新型コロナの感染予防・重症化予防・後遺症予防

2021.1.18

 第1波、第2波を大きく上回る感染者数となり、医療崩壊も懸念されている中、漢方薬局にできることは、免疫力向上によって感染を予防すること、中等症や重症へ進展するのを防ぐこと、後遺症を残さないことだと強く思います。

【感染予防】
 感染しやすい体の状態は、必ずしも「体力低下」や「たまった疲れ」だけではありません。
昔から冷え症の方は、かぜから体を守る気(エネルギー)が不足しています。熱≒エネルギー≒気であるため、熱の不足は気の不足ととらえられます。この方は、体を温める生活習慣や漢方薬の服用をおすすめしています。特に内を冷やさないように、冷たい飲食物は避けることが重要です。
 普段からかぜを引きやすかったり、温度変化で鼻水やくしゃみがすぐに出たりする方は、体表や気管の防御を担う肺の働きが低下しています。食べ物から作り出した気をしっかり肺へ送る漢方薬などをおすすめします。
 食欲の低下や食べ過ぎるとすぐにお腹が張ったり便が緩くなる方は、砂糖などの甘いものや脂っこい肉を避け、自然の甘みを持つ穀類やいも類を食べたり、胃腸への負担をなくすために食べ過ぎを避けることが重要です。その上で、胃腸を元気にする漢方薬を服用することが感染予防に繋がります。

人参6

【重症化予防】
 コロナは本来「かぜ」を引き起こすウイルスなので、初発症状はかぜと似ています。
 その時点で漢方薬を服用することで、症状が進展する以前の段階で治癒に導くことができます。
 かぜに対して、西洋医学では解熱剤や鎮咳薬といった、症状を抑える薬しかありませんが、東洋医学では免疫などの体の防御機能を鼓舞することで、重症化を防ぎます。

 「発症初期に食い止めること」が鍵となるため、発症前から家に漢方薬を準備しておくことが大切です。
 漢方薬をご購入の際は、使い方・服用するタイミングを詳しくお教えします。
 コロナにかからなくても、家庭の常備薬にできる薬をご提案するため、決して無駄にはいたしません。

菊花2

【後遺症予防】
 新型コロナは軽症の場合の方が、後遺症が残りやすいとも言われています。
 急性期を超えたあとは、血の流れをよくする漢方薬や、残った邪(感染初期の「邪」はウイルスも含むが、回復期には炎症や機能異常を引き起こす血中のサイトカインなどを指すと思われる)を排除する処方や、肺や脾(消化器)の気(機能)を高める漢方薬を服用します。


 当店の常連の方がコロナ陽性になり自宅療養となった際は、症状をお聞きして重症化予防の薬をいくつか提案しました。
 発症時の症状が軽く、体のだるさと連続して出る咳くらいでしたが、後遺症予防のため、本人のご希望に沿ってお薬を郵送し、今では後遺症なく仕事をされています。

 もちろん、西洋薬を含めた全ての薬に言えることですが、同じ人、同じ条件で薬を服用した場合と服用していない場合を比べることはできませんので、この例を以て漢方薬が効いたとは必ずしも言えません。
 しかし、西洋医学的なコロナ重症化の仕組みや漢方薬の研究結果なども踏まえて薬を選んでいるため、服用する価値は必ずあります。

 感染を避けたい方、薬を備えておきたい方は一度お越しになってください。

漢方薬局ハレノヴァ

TEL: 06-6312-8429

大阪市北区末広町3-21 扇町センタービル1F

ご相談予約

症状・病気別漢方

症例

胆のう切除術後の不調(腹痛・ガス)

60代男性
主訴:腹痛、ガスが溜まる

現病歴:3週間前に手術で胆のうを切除した。その後から症状。腹痛は夜寝てからが多いが朝もある。日中は(-)。腹満や背中まで痛むことはない。市販薬のザ・ガードを服用。胆石13個あった。コレステロール、中性脂肪高い。
便通は毎朝あり、やわらかめ。食後の便はたまに(+)。アルコールや牛乳で軟便。匂いは強くない、灼熱感(-)、茶色。残便感(+)。

続きを読む »

12月のイベント

冬養生イベント(1)

先月、「冬の養生&ミニ体質相談会」をハレノヴァで開催いたしました。
満席となり、盛況のうちに終えることができました。

続きを読む »

にきび②

20代女性
主訴:にきび

現病歴:
 高校生のころによくにきびができた時期があった。皮膚科の塗り薬で改善するが、中止すると繰り返す。大学から1人暮らしを始め、にきびが増えた。
 白く小さな化膿したにきび。若干乾燥して、赤みが強い。暗い色ではない。生理前後の悪化(-)。季節による悪化(-)。

続きを読む »

廣東牛黄清心元について①(疲労回復)

牛黄清心元2

まず、ご注意いただきたいのが、牛黄清心元(ごおうせいしんがん)は、様々なメーカーが製造していて、内容が違うことです。含まれる生薬が違うと、使い方も違います。
当店で取り扱いのある、廣東牛黄清心元(かんとんごおうせいしんがん;以下、清心元)について、今回は滋養強壮に対する効果を説明いたします。

続きを読む »

前腕内側の痛み(腱鞘炎)

60代男性
主訴:前腕内側の痛み

現病歴:
 頚椎椎間板ヘルニアの既往。ロキソニンとリリカを飲みながらゴルフをしていた。手術で改善し、しびれが少し残る程度だった。その後、痛み止め中止で腱鞘炎の痛みが出てきた。テーピングやサポーター使用。他の漢方薬局で漢方薬服用して数か月後に痛みが消えた。その漢方薬局が閉店するので、代わりの薬が欲しい。薬の名前は教えてもらっていない。 続きを読む »

年末年始休業日のお知らせ(2022~23年)

2015門松

2022.12.19(月)

漢方薬局ハレノヴァの年末年始休業日と営業時間変更をお知らせいたします。

年末年始休業期間:2022年12月29日(木)~2023年1月4日(水)
営業時間変更  :2023年1月7日(土)10:00~12:00

期間中、メールでのお問い合わせは受け付けておりますが、お返事は2023年1月5日(木)以降となります。
また、休業期間中はオンラインショップの発送業務も停止いたしますので、予めご了承くださいませ。

ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願い申し上げます。

コロナワクチン接種後の不調(副反応)

自験例
主訴:かぜ様症状(さむけ・体のだるさ・頭痛)

現病歴:17時半にコロナワクチン(モデルナ)接種。21時ごろ腕が痛みだした。翌日、いつもより寒いと感じる。体がだるく、一度座ると動きたくない。たまに頭痛がある。頭がボーっとしている。

続きを読む »

湿疹(アトピー性皮膚炎?)

60代女性
主訴:湿疹(アトピー性皮膚炎?)

現病歴:肩関節周りに小さな赤いプツプツ、胸の間とブラジャーのラインに湿疹、耳の後ろマスクの当たる所に湿疹、デリケートゾーンのかゆみ、頭頂部付近のかゆみ。アレルギー検査で異常なし。ハウスダストが高いが基準内。子供のころから肌が弱かった。ステロイドを塗ると2~3日で治るが止めたら再発。アトピーはもともと持ってる。「アトピーだと思う。」

続きを読む »

体調不良

40代女性
主訴:全身的な不調

現病歴:5~10年前に甲状腺腫瘍がみつかったが、薬は要らないと診断された。子供のころからむくみやすい。15~20年前から、覚えるのが苦手、仕事に集中はできるが、休憩中はボーっとしている。疲れやすい、朝の動き始めがつらい。側頭部の頭痛があり、重い感じ。この2か月ほど便秘がひどく、3~4日に1回しかでない、コロコロ便ではなく細くもない、出るときはバナナ状。お腹から下が冷える。

続きを読む »

コロナ後の嗅覚障害

50代女性
主訴:コロナ後の嗅覚障害

現病歴:2週間ほど前にコロナ感染。39℃超の発熱、のど痛あった。解熱する時に鼻の粘膜が痛かった。痛みが無くなる頃から代わりに嗅覚がなくなっていった。今は鼻に違和感がある。鼻乾燥(-)。

続きを読む »

前立腺肥大について

前立腺肥大は、尿を出す、溜める、出した後の3つに関する症状が現れます。
出すことに関する症状として、尿の勢いが弱い(尿が分かれて出る)、出始めるまでに時間がかかる、尿が分かれる、尿が一度に出きらない、尿をするときに力まなければならないなどが現れます。尿道の周りにある前立腺が大きくなることで、尿道が圧迫され、このような症状が現れます。
溜めることに関する症状として、頻尿、急にトイレに行きたくなる、漏れてしまうなどが現れます。
出した後の症状として、残尿感や下着に尿がついてしまうなどがあります。

続きを読む »

かぜの後の咳

40代女性
主訴:かぜの後の咳

現病歴:1週間前にのど痛からかぜをひいた。コロナ陰性。その後発熱、頭痛。ロキソニンとフスコデをもらったが、フスコデは眠くなるので中止した。4日前、咳と鼻水が残っていた。今日は鼻水は少しマシ。咳は出だすと出る。のどが痒く、イガイガする。鼻をかむと少し楽になる。のどの乾燥感(+)、張り付いて乾いている。痰はからむがあまり出ない、へばりついている。咳は夜にひどくなる、入浴後から布団に入る前まで。朝起きた時と寝る直前に咳が出やすい。麻杏甘石湯と半夏厚朴湯をもらったが、あまり効果がなかった。

続きを読む »

体内の老廃物の排出にササヘルス

クマザサ3


続きを読む »

逆流性食道炎②

30代女性
主訴:胸やけ、のどのつまり

現病歴:2018年に発症。初めは逆流性食道炎に悪い食べ物(アルコール、刺激物、乳製品)で胃痛や吐き気が出てきた。タケキャブを処方されて症状マシに。現在、特に思い当たるものはなくても、胸やけ、のどのつまり、吐き気が出る。灼熱感(-)、痛み(-)。朝食後数時間くらいから症状が出て、夕方まで続く。

続きを読む »

勃起不全(陽痿)について

勃起不全(陽痿:ようい)は、昔からよくある悩みで、江戸時代から「精」をつけるための様々な薬や食材が喧伝されてきました。
しかし、漢方では、ただ「精」をつければよいというわけではありません。
気の流れや血の流れが悪くないか、精を利用できているかなど判断して薬を用いなければ、改善しない場合があります。
精力剤を飲んでも改善しない方は、他の要因が絡んでいる可能性もあり、特に、高齢者以外では、精の不足以外の問題を考える必要があります。

続きを読む »