新型コロナウイルス感染症③

30代男性

主訴:新型コロナウイルス感染症

〈1日目〉
2022年2月中旬
昼の休憩中、寒いと感じた。ゾクッとは来ていない。
その後、胸から心下にかけて詰まる感じ。胃の裏の高さ、膀胱経の筋肉が詰まって痛い。寒気が少しある。右寸脈やや沈やや弦。汗無し。
→桂枝去芍薬加附子湯
全く変わらず。

→葛根湯エキス1包
汗が出ない。右後頭部にひきつるような頭痛が時々現れる。
→葛根湯(煎じ薬)
半分飲んだ所で帰路に就く。
足の裏、背中痛い、関節の痛みはなし。ややだるい。寒気あり。頭痛あり。

帰宅後、布団にくるまる
→葛根湯エキス1包
発汗せず
葛根湯で発汗しないので、麻黄湯にしようか迷ったが、高熱ではない上に、そこまで体が痛いわけではなく、こじらせるのは避けたいのでとりあえず却下。

桂皮3

家族が帰宅。
汗が出ているか微妙な感じ。所々に湿り気程度。
ネギと梅干し入りのおじやを食べた。
やや発汗。

22:00に起きた。
背中が異様に痛い。少し寒気。37.9℃
歯を磨いて顔を洗ってまた寝る。
このとき、目の上、眉稜骨辺りのズキズキくる頭痛あり。
→これしか考えられないくらい症状が揃っていたので柴葛解肌湯エキス1包
1時間くらい寝た後、頭痛と背中の痛みがほぼ無くなった。
→柴葛解肌湯エキス1包
夜中、寒気が無くなった。

石膏2

〈2日目〉
朝に咳少し、頭痛少し、寒気なし。熱感あり。食べられないわけではないが、食欲あまりなし。ずっと布団にいて動いていないせいかも。37.2℃。
→小柴胡湯+桔梗石膏服用

9:00
やや痰からむ。
トイレに起きるとやっぱり体が痛い。
→柴葛解肌湯1包

寒気や頭痛あり
咳も時々
この日、小柴胡湯+桔梗石膏 各3包

夜には倦怠感や頭痛なし

〈3日目以降〉
その後、5日間ほど、小柴胡湯と桔梗石膏をベースに服用した。
その間、時々、右の乳頭上部第2肋間(屋翳あたり)が背中に通るように痛くなったため、環元清血飲を1日1包服用。症状がなくなったため2日間で終了。

柴胡2

〈7日後以降〉
咳だけが残り、日中は時々。夕方や夜間にかけて空咳が出て止まらなくなった。
味麦地黄丸を服用すると、飲んだ瞬間から咳が出なくなった。
自宅療養期間が明けてからは、味麦地黄丸では効果が薄くなり、麻黄などを含む方剤を加えて煎じ薬を服用した。
1週間くらいで、喋ってもほとんど咳は出なくなった。緊張する場面ではやや出るくらいで、ほとんど治癒。

所感:咳が残ってしまったのは、今は吸入薬などは使用していないが、もともと、小児ぜんそくがあったため、素体の弱さが出てきたのだろう。腎が弱い体質なので、腎の納気を助ける味麦地黄丸を使用したが、人参、黄耆などで脾気や肺気を補った方がよい方もいる。
   味麦地黄丸が1服で驚くほどすぐに、よく効いたのは、味覚からの酸味の刺激が関係しているのだと思う。
   味麦地黄丸で効果が頭打ちになったのは、コロナで失調した腎の納気の作用は回復し、肺の宣発粛降の失調が咳の主な原因になった。緊張する場面で咳が出るのは、肺がまだ完全には回復しておらず、肝鬱気滞がすぐに影響してしまうのだと考えられる。日常生活にそれほど困らないので、日にち薬で治すことにした。

漢方薬局ハレノヴァ

TEL: 06-6312-8429

大阪市北区末広町3-21 扇町センタービル1F

ご相談予約

症状・病気別漢方

婦人科
PMS(月経前症候群)について:https://halenova.com/blog/?p=3297

子宮筋腫について:https://halenova.com/blog/?p=4819

不妊治療について①(妊娠しやすい体づくり):https://halenova.com/blog/?p=3417

不妊(不孕)について:https://halenova.com/blog/?p=4604

出産について①(元気な赤ちゃんを産むには:)https://halenova.com/blog/?p=5018

出産について②(産後の不調):https://halenova.com/blog/?p=5024

陰部の痒みについて:https://halenova.com/blog/?p=5482

女性の更年期障害について:https://halenova.com/blog/?p=5619

続きを読む »

子どものコロナウイルス感染症

デルタ株が主流だった頃は、子どもはほとんど感染しませんでしたが、オミクロン株では、子どもの中でも感染が広がっています。
症状としては、下痢などの消化器症状が多いようです。
消化器症状が出る感染症は、湿邪が絡んでいると考えます。

続きを読む »

女性の更年期障害について

更年期とは、40代半ばから50代半ばを指し、閉経が近づく、もしくは閉経したことにより、体のバランスが大きく崩れる時期です。今までと違った状態に体が慣れるまで、いろいろな症状が出てしまいます。
頭部に出る症状としては、頭痛、めまい、ほてり、のぼせなど。
精神神経症状では、動悸、発汗、不眠、不安感、イライラ、うつなど。
消化器の症状では、吐き気、下痢、便秘、胃もたれ、胸やけなど。
運動器の症状では、肩こり、腰痛、関節痛、しびれ、手指の痛み・変形など。
その他、月経異常、尿失禁、性交痛、息切れ、倦怠感、むくみ、のどの渇き、ドライアイなど、様々です。

続きを読む »

下痢

30代女性

主訴:下痢

現病歴:主に夕食後、たまに昼に下痢をする。2日に1回かそれより少ない程度。季節関係なし。あっさりした食べ物を食べても(+)。腹痛はたまに(+)。休みの日も(+)。食べ過ぎで起こりやすい。生理前は下痢しやすい。

続きを読む »

コロナ後の不調

40代女性
主訴:コロナ回復後、ものが飲み込みにくい、やる気が出ない

現病歴:コロナ発症時は熱と頭痛があったが、ロキソニンを飲んで、今は熱も頭痛もない。喉につっかかるものがある程度で、喉が痛い訳でもない。ただ、喉の詰まりで物が飲み込みにくい。微熱はない。息の吸い込みにくさ(-)。熱感(-)。喜冷飲(-)。やる気が出ない。

続きを読む »

ゴールデンウィーク営業日のお知らせ

19061801

2022.4.5(火)

続きを読む »

陰部のかゆみについて

陰部のトラブルは、悩んでいてもなかなか人に言い出せないことが多いです。
その上、どこで相談すればいいかわからないなどの理由もあり、我慢してしまう人が多くいらっしゃいます。

女性、男性の陰部の痒みには、汗や経血・おりものなどで蒸れる、逆に乾燥して皮膚が敏感になる、下着や生理用品が擦れて刺激となるなど感染症以外の原因と、カンジダやクラミジアなどの感染症が原因のことがあります。

続きを読む »

子宮筋腫

40代女性

主訴:子宮筋腫

現病歴:婦人科で子宮筋腫を指摘された。すぐに手術を勧められるほどではない大きさ。月経過多(-)。周期22~23日。期間3日ほど。経血量少なめ。塊(+)。生理痛(-)。月経前の症状は全体的に重くない。

続きを読む »

新型コロナウイルス感染症③

30代男性

主訴:新型コロナウイルス感染症

〈1日目〉
2022年2月中旬
昼の休憩中、寒いと感じた。ゾクッとは来ていない。
その後、胸から心下にかけて詰まる感じ。胃の裏の高さ、膀胱経の筋肉が詰まって痛い。寒気が少しある。右寸脈やや沈やや弦。汗無し。
→桂枝去芍薬加附子湯
全く変わらず。

続きを読む »

花粉症

40代女性

主訴:花粉症

現病歴:いつも抗アレルギー薬を服用する。飲んだ方がマシになるが、完全には症状が治まらない。

続きを読む »

大腸憩室炎

60代男性

主訴:憩室炎の再発

現病歴:2年半前に憩室炎で大腸の右側40cm切除。大腸と小腸を繋げた。1年後、さらに1年後にも再発し、3回目のため再度手術をした。術後に動けず、ドレーンも煩わしく、検査のための大腸ファイバーも痛かったので、もう手術をしたくない。左側にも憩室炎があり、1ヶ月ほど前に抗菌薬を服用した。

続きを読む »

漢方薬を渡す前に考えること

いつも、お薬をお渡しするまで、何をどう考えているのか、先日あった腹痛の相談を例にとり、紹介いたします。

30代の女性が、腹痛で来店されました。
まず、トリアージをしなくてはいけません。
薬局でのトリアージとは、病気に緊急度や重症度が高い場合に、適切に受診を促すことを指します。
腹痛でいらっしゃったときには、部位を考えます。今回、上腹部・みぞおちが痛いとのことでした。

続きを読む »

筋力低下

90代男性

主訴:足腰が弱い

現病歴:(奥さんが来店)体が弱くなり、最近、部屋でひっくり返ってしまった。バランスを崩しやすい。

続きを読む »

メルマガにて季節の養生配信中!

qr_mailnews

2022年1月27日(木)

ハレノヴァでは、姉妹店の栃本天海堂薬局と合同で、メールマガジン『トチモト・ハレノヴァ NEWS』の配信をしています(毎月1回、月初配信)。

季節の養生、薬局にまつわるコラム、メルマガ限定のお得なキャンペーン情報満載のメールマガジンです。
よろしければ下のいずれかの方法でご登録くださいね。

登録方法その1:

こちらのQRコードを読み取ると、空メール送信画面に移ります。
空メールを送信すると登録完了です。

登録方法その2:

メールマガジン登録専用ページ
https://www.halenova.com/mailnews.html
こちらのアドレスまたはQRコードからアクセスし、登録したいメールアドレスを入力して送信すると登録完了です。

ちょこっと出し「メルマガ2022年1月号」配信内容
【 季節・漢方の話題 】
今回は元旦に飲む習慣のある「お屠蘇(とそ)」についてご紹介したいと思います。
お屠蘇は「屠蘇散」と言われる、魏(ぎ)の名医である華佗(かだ)の処方とされ、数種類の生薬を酒やみりんに浸したものです。
その効能は1年の邪気(じゃき)を払い、齢(よわい)を延ばすと、広辞苑に記載されています。……。

インスタグラムやってます

halenova_kampo_ph_nametag

2021年1月26日(水)

漢方薬局ハレノヴァでは、みなさまの健康と美容に役立つ情報をより広くお知らせするため、インスタグラム(Instagram)をやっています。

よろしければご覧くださいね。
どうぞよろしくお願いいたします!

#漢方 #漢方薬 #漢方薬局 #漢方相談 #未病
#トチモト #栃本天海堂 #栃本天海堂薬局
#ハレノヴァ #HALENOVA
#漢方薬局ハレノヴァ #大阪 #大阪市北区