でも症状が出ていない状態を維持することはできるようになりました。
しかし、以前にもお話したように、まだ根本治療ができる所までは至っていません。

続きを読む »

過敏性腸症候群

50代女性

主訴:下痢しやすい

現病歴:緊張に伴い下痢しやすい。緊張すると何度もトイレに行く。電車やバスなど、自由に動けない時に症状でやすい。背中の下の方から不安感が昇ってきて、不安に包まれる感じ。過敏銭腸症候群と診断された。

続きを読む »