吐き気

40代女性

主訴:頭痛、吐き気

現病歴:頭痛、吐き気がある。そろそろ月経が始まるが、月経前によく頭痛や吐き気が現れる。
その他の症状:脈細 舌やや紅舌、黄苔

半夏4

この方は、急な吐き気で小半夏加茯苓湯をお渡しして、何度かよくなっていたことと、肝鬱気滞がありそうだが、脈細であることから、
二陳湯+当帰芍薬散を2回分お渡しした。

夕方に軽減。吐き気は治まったが、まだ頭痛は少しある。少し寒気がする。口が乾く。肋骨の下が張っている。
その数分後、嘔吐。
ややスッキリしたとのこと。

このとき、右関脈細弱、左関脈弱、弦(-)。舌乾燥、黄苔。

口や舌が乾いていたのと、右の関脈が弱かったのは、ただ、吐いたことによるものだろう。
左の関脈が弱い、弦脈(-)からすると、吐くことでもう邪は去っていたのかもしれないが、吐き気が若干残っていたので、半夏があり、補気作用もある人参が入った柴胡剤をと考え、小柴胡湯を2日分渡した。
その後、話を聞くと、2日分で治ったとのこと。


所感:
『吐方考』から抜粋
病膈上に在る者之を吐す 是吐方を用る大表なり 其の変勝て数ふべからず
吐後気逆極て多し 下気の方用て可なり或は三黄湯或は承気湯
諸々の気疾 諸々の積聚心下痞硬臓腑上に逼る者其れ平生を問て吐血亥欠血衄血の患無き者悉く之を吐すべし 後寫心の方を服すること数十日
喘息初発曁び未だ発せざる者 其の腹脉を按じて之を知り腹気堅実なるときは則ち之を吐す 後 寫心湯小承気湯の類を数十日灸数千壮
口大便吐する者之を吐して後附子寫心生薑寫心半夏寫心の類を服すること数日
腹気堅実ならざる者決して吐すべからず
腹気堅実ならざる者は之を吐すと雖も益無し
→吐方は「膈上に」邪があるものに用いるのが一般的。
 症状は多彩。
 吐いたあとは気逆が多いので、三黄瀉心湯や承気湯類などの気を降ろす方剤を用いるとよい。
 吐血、喀血、鼻血などあるものは吐方を施すべきではない。
 腹が堅く実して、脈も実しているときに吐方がよいが、虚している場合は吐方はよくない。
 吐いた後は瀉心湯類を用いることもある。
 正気が充実していない場合は、吐くことで、正気が虚する恐れがある。

このケースでは、吐後に顔は赤くなく、脈も強くなかったので、三黄瀉心湯や承気湯類は思い浮かばなかった。黄苔があったので、半夏瀉心湯でもよかったかもしれない。
現代では「吐かせる」治療をしないため、『吐方考』を読もうという気になれなかったが、吐こうとする体の機序や、吐いた後の体の状態を考えるためにも、一度目を通しておこうと思った。

漢方薬局ハレノヴァ

TEL: 06-6312-8429

大阪市北区末広町3-21 扇町センタービル1F

ご相談予約

症状・病気別漢方

症例

コロナ後の不調(体のだるさ、痰・喉の違和感)

40代男性
主訴: コロナ後の体のだるさ、痰、喉のイガイガ

現病歴:
 午前中は動けるが、午後からしんどくなる。体を動かした後や、仕事に集中するとだるくなる。昼食後は眠たい。夕方も時に寝たい。休日も不変。
 咳はでないが、痰が出る。透明で粘っこい。たまにのどにへばりついている。
 のどのイガイガは朝はマシで夕方になるにつれて悪化。
 コロナは1ヶ月前になった。初めは強い寒気、発熱37.5℃、水様便2~3日。その3日後に強いのど痛。さらに4日後に痰、咳だけ残った。

続きを読む »

病気になりにくい体・再発しにくい体について④(治療薬・健康を保つための薬)

人参5

前回、邪を防ぐ、邪の発生を予防するための方法をお話ししました。
今回は、漢方薬にも、治療のための薬、健康を保つのための薬があることについてお話しします。

続きを読む »

病気になりにくい体・再発しにくい体について③(邪への対処)

牛黄2

前回、正気を強くするためにはどのような方法があるかお話ししました。
では、邪を防ぐ、邪の発生を予防するにはどうすればよいでしょうか。
1,邪を細菌やウイルスとする場合、2,気候や環境とする場合、3,気血水の滞りとする場合に分けて考えてみます。

続きを読む »

病気になりにくい体・再発しにくい体について②(正気を強くする)

瓊玉膏300g8 沈香

前回、病気にならないためには、正気を強くするか、邪の侵入を防いだり、邪を体に溜め込まないようにするかどちらかという話をしました。
では、正気を強くするにはどうすればよいか。
正気を強くするには、正しい食事と睡眠をとる、治療のための薬ではなく保健のための薬を飲む、体の熱や冷えのバランスを整える、五臓(肺心脾肝腎)のバランスを整えるなどが必要です。

続きを読む »

病気になりにくい体・再発しにくい体について①(正気と邪)

防已3

病気になりたくないのは、全ての方に共通している思いではないでしょうか。
(むしろ病気になりたいという方は、深淵な哲学をお持ちの方か、探究心を窮めた狂気じみた方か、芯の図太い徹底した天邪鬼だと思います。)
では、病気になりにくい体、病気が再発しにくい体を目指すためにはどうすればよいでしょうか。
漢方の視点、治療薬、保健薬、生活習慣、心、いろいろな面からどうすればよいかを考え、何回かに分けてお話ししていこうと思います。

続きを読む »

夏季休業期間のお知らせ(2023)

8月のたぬき

2023年8月10日(木)

漢方薬局ハレノヴァの夏期休業期間をお知らせいたします。

夏期休業期間:8月11日(金)~8月16日(水)

休業日もメールでのお問い合わせは受け付けておりますが、お返事は翌営業日以降となります。
また、オンラインショップの発送業務も停止いたしますので、予めご了承ください。

ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願いいたします。

瓊玉膏について⑥(更年期)

更年期の悩みは、パートナーの方など周りに理解されないことも多く、一人で抱え込んでしまうこともあります。
現在は、更年期症状が出る年齢が早まっている方も少なからずいらっしゃって、そういった方は、世間一般にいう更年期の年齢ではないため、一層、理解を得られにくくなっています。

続きを読む »

車酔いからくる手足のしびれ

40代女性
主訴:車酔い・手足のしびれ

現病歴:
 前日バスで酔った。以前からあるが、車酔いで胃の違和感、胃のしびれが出て、その後、手足がしびれ、体が硬直して動かなくなる。
 明日から車を運転して、出かける予定なので、何とかしたい。
 今日は食べられるがムカムカしている。頭に霞がかかったよう。手足の冷え(-)。喜冷飲。ムカムカと頭の症状同程度。

続きを読む »

こむら返り・便秘

70代男性
主訴:#1こむら返り・#2便秘

現病歴:
#1ゴルフをしていると後半に足がつる。芍薬甘草湯を飲んで、以前は効いていたが、効かなくなった。夏もつる。つりやすい時間帯はない。足に毛布をくるんで寝ると多少マシ。
#2直腸がん切除後から排便障害あり。酸化マグネシウムで便通がある。出が悪く、ガスも溜まる。便秘で胸が悪くなる。

続きを読む »

回春仙について③(気付け)

回春仙は、13種類の生薬を配合し、心臓の症状以外にも応用できる漢方薬です。
1丸が小さいため服用しやすく、瓶も小さいので持ち運びやすいのが特徴です。
症状があるときに服用する、頓服薬としてとても便利な漢方薬です。
今回は、気付けに対する効果についてお話します。
続きを読む »

過敏性腸症候群(IBS)について

過敏性腸症候群(IBS)は、腹痛や便通の異常があり、数ヶ月にわたって慢性的に続く病気です。
人によって、便秘だけ、下痢だけが続いたり、便秘と下痢を交互に繰り返すこともあります。
症状が強いと、電車に長時間乗れず、トイレがない車両だと不安だったり、緊張する場面になるとすぐにお腹が痛くなり、トイレに何度も駆け込むなど、生活に支障をきたすこともあります。
漢方では、どう考えて薬を決めていくのか、次にご紹介します。
続きを読む »

回春仙について②(やる気の低下・頭がぼーっとする)

回春仙は、13種類の生薬を配合しており、気(≒エネルギー)や陰(機能亢進過剰を抑えるもの)などをバランスよく補充できる漢方薬です。
1丸が小さいため服用しやすく、瓶も小さいので持ち運びやすいのが特徴です。
症状があるときに服用する、頓服薬としてとても便利な漢方薬です。
今回は、やる気の低下・頭がぼーっとするのを改善するはたらきについてお話します。
続きを読む »

回春仙について①(動悸・息切れ)

回春仙は、13種類の生薬を配合しており、気(≒エネルギー)や陰(≒機能の亢進しすぎを抑えるもの)などをバランスよく補充できる漢方薬です。
1丸が小さいため服用しやすく、瓶も小さいので持ち運びやすいのが特徴です。
症状があるときに服用する、頓服薬としてとても便利な漢方薬です。
今回は、動悸・息切れに対する効果についてお話します。
続きを読む »

廣東牛黄清心元について④(動悸・不安に対して)

牛黄清心元7

まず、ご注意いただきたいのが、牛黄清心元(ごおうせいしんがん)は、様々なメーカーが製造していて、内容が違うことです。含まれる生薬が違うと、使い方も違います。
廣東牛黄清心元(かんとんごおうせいしんがん;以下、清心元)について、今回は高熱やのぼせに対する効果を説明いたします。


続きを読む »

ゴールデンウィーク営業日のお知らせ

15042201

2023.4.28(金)

続きを読む »