老人必用養草15(身体の補養について3)

香月牛山

引き続き『老人必用養草(ろうじんひつようやしないぐさ)』を紹介します。
この本は香月牛山(かつきぎゅうざん)が1716年に著した本です。
老人の養生、老人への接し方など現代にも通じるいろいろな教訓が書かれていて、今読んでもためになります。

今日は身体の保養に関する部分を抜粋して読んでみます。

【原文】
・呂純陽の説に「我を生ずるの門、我をころすの戸」とありて、つつしまずんば有べからざるなり。聖人も「人わかき時は血気まさに剛(こは)し。是をいましむる事、色にあり」とのたまふ。いはんや老人の血気漸々に涸て精血薄くなり、もてゆくにおゐてをや、これをつつしまざらんや。

・素女の説に、「人、年二十の者は四日に一たび泄す。三十の者は八日に一たび泄す。四十の者は十六日に一たび泄す。五十の者は三十日に一たび泄す。六十の者は精を秘してもらす事なかれ。もし体気共にさかんならば一月に一たび泄すべし」といへり。これその大概をいふなり。

・色慾の事は人の生まれつきによりて格別に厚薄あるものなり。腎精弱きものは此数にかかはるべからず。精力をおしみて交接をまれにすべし。おほくは色慾も忽せになるものなり。

・又人によりて、わかき時は色慾の念もうすく、陽事もすくやかならぬもの、中年以上より陽事さかんに慾念つよくおこる事あり。これ以ての外の悪しき事なり。陰血涸て孤陽のたかぶればなり。燈(ともしび)の消えんとては、ひかりを増すにたとえたり。愚なる人は、わかき時よりかへりてつよくなりたるなどといひて、心のままに慾をむさぼりて卒病を生じ卒死にいたる。この時よく心をつけて慾念をおさへ、つつしみたもつときは、陰血生じて邪火しりぞき慾念おさまりて、老人の常となりて病も生ずる事なく、長寿を得る事なるべし。

・老人陽事萎ておこらずとて陽をひきおこす薬、烏頭・附子の類を服すべからず。丹渓もこれをいましむるに「およばざる事をおそれて、すくふに燥毒を以てす」といへり。孤陽たかぶりて陰血いよいよ減ずる事をしるべし。

【訳文】
・呂純陽の説に「(陰部は)自分が生まれてくる門、自分を殺す扉」とあり、慎まなければならない。聖人も「若い時は気力体力が盛んである。まず戒めるのは、色にある」と仰っている。なおさら、老人は気力体力が徐々に涸れて減り、精血が薄くなり、次第に衰えていくのだから、これを慎まなければならない。

・『素女経』に「ひとは、二十歳の者は四日に一度交接する。三十歳の者は八日に一度交接する。四十歳の者は十六日に一度交接する。五十歳の者は三十日に一度交接する。六十歳の者は精を留めてもらしてはいけない。もし、気力体力ともに盛んであればひと月に一度交接してもよい」とある。これは慎むことに関してほとんどを言っている。

・色欲には、人の生まれつきによって、とても個人差があるものである。腎精が弱いものは前の数字を参考にするべきではない。なるべく精を大切にして、交接を少なくするべきである。多くは色欲もさほど強くないものである。

・また人によっては、若い時は色欲が弱く、交接もままならないものでも、中年以降に欲が強くなることがある。これは特によくないことである。陰血が涸れて少なくなり、抑制がきかず独り陽がたかぶるためである。燈火が消えそうになるときに、かえって光が強くなることに例えられる。愚かな人は、若い時よりかえって強くなったと言って、ほしいままに欲をむさぼり、突然の病を生じて、突然、死に至る。この時によく気を付けて欲を抑え、慎んでいるなら、陰血が生じて邪火が退き欲情が収まって、一般の老人と同様になり、病気となる事もなく、長寿を得ることができる。

・老人が勃起不全だといって陽を引き起こす薬、たとえば烏頭や附子の類を服用してはいけない。朱丹渓もこれを戒めるために「できないことを恐れて、救うのに燥毒を使う」という。(補陽の性質によって)孤陽がたかぶって(燥の性質によって)陰血がますます減ることを理解すべきである。

一言でいってしまうと、「控えめに」たったそれだけです。

次は、老人の病気の治療についてです。

老人必用養草の記事一覧はこちら↓
https://halenova.com/blog/?p=4887

漢方薬局ハレノヴァ

TEL: 06-6312-8429

大阪市北区末広町3-21 扇町センタービル1F

ご相談予約

症状・病気別漢方

婦人科
PMS(月経前症候群)について:https://halenova.com/blog/?p=3297

子宮筋腫について:https://halenova.com/blog/?p=4819

続きを読む »

症例

婦人科:https://halenova.com/blog/?cat=41

消化器:https://halenova.com/blog/?cat=28

続きを読む »

腰痛

40代女性
主訴:手足のしびれ

現病歴:1か月ほど前の長時間の会議の後から腰に違和感が出た。会議中は特にクーラーが強いということはなかった。3~4時間座りっぱなしだった。
    3日前からひどくなった。整骨院で「ぎっくり腰になりかけ」と言われた。
    腰を反らせると痛い。一定の姿勢で痛くなる。ずーんとした痛み。刺すような痛みではなく、脹ってるような痛みでもない。ロキソニンでマシになる。朝イチの方がひどい。動くと少しマシになる。しびれがあった。お風呂でマシにならない。さすると気持ちいい。

続きを読む »

柴葛解肌湯について

柴葛解肌湯がコロナに効くとか何とか話題になっていますね。
かぜやインフルエンザの様な症状に対する柴葛解肌湯の使い方について少しお話しします。

続きを読む »

口内炎にはササヘルス

クマザサ1


続きを読む »

夏期休業期間のお知らせ

お茶素材 220728

2022年7月28日(木)

漢方薬局ハレノヴァの夏期休業期間をお知らせいたします。

夏期休業期間:8月11日(木)~8月15日(月)

休業日もメールでのお問い合わせは受け付けておりますが、お返事は翌営業日以降となります。
また、オンラインショップの発送業務も停止いたしますので、予めご了承ください。

ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願いいたします。

手足のしびれ(肘部管症候群)

70代女性
主訴:手足のしびれ

現病歴:(足のしびれ)1か月半ほど前から症状。足を曲げ、畳に座って、1時間してから立つと、お尻から太ももの筋肉が痛い。疲れがたまると強くなる。ジムでトレーニングしている最中は症状なし。夕方に(+)、ひどい時は夜中も(+)。目覚めた時は(-)、動き出すと(+)。
    (手のしびれ)1か月ほど前から症状。整形外科でレントゲン撮影し、肘部管症候群と診断。手術を勧められた。目覚めた時は(-)、動き出して1時間くらいで(+)、重たい物を持たなくても(+)。昼から夕方にかけて徐々に悪化するが、夕方~夜は横ばい。お風呂からあがってすぐに冷やしてみたが変化なし、ひどくもならない。

続きを読む »

皮膚のかゆみ(じんましん)

30代女性
主訴:皮膚のかゆみ

現病歴:(初夏に来店)1か月ほど前に月初めに耳の後ろと後頭部の生え際のかゆみが出てきた。皮膚科でステロイドの外用薬をもらって治癒。翌週、腕の内側にプツプツと湿疹が出てきた。皮膚科でステロイドの外用薬と抗アレルギー薬をもらい、1週間塗布、服用で治癒。
    ずっとステロイドを塗るのも嫌なので、1週間前に薬を中止すると、4日後に再発。前よりプツプツはなくなり、かゆみが主。寝てる間も掻いていて、背、腰、耳の奥、デリケートゾーンもかゆみが出てきた。あちこちがかゆい。
    朝に起きた時からかゆいが、仕事中はほとんど気にならず、夕方に家に帰るとまたかゆい。

続きを読む »

生理痛について

生理痛がある方の割合はどれくらいかご存知ですか。ひどい生理痛がある方が3割程度、軽い生理痛や時々ある方を含めると、8割近くの方が生理痛を経験しています。
今では、生理痛はあるのが“普通”になってしまっていますが、本来はないものです。
生理痛があるのは、心や体のバランスが崩れている徴候と考えることができます。
次に、漢方の考え方では、生理痛をどう判断するのか、お話しします。

続きを読む »

咳・のどの違和感(副鼻腔炎)

40代女性
主訴:咳・のどの違和感

現病歴:一か月前から鼻がずるずる出て、耳鼻科受診。副鼻腔炎と診断。PCR陰性。抗菌薬処方された。
    その後、のどに違和感が出て再度受診。鼻からのどにきている(後鼻漏?)と診断。膿を出してもらい、抗菌薬処方された。
    抗菌薬を服用している1週間は、すこしマシかなあくらい。
    咳だけ残った。
    のどにひっかかるような感じ。痰が絡んでいる感じがあるが、ほとんど出てこない。出てきた痰は透明ではなく、少し色がついている。朝の方が咳が出る。のどの乾燥感なし。

続きを読む »

口内炎について

口内炎ができると、せっかくの食事が楽しめなかったり、痛みや違和感が気になってイライラしたり
口内炎は、誰でもできるものですが、できるとなかなか治らない、何度も繰り返す方は、体のバランスが崩れていると考えられます。

続きを読む »

老人必用養草15(身体の補養について3)

香月牛山

引き続き『老人必用養草(ろうじんひつようやしないぐさ)』を紹介します。
この本は香月牛山(かつきぎゅうざん)が1716年に著した本です。
老人の養生、老人への接し方など現代にも通じるいろいろな教訓が書かれていて、今読んでもためになります。

今日は身体の保養に関する部分を抜粋して読んでみます。

続きを読む »

妊娠希望

30代女性
主訴:冷え症、妊活中で体質を改善したい

現病歴:手足の冷え症で、夏でも冷える。お風呂に入ると、太もも、お腹、腰まわりも冷えていたとわかる。夏よりも冬が苦手。体温36℃台前半、昔は35℃台だったが、くつ下を履いたり、湯船にしっかり漬かるのを習慣にしてから少し上がった。基礎体温は高温期が36.7℃を越えたことがない、きれいな二相にならずガタガタ。36℃台後半になると、微熱のように体が感じる。妊活を始めて半年で、薬はまだ服用していない。流産経験なし。

続きを読む »

気力がわかない

40代女性
主訴:気力がわかない
現病歴:(8月に来店)活力がわかない。食欲がない。頭が少しボーっとして、考えがまとまらず、寝不足の延長のような感じ。
続きを読む »

慢性胃炎・逆流性食道炎

50代女性
主訴:慢性胃炎・逆流性食道炎
現病歴:胃カメラで指摘された。自分ではストレスが関係しているように思う。食欲低下(+)、食後にみぞおちの痛み(+)、のどが灼ける感じ(-)、肉で胃もたれ(±)。市販のガスター10を服用すると楽にはなるが、飲まなくなり、また痛む。

続きを読む »

膝の打撲

40代男性
主訴:膝の打撲
現病歴:運動をしていて、バランスを崩してこけて、アスファルトに膝をぶつけた。直後は歩けたが、数時間後から痛みが強くなり、今日は歩くのも辛い。
続きを読む »

基礎体温に関わるご相談(妊活など)が便利になりました

基礎体温表や体調変化を記録することができるアプリ「ルナルナ」
このルナルナで記入した基礎体温表を、こちらの担当者が見れるよう設定できるようになりました。
基礎体温表を一緒に見ながら、前回来店時からの振り返りや今後の方針についてお話しする時などに活用しています。
生活習慣の見直しや、きめ細やかな漢方薬の調整などがしやすくなるメリットがあります。

続きを読む »