不妊(不孕)について

中医学では、不妊は不孕(ふよう)といい、不孕が起こる状態は、
腎虚(じんきょ)
肝鬱(かんうつ)
痰湿(たんしつ)
血於(けつお)
の4つに分類されています。

鹿茸1

腎虚では初潮が遅い、腰や足がいつもだるい、尺脈が弱いなどの症状が現れます。
腎虚は腎陰虚(じんいんきょ)と腎陽虚(じんようきょ)に分けられます。
腎陽虚では、寒がり、生理は周期が遅く、日数は短め、量が少なく、月経中に下痢ぎみになるなどの症状が現れます。
腎陰虚では、手足がほてり、生理の日数は短め、量は少なめで月経前より月経後半の方が体の調子が悪くなるなどの症状が現れます。
腎虚タイプは、生命力が足りていないと言うと、イメージしやすいかもしれません。子供を産むことは、生命力を分け与えることなので、母体に生命力の余裕がないため、妊娠の準備ができない状態です。不妊の方はこのタイプを兼ねていることが多く、何らかの補腎薬が必要なことが少なくありません。
この方は、腎陽虚なら鹿茸、腎陰虚ならや亀板や女貞子・旱連草などを服用して、補腎します。妊娠できる体にたどり着くまでに、体が温まってきたり、ほてりが取れてきたり、疲れが溜まりにくくなったりすることで効果を実感できます。

柴胡3

肝鬱では仕事やプライベートでイライラすることが多い、鬱々とした気持ちになりやすい、ため息が多い、胸や肋骨の下あたりが詰まったように感じる、生理に関しては周期は短くも長くもなることがあり、PMSが重いなどの症状が現れます。
肝鬱タイプは、日々のストレスが精神的、肉体的にうまく発散できずに溜まってしまっている方で、柴胡や香附子、烏薬や木香などを服用します。肝鬱は気の流れが悪くなった状態です。気はエネルギーであり、血や水を動かすのもエネルギーである気の働きです。エネルギーの流れが悪くなった状態なので、同時に血の流れも悪くなりやすく、肝鬱と血於は1人の方に同時に現れやすいです。

蒼朮5

痰湿というのは、体の中で動かなくなった水をイメージしてください。ねばねばして気血水の流れを阻害します。
痰湿ではぽっちゃりした体型、雨の日に頭痛がする、雨の日は特に体がだるい、すぐにお腹がいっぱいになる、生理に関しては周期が遅れることもあり、経血がねばねばしていて、おりものが多く、少し血の塊が混じるなどの症状が現れることがあります。
痰湿タイプは、食べ過ぎの人や、もともと胃腸が弱い方がなりやすいタイプです。
漢方では、脾(≒胃腸)は水を処理する働きがあり、体の中の痰湿は脾(胃腸)で生じると考えます。
胃腸が弱ければ、人参や唐白朮、茯苓などで胃腸を強くして水を処理する力を高めて痰湿が生じないようにします。胃腸が弱くない人では蒼朮や陳皮・半夏などで痰湿を乾かしていきます。

桃仁6

血於は、血の滞りを意味します。於血という言葉をご存知の方は、ほぼ同じだと考えてくださって構いません。血於では、痔になりやすい、顔にシミがある、サメ肌、冷えのぼせがある、子宮筋腫があるもしくはなったことがある、生理痛が重い、経血に塊が混ざる、経血が黒っぽいなどの症状が現れます。
於血は、いろいろな原因で起こるため、他のタイプを兼ねていることが多いですが、とりわけ、肝鬱を兼ねていることが多いです。肝鬱タイプは血を動かす気(エネルギー)がスムーズに流れないため、於血と重なっていることが多く、この場合は、気と血どちらも巡りを改善させるように薬を作ります。

中医学の基本的な分類は以上ですが、実際には、まずはお腹の調子を整えるのが良い方、冷えを重点的に取り除くのが良い方など、様々なので、その方に合った体のバランスを整える薬を併せて服用していただくことが多いです。

漢方ではこのような症状を体質判断の手がかりにすることを知っていただいて、当店に来ていただいた際には、ご自身の体について、色々お話ししていただけるとありがたく思います。

※文字化け防止のために、「病だれ+於」を「於」に置き換えています。

症例はこちら↓
https://halenova.com/blog/?cat=41

漢方薬局ハレノヴァ

TEL: 06-6312-8429

大阪市北区末広町3-21 扇町センタービル1F

ご相談予約

症状・病気別漢方

症例

しびれ・知覚鈍麻について

正常な人でも、正座を長時間した後に、しびれを感じることがあります。慢性的に血行不良が続いたり、一時的な血行不良のあと、一部血流が再開すると、しびれを感じます。
漢方でも、しびれや知覚のマヒは、症状のある部分に気血(エネルギーや血液)が届かなくなって起こると考えます。
続きを読む »

年末年始休業日のお知らせ(2023~24年)

19052301

2023.12.16(土)

漢方薬局ハレノヴァの年末年始休業日をお知らせいたします。

年末年始休業期間:2022年12月29日(金)~2023年1月4日(木)

期間中、メールでのお問い合わせは受け付けておりますが、お返事は2023年1月5日(金)以降となります。
また、休業期間中はオンラインショップの発送業務も停止いたしますので、予めご了承ください。

ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願い申し上げます。

コロナ後の不調(体のだるさ、痰・喉の違和感)

40代男性
主訴: コロナ後の体のだるさ、痰、喉のイガイガ

現病歴:
 午前中は動けるが、午後からしんどくなる。体を動かした後や、仕事に集中するとだるくなる。昼食後は眠たい。夕方も時に寝たい。休日も不変。
 咳はでないが、痰が出る。透明で粘っこい。たまにのどにへばりついている。
 のどのイガイガは朝はマシで夕方になるにつれて悪化。
 コロナは1ヶ月前になった。初めは強い寒気、発熱37.5℃、水様便2~3日。その3日後に強いのど痛。さらに4日後に痰、咳だけ残った。

続きを読む »

病気になりにくい体・再発しにくい体について④(治療薬・健康を保つための薬)

人参5

前回、邪を防ぐ、邪の発生を予防するための方法をお話ししました。
今回は、漢方薬にも、治療のための薬、健康を保つのための薬があることについてお話しします。

続きを読む »

病気になりにくい体・再発しにくい体について③(邪への対処)

牛黄2

前回、正気を強くするためにはどのような方法があるかお話ししました。
では、邪を防ぐ、邪の発生を予防するにはどうすればよいでしょうか。
1,邪を細菌やウイルスとする場合、2,気候や環境とする場合、3,気血水の滞りとする場合に分けて考えてみます。

続きを読む »

病気になりにくい体・再発しにくい体について②(正気を強くする)

瓊玉膏300g8 沈香

前回、病気にならないためには、正気を強くするか、邪の侵入を防いだり、邪を体に溜め込まないようにするかどちらかという話をしました。
では、正気を強くするにはどうすればよいか。
正気を強くするには、正しい食事と睡眠をとる、治療のための薬ではなく保健のための薬を飲む、体の熱や冷えのバランスを整える、五臓(肺心脾肝腎)のバランスを整えるなどが必要です。

続きを読む »

病気になりにくい体・再発しにくい体について①(正気と邪)

防已3

病気になりたくないのは、全ての方に共通している思いではないでしょうか。
(むしろ病気になりたいという方は、深淵な哲学をお持ちの方か、探究心を窮めた狂気じみた方か、芯の図太い徹底した天邪鬼だと思います。)
では、病気になりにくい体、病気が再発しにくい体を目指すためにはどうすればよいでしょうか。
漢方の視点、治療薬、保健薬、生活習慣、心、いろいろな面からどうすればよいかを考え、何回かに分けてお話ししていこうと思います。

続きを読む »

夏季休業期間のお知らせ(2023)

8月のたぬき

2023年8月10日(木)

漢方薬局ハレノヴァの夏期休業期間をお知らせいたします。

夏期休業期間:8月11日(金)~8月16日(水)

休業日もメールでのお問い合わせは受け付けておりますが、お返事は翌営業日以降となります。
また、オンラインショップの発送業務も停止いたしますので、予めご了承ください。

ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願いいたします。

瓊玉膏について⑥(更年期)

更年期の悩みは、パートナーの方など周りに理解されないことも多く、一人で抱え込んでしまうこともあります。
現在は、更年期症状が出る年齢が早まっている方も少なからずいらっしゃって、そういった方は、世間一般にいう更年期の年齢ではないため、一層、理解を得られにくくなっています。

続きを読む »

車酔いからくる手足のしびれ

40代女性
主訴:車酔い・手足のしびれ

現病歴:
 前日バスで酔った。以前からあるが、車酔いで胃の違和感、胃のしびれが出て、その後、手足がしびれ、体が硬直して動かなくなる。
 明日から車を運転して、出かける予定なので、何とかしたい。
 今日は食べられるがムカムカしている。頭に霞がかかったよう。手足の冷え(-)。喜冷飲。ムカムカと頭の症状同程度。

続きを読む »

こむら返り・便秘

70代男性
主訴:#1こむら返り・#2便秘

現病歴:
#1ゴルフをしていると後半に足がつる。芍薬甘草湯を飲んで、以前は効いていたが、効かなくなった。夏もつる。つりやすい時間帯はない。足に毛布をくるんで寝ると多少マシ。
#2直腸がん切除後から排便障害あり。酸化マグネシウムで便通がある。出が悪く、ガスも溜まる。便秘で胸が悪くなる。

続きを読む »

回春仙について③(気付け)

回春仙は、13種類の生薬を配合し、心臓の症状以外にも応用できる漢方薬です。
1丸が小さいため服用しやすく、瓶も小さいので持ち運びやすいのが特徴です。
症状があるときに服用する、頓服薬としてとても便利な漢方薬です。
今回は、気付けに対する効果についてお話します。
続きを読む »

過敏性腸症候群(IBS)について

過敏性腸症候群(IBS)は、腹痛や便通の異常があり、数ヶ月にわたって慢性的に続く病気です。
人によって、便秘だけ、下痢だけが続いたり、便秘と下痢を交互に繰り返すこともあります。
症状が強いと、電車に長時間乗れず、トイレがない車両だと不安だったり、緊張する場面になるとすぐにお腹が痛くなり、トイレに何度も駆け込むなど、生活に支障をきたすこともあります。
漢方では、どう考えて薬を決めていくのか、次にご紹介します。
続きを読む »

回春仙について②(やる気の低下・頭がぼーっとする)

回春仙は、13種類の生薬を配合しており、気(≒エネルギー)や陰(機能亢進過剰を抑えるもの)などをバランスよく補充できる漢方薬です。
1丸が小さいため服用しやすく、瓶も小さいので持ち運びやすいのが特徴です。
症状があるときに服用する、頓服薬としてとても便利な漢方薬です。
今回は、やる気の低下・頭がぼーっとするのを改善するはたらきについてお話します。
続きを読む »

回春仙について①(動悸・息切れ)

回春仙は、13種類の生薬を配合しており、気(≒エネルギー)や陰(≒機能の亢進しすぎを抑えるもの)などをバランスよく補充できる漢方薬です。
1丸が小さいため服用しやすく、瓶も小さいので持ち運びやすいのが特徴です。
症状があるときに服用する、頓服薬としてとても便利な漢方薬です。
今回は、動悸・息切れに対する効果についてお話します。
続きを読む »