PMS(月経前症候群)

30代女性

主訴:生理に伴う頭痛、生理痛、胸の痛み・ハリ、眠気、イライラ

現病歴:頭痛は以前は生理中のみだったが、生理前にも起こるようになった。2日ほどまえからこめかみあたりがジクジク押されているような感じ。生理痛は2日目の朝のみある。1週間前から胸の痛みやハリがあり、2日前から眠気やイライラがある。頭痛もちで、天気の悪い日に起こりやすく、こめかみが痛くなる。

その他症状・所見:舌はやや痩薄、淡紅~紅、薄白苔、舌下静脈怒張なし。月経周期30日、1~2日ずれることもある。月経期間6~7日。塊あり。

柴胡3

気滞+やや血虚だと思われる。のぼせなど頭部の熱はないため、清熱作用のない、理気+少し補血作用のある方剤を14日間服用してもらった。
14日後、この2週間は頭痛がなく、天気が悪い日でも問題なかった。冷えについては変化わからない。続けて同じ処方14日分。
さらに14日後、生理がきた。胸のハリがあったので、そろそろ不調がくるかと思っている間に生理になった。胸のハリと生理痛は少しあるが、イライラなし、頭痛なし、眠気なし。同じ処方14日分。
さらに14日後、概ね良好、夢を見なくなり、夜中に起きることもなくなり、朝までぐっすり眠れるようになった。貧血が少し心配で鉄剤を飲むか考え中。本人の希望で、補血の方剤を加えて渡した。
その後、漸減し、今では数か月に1度、不調が出たときのみ薬を取りに来ている。

考察:消化器症状や月経周期の乱れがなく、純粋な気滞に近かったことから、1つの処方で効果が早く現れたのだろう。
   ここに脾気虚や於血が深く関わっていると、もっと時間がかかったかもしれない。

※文字化け防止のために「病だれ+於」を「於」に置き換えています。

漢方薬局ハレノヴァ

TEL: 06-6312-8429

大阪市北区末広町3-21 扇町センタービル1F

ご相談予約

ジンギョウキョウカツ湯・ジンギョウ防風湯

エキス剤では効果が不十分な方はぜひ煎じ薬を。
「インスタントコーヒー」のエキス顆粒ではなく、「ドリップコーヒー」の煎じ薬を服用してみるのはいかがですか。
詳しくは【煎じ薬のすすめ・利点】をご覧ください。

ジンギョウキョウカツ湯について
 痒みのある痔には、ジンギョウキョウカツ湯がおすすめです。キョウカツ、防風、蒿本などの痒みをとる生薬が入っています。

ジンギョウ防風湯について
 排便時に痛みのある痔核には、ジンギョウ防風湯がおすすめです。桃仁、大黄、紅花など血の滞りや鬱血を去る生薬が入っています。大黄が含まれているため、便秘気味の方が適しています。当帰、桃仁、大黄、紅花で血の流れをよくして、痔核(=血の滞り)を小さくします。
 

続きを読む »

十全大補湯

エキス剤では効果が不十分な方はぜひ煎じ薬を。
「インスタントコーヒー」のエキス顆粒ではなく、「ドリップコーヒー」の煎じ薬を服用してみるのはいかがですか。
詳しくは【煎じ薬のすすめ・利点】をご覧ください。

十全大補湯について
 気力・体力ともに低下し、さらに冷えを伴った人に適しています。術後の回復を早めたり、抗がん治療を併用する上で、副作用の防止にも使われます。
 手術は出血を伴うため気血を消耗し、体の内部が外気と直接触れるため体の冷えをもたらします。
 抗がん治療も手術と同様、体力を奪い、気血を大量に消費します。気血を大量に消費すれば、“がんは小さくなったけど、体がものすごくしんどい” 状態になりかねません。そのような場合に、十全大補湯が活躍します。

続きを読む »

補中益気湯

エキス剤では効果が不十分な方はぜひ煎じ薬を。
「インスタントコーヒー」のエキス顆粒ではなく、「ドリップコーヒー」の煎じ薬を服用してみるのはいかがですか。
詳しくは【煎じ薬のすすめ・利点】をご覧ください。

補中益気湯について
 人が活動するためのエネルギーは、食べ物から得ていますが、胃腸がしっかり働いて消化吸収できないと、栄養を取り出すことができません。
 体格が良くても、エネルギー不足になることは十分にあります。体に蓄えた燃料をしっかり燃やせていない、エネルギーに変換できていない場合にも、補中益気湯は使えます。

続きを読む »

しもやけ

50代男性

主訴:手指の腫れ、痛み

現病歴:最近、家事で水仕事をよくしていた。昨日の夜から、指が腫れて動かしにくく、痛みがある。

その他の症状・所見:両手ともにMP関節から先が暗紫色で腫れている。触るとやや熱感がある。

続きを読む »

新型コロナの感染予防・重症化予防・後遺症予防

2021.1.18

 第1波、第2波を大きく上回る感染者数となり、医療崩壊も懸念されている中、漢方薬局にできることは、免疫力向上によって感染を予防すること、中等症や重症へ進展するのを防ぐこと、後遺症を残さないことだと強く思います。

【感染予防】
 感染しやすい体の状態は、必ずしも「体力低下」や「たまった疲れ」だけではありません。
昔から冷え症の方は、かぜから体を守る気(エネルギー)が不足しています。熱≒エネルギー≒気であるため、熱の不足は気の不足ととらえられます。この方は、体を温める生活習慣や漢方薬の服用をおすすめしています。特に内を冷やさないように、冷たい飲食物は避けることが重要です。
 普段からかぜを引きやすかったり、温度変化で鼻水やくしゃみがすぐに出たりする方は、体表や気管の防御を担う肺の働きが低下しています。食べ物から作り出した気をしっかり肺へ送る漢方薬などをおすすめします。
 食欲の低下や食べ過ぎるとすぐにお腹が張ったり便が緩くなる方は、砂糖などの甘いものや脂っこい肉を避け、自然の甘みを持つ穀類やいも類を食べたり、胃腸への負担をなくすために食べ過ぎを避けることが重要です。その上で、胃腸を元気にする漢方薬を服用することが感染予防に繋がります。

続きを読む »

のどの違和感

50代男性

主訴:のどのイガイガ、咳払い

現病歴:起きてから寝るまで数分ごとに咳払いをする。違和感があるのはのどより下、天突穴のやや上。10年程前から症状がある。秋に悪化し、春まで症状が続き、夏は症状なし。鼻、耳が乾燥する。休日も症状があるが、仕事中は若干多いかも。仕事が忙しく、休日も家で仕事をしていることもある。漢方薬は2種類試したことがあるが、効果がなかった。

続きを読む »

年末年始休業日のお知らせ

19072601

2020.12.28(月)

漢方薬局ハレノヴァの年末年始休業日をお知らせいたします。

年末年始休業期間:
2020年12月29日(火)~2020年1月3日(日)

期間中、メールでのお問い合わせは受け付けておりますが、お返事は2021年1月4日(月)以降となります。
また、オンラインショップの発送業務も停止いたしますので、予めご了承くださいませ。

ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願い申し上げます。

吐き気

40代女性

主訴:頭痛、吐き気

現病歴:頭痛、吐き気がある。そろそろ月経が始まるが、月経前によく頭痛や吐き気が現れる。
その他の症状:脈細 舌やや紅舌、黄苔

続きを読む »

耳鳴

60代男性

主訴:耳鳴り

現病歴:3か月前から症状が出現し、2か月前から頻繁に起こるようになった。悪化改善条件不明。突然なる事もある。朝は起こりやすく夕方は起こりにくい。平日、休日に差はなし。キーンとした高音。少し気になる程度で、人と話すのには問題なし。

続きを読む »

粘膜の乾燥

40代女性

主訴:目、口など粘膜が乾く

現病歴:3年前から症状。眼科ではドライアイほどではないと言われる。朝起きた時に目が痛くて開けづらい。症状は季節に関係ない。改善条件、悪化条件特になし。目が乾くが、涙は出やすい。鼻が乾くが、鼻水は出やすい。ヒアルロン酸点眼、ジクアス点眼であまり改善なし。

続きを読む »

頭痛・生理痛

30代女性

主訴:頭痛と生理痛

現病歴:〔頭痛〕動くと悪化、発作時は暗い方がマシで、眩しさ、人混み、匂いが苦手になる。温めても冷やしても変わらない。休日になりやすい。生理前に強くなる。月の半分は頭痛や生理痛などで悩んでいる。

その他の症状:月経周期26日ほど。期間5日、経血色は濃い赤~黒赤。塊(+)、生理痛(+)、PMS(+)

続きを読む »

不妊治療①(妊娠しやすい体づくり)

キャリア形成や晩婚化などの社会的要因、子宮内膜症や子宮筋腫などの体の器質的要因など、様々な理由から、不妊治療を希望される方が多くなっています。
不妊治療と聞くと、婦人科へ通うことだけが思い浮かび、漢方医学でも不妊治療ができることは想像できないかもしれませんが、中医学では不妊を不孕(ふよう)、流産や早産は滑胎(かつたい)と呼び、治療の対象となっています。

続きを読む »

頭痛

20代女性

主訴:頭痛が起こりやすい

現病歴:低気圧時に頭全体が痛む。ひどいとズキズキと痛み、ひどくないと重く、ぼんやりとする。冬は寒い場所へ出た時など温度差でもなりやすい。お風呂に入ると悪化しやすい。心が落ち着かない感じ、不安感があり、自分から嫌なことを想像してしまう。

続きを読む »

新型コロナ後遺症と漢方②

2020.11.7

前回、【新型コロナ後遺症と漢方①】で、急性期を超えた後は、漢方の出番であることをお話ししました。
(こちらもご参照ください→【新型コロナの感染予防・重症化予防・後遺症予防】
今回は、新型コロナ後遺症に対して、どういった方剤を使うかを紹介します。

続きを読む »

腰痛

40代男性

主訴:腰痛

現病歴:3日前にピラティスをしていて、腰を痛めた。
    痛みは日中、夜間など時間は関係なく、腰をひねったり、動かしたりしたときに痛む。

続きを読む »