老人必用養草6(衣服について)

香月牛山

引き続き『老人必用養草(ろうじんひつようやしないぐさ)』を紹介します。
 この本は、以前に紹介した『小児必用養育草(しょうにひつようそだてぐさ)』の香月牛山(かつきぎゅうざん)が1716年に著した本です。
 老人の養生、老人への接し方など現代にも通じるいろいろな教訓が書かれていて、今読んでもためになります。

  今日は衣服に関する部分を抜粋して読んでみます。

【原文】
・人の子の老たる親をやしなふや、夏は清しく冬は温にするにあり。是飲食の養ひにさしつづきたる事なるべし。『礼記』にも「衣の燠寒をとふ」と見へたり。老ては血気薄くして寒気に堪がたく、皮膚の気弱き故に風寒犯しやすし。又暑熱の邪も透やすし。ここを以て寒暑共に堪がたくしてものうし。

・孫真人の説に「人の衣服、夏月も涼しくしすぐすべからず。冬月とても温過べからず。」とあれば、その人々により寒温の中分あるべき事なり。しかれども老人は冬月には衣を厚く重ね過たるほどは、よきなり。衣薄ければ、気血とぼしき故に寒にあたりやすし。さはいへど、あまり厚くしすぎて汗など出ることは悪し。夏月暑とても衣を脱、肩をぬぐ事なかれ。枕席を扇ぎ過すべからず。裾をまくりて下部を清しくすべからず。寒暑にしたがつて心を用ひ、衣服の寒温を定むべき事也。

・老人寒気甚き時に衣服を着替事しばしばすべからず。やむ事をえずして着がゆる時は、あらかじめ衾炉(きんろ)にかけてあたためて着べし。衾炉にかくるときに、圃団を二つかけて、二つの中に衣服をかけて温むべし。直に火にてあぶりたる衣服を着すべからず。元気をやぶるなり。もとより冷えたる衣服そのまま着すべからず。


【訳文】
・子供が老いた親を養うには、夏は涼しく、冬は温かくする。これは飲食の養生に続くことである。『礼記』にも「衣服の寒温を問う」とある。老いると気血が少なくなり、寒気に堪えがたく、皮膚の気が弱いので風寒の邪が体に侵入しやすい。また、暑熱の邪も皮膚を通って体に侵入しやすい。なので寒暑どちらも堪えがたく、つらいものだ。

・孫真人の説に「人の衣服は夏も涼しくし過ぎてはいけない。冬も温かくし過ぎてはいけない。」とあるのは、その人その人によって寒温のちょうどよいところがあるということだ。だが、老人は冬には服を厚く重ね着し過ぎるくらいがよい。薄着だと、気血が少ないので寒にあたりやすい。そうは言っても、あまり厚くしすぎて汗が出るのは悪い。夏に暑いといっても、服を脱ぎ、肩をだしてはいけない。寝ているときに扇ぎ過ぎてはいけない。裾をまくって体の下を涼しくしてはいけない。気候の寒い暑いにしたがって、よく注意して服を決めることだ。

・老人が寒気が甚だしい時に服を何度も着替えてはいけない。やむを得ず着替えるときは、あらかじめコタツにかけて温めて着るべきだ。コタツに布団を二つかけて、その二つの布団の間に服を入れて温めるのがよい。直に火で温めた服を着てはならない。元気を消耗する。もちろん、冷えた服をそのまま着るのはいけない。


 人は歳をとると、気(体のエネルギー)も、血(筋肉や脂肪、体の水分)も少なくなるので、気候や気温の影響を受けやすくなります。すぐに風邪をひき、熱中症にもなりやすくなります。
 また、影響を受けやすいというのは、気温だけでなく、服の影響も受けやすいということです。夏も服を脱いだり、肩を出すのはよくなく、基本的に若い人より厚着の方がいいですが、厚着しすぎて汗をかくと、汗と一緒に気も漏れ出ていくので、注意が必要です。
 脚を冷やさないようにすることも重要です。脚が冷えると、脚から戻る血液も冷えて、その結果、お腹も冷えてしまいます。お腹が冷えると、消化吸収が悪くなり、ちゃんと栄養を吸収できず、体力が低下したり、下痢したり腹痛が起こる事もあります。
 冬に着替えるときは、冷えた服をそのまま着ずに、服を温めてから着るように気を付けてください。

 以上のことをまとめると、薄着はやめて、汗が出ない程度に厚着をするように心がけるようにと注意しています。

 次は家のお話です。

老人必用養草の記事一覧はこちら↓
https://halenova.com/blog/?p=4887

漢方薬局ハレノヴァ

TEL: 06-6312-8429

大阪市北区末広町3-21 扇町センタービル1F

ご相談予約

過敏性腸症候群

50代女性

主訴:下痢しやすい

現病歴:緊張に伴い下痢しやすい。緊張すると何度もトイレに行く。電車やバスなど、自由に動けない時に症状でやすい。背中の下の方から不安感が昇ってきて、不安に包まれる感じ。

続きを読む »

新型コロナウイルス感染症②

40代女性

主訴:新型コロナウイルス感染症  

続きを読む »

新型コロナウイルス感染症①

40代男性

主訴:新型コロナウイルス感染症  

続きを読む »

慢性前立腺炎

20代男性

主訴:陰部に違和感、ムズムズがある

現病歴:2年前に症状が出始めた。慢性前立腺炎と診断されている。抗菌薬無効。八味地黄丸、セルニルトン無効。痛み(-)。夏や温かい所ではマシ。以前はコーヒー、アルコールで悪化していたが、今は避けている。疲れでの悪化(±)。夕方から夜にかけて悪化。風呂上りも症状がある。

続きを読む »

チック

5歳男児

主訴:鼻やのどを鳴らす、まばたきをよくする、舌を出す

現病歴:幼稚園の行事があってからみられるようになった。人前に出るのは苦手。

続きを読む »

老人必用養草 記事一覧

老人必用養草1(養老の総論)

老人必用養草2(飲食について:総論、肉)

続きを読む »

老人必用養草14(身体の補養について2)

香月牛山

引き続き『老人必用養草(ろうじんひつようやしないぐさ)』を紹介します。
この本は香月牛山(かつきぎゅうざん)が1716年に著した本です。
老人の養生、老人への接し方など現代にも通じるいろいろな教訓が書かれていて、今読んでもためになります。

今日は身体の保養に関する部分を抜粋して読んでみます。

続きを読む »

子宮筋腫について

子宮筋腫は子宮にできる良性の腫瘍です。良性とは、腫瘍自体が大きくなるスピードが遅く、周りに広がらず、転移しないものを指します。

続きを読む »

不眠

20代男性

主訴:なかなか寝付けない

現病歴:4~5年前から徐々に寝つきが悪くなった。1時頃床に入り、3~4時まで眠れない。8時半ごろ目覚め、すぐに二度寝もできず、10時ごろ起床。夏、暑くなってくると悪化。冬はマシ。その他の悪化改善条件は特になし。寝酒を飲んだり、疲れているときでも眠れたり眠れなかったりする。

続きを読む »

若い方のコロナ感染・コロナワクチン接種について

2021.8.18

コロナがかつてないほど爆発的に広がり、“災害級”という言葉も使われていますが、若い世代ほど気にしていない方の割合が多い印象があります。
ワクチンを希望しない方も、他の世代より若い世代の方が多いと言われています。
今が大事というのもわかりますし、感染して最悪の場合亡くなってしまうのは運だと割り切ってしまうのも考え方として否定すべきものではありません。
社会のために行動しろ、ワクチンを打てという圧力も、健康ファシズムのようで、少し心がざわつきます。
ただ、そこは考え方次第で、単に、自分の為に今の行動やワクチン接種を考えて欲しいと思います。

事実として、ワクチンを打つ方が増えるほど、感染の広がりは抑えられます。
若い方もコロナのせいで、アルバイトが減ったり、大学へ行けずに人との交流が全くなかったり、卒業後やキャリアアップの見通しがつかなかったり、不利益を被っていると思います。コロナが早く収束すれば、自分にとってもいいことがあります。この状況が続いてほしいと願っている人はあまりいないと思います。若い方も、早くコロナが収束して自分の未来を取り戻したいと思う方は、行動を変え、ワクチンを打つことで、それが現実に近付きます。

また、ワクチンを打つことで、変異株も含めて、より軽症、症状すらでない状態で済む確率が高くなります。
若い方のコロナ感染で問題になるのが、重症化よりも、倦怠感などの後遺症が残ることです。
デルタ株の流行により、若い方の重症化例も多くなっていますが、高齢者に比べると、重症化して死亡することは比較的少ないようです。しかし、脱毛、倦怠感、匂いや味がわからないなど、いろいろな後遺症が残る可能性が十分にあります。倦怠感で学業や仕事がほとんどできなくなることもあります。そうなると、人生の中での貴重な時代の貴重な時間が失われてしまいます。やりたい事がたくさんある方ほど、後遺症によってできないことが増えるといった状況に陥らないようにして欲しいです。後遺症に苦しんでいる方が少なからずいらっしゃることを知って欲しいと思います。

この世界に主人公補正はありません。私もあなたも誰もがコロナにかかる可能性はあり、亡くなったり、後遺症のために後悔の念に苛まれる可能性はあります。

以上のことを踏まえて、自分のために、ワクチンを打つかどうか、どう行動するか判断してはいかがでしょうか。

PMS(月経前症候群)

50代女性

主訴:生理前の胃痛、ムカムカ、フラフラ

現病歴:生理が始まる7~10日前の1日、胃痛やムカムカがあり、貧血のようにフラフラする。よく起こる時間は不明、押さえたくない脹った痛みで背中まで痛む、お風呂で楽になる。生理が始まると生理痛だけになる。

続きを読む »

ダイエット

30代女性

主訴:いろいろな食事法を試したり運動もしているが、なかなか痩せない

現病歴:数年前にタバコをやめてから5kgほど体重が増加した。下腹部ではなく、臍の上まわりの肉付きがよい。肋骨の下に指が入らない。腹の周りにタオルを巻いているよう。

続きを読む »

営業日・夏期休業日のお知らせ

店内

2021年7月13日(火)

漢方薬局ハレノヴァの営業日・夏期休業日をお知らせいたします。

祝日の変更に伴い
7月19日(月)は通常通り営業いたします。
7月22日(木)・23日(金)は休業いたします。

また、8月13日(金)~8月15日(日)は夏期休業とさせていただきます。

休業日もメールでのお問い合わせは受け付けておりますが、お返事は翌営業日以降となります。
また、オンラインショップの発送業務も停止いたしますので、予めご了承ください。

ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願いいたします。

不妊(不孕)について

鹿茸1

中医学では、不妊は不孕(ふよう)といい、不孕が起こる状態は、
腎虚(じんきょ)
肝鬱(かんうつ)
痰湿(たんしつ)
血於(けつお)
の4つに分類されています。

続きを読む »

老人必用養草13(身体の補養について1)

香月牛山

引き続き『老人必用養草(ろうじんひつようやしないぐさ)』を紹介します。
この本は香月牛山(かつきぎゅうざん)が1716年に著した本です。
老人の養生、老人への接し方など現代にも通じるいろいろな教訓が書かれていて、今読んでもためになります。

今日は身体の保養に関する部分を抜粋して読んでみます。

続きを読む »