アトピー性皮膚炎②

 2020年から、アトピー性皮膚炎に対して、新たな作用を有する新薬が登場し、治療の選択肢が増えました。
 インターロイキンなどのサイトカインの作用経路を阻害して効果を発揮する薬です。

 新しい薬のメリットとデメリットをみて、意見を述べたいと思います。

人参6

デュピクセント皮下注
 デュピクセント皮下注は、従来の治療で十分に効果が出ない方が適応になり、初回に600mg、以後は2週間ごとに300mgを投与し、投与開始16週までに効果がみられなければ、投与中止を考慮します。投与によって、痒みが激減し、皮疹に関しては1か月前後でかなり治まるといいます。ただ、顔では投与後も赤みが残ることがある、対症療法のため中止により再発することがある、また、投与しているうちに効果がなくなる場合もあるとのことです。価格が高く、初月は薬剤料だけで約20万円、以後はひと月あたり約13万円です。一般の方だと、3割負担のため、診察料などを省いた薬のお金だけでひと月あたり4万円ほどかかります。

 顔に赤みが残るのは、熱、気逆、もしくは戴陽(たいよう)と考えられるかもしれません。手足や腹部、下半身の冷えがなく、舌や脈からも体の冷えを感じないにも関わらず、顔が赤い場合は熱と考えて、気分の熱なら石膏など、営分や血分の熱なら地黄や牡丹皮などを使えば良いと思います。手足や下半身が冷たい場合は気逆と考えて、桂枝や竜骨牡蠣などを使います。舌や脈から体の冷えがみられたり、温かいものしか飲めないなど、胃腸が冷えている場合は、戴陽と考えます。体の内部の強い冷えのせいで、頭へ熱が逃げてしまった状態なので、乾姜や附子などで中を温めて、頭から熱が戻ってこれるようにします。

 中止により再発することがある、投与しているうちに効果が無くなる場合もあるとのことから、デュピクセントの投与で痒みや皮疹が改善している間に、生活習慣を変え、漢方薬を服用しながら、根本から治すことが重要です。対症療法の薬であるため、漢方の視点から考えて、生活や体質に問題がある場合、一時しのぎにしかなりません。漢方薬を服用しつつ、安定したら薬の量を減らし、生活習慣で症状をコントロールできるように目指すのがよいと思います。
 また、漢方薬に比べて、価格が高すぎると感じます。10割の薬剤料が13万円もかかるので、医療費のことを考えると、うまく漢方薬を取り入れ、治療費を抑えていくのがよいかと思います。

コレクチム軟膏
 コレクチム軟膏は、外用ステロイドやタクロリムス(先発品:プロトピック)と作用のしかたが違う軟膏です。強さはタクロリムスと同程度で、タクロリムスで生じやすい灼熱感の副作用がないのが特徴です。
 免疫抑制薬であるため、皮膚感染症などにも注意する必要があり、臨床試験では毛包炎やざ瘡などが報告されています。口腔ヘルペスなどが現れた例もあるとのことです。
 ステロイド外用薬に比べて極端に副作用が多いわけではなく、タクロリムス軟膏使用初期の熱感やヒリヒリ感を除いた副作用の頻度は同程度のようです。
 個人的には、コレクチム軟膏に関しては、薬価が若干高い以外に特に問題はないように感じます。

オルミエント錠
 もともと、抗リウマチ薬として発売され、適応となる疾患が拡大された飲み薬です。使用できる施設と患者に条件があり、誰でも服用できる薬ではありません。適応は外用ステロイドやタクロリムスなどで治療しても十分な効果がなく、強い炎症が広範囲にある方です。
 副作用として、上咽頭炎、毛包炎、口腔ヘルペス、帯状疱疹の報告があります。腎臓から排出される薬のため、eGFRによって投与量が定められていて、腎機能が低下している方は注意が必要です。他にも、ステロイド薬の使用、高用量などでリスクが高くなります。
 デュピクセント皮下注と同じく、最適使用推進ガイドラインがあり、投与前にはレントゲンや血液検査を行い、結核の有無などを検査することが必要です。
 オルミエント4㎎1錠の価格は5000円強で、薬材料だけで月に16万円程度、3割負担では、毎月約5万円の一部負担金になります。ただし、経過が良ければ減量して続けることもあるようです。デュピクセントと同様、高価な薬かつ対症療法のため、うまく漢方薬を取り入れる方がよいように思います。


 

黄耆2
 

 最後に、ステロイドを含め西洋医学の薬をを漢方的にはどう捉えられるでしょうか。西洋薬の代表として、ステロイドを中心に考えますが、ステロイドは、気、特に衛気(えき)を減らしていると考えられます。
 衛気(えき)というのは、体の表面を流れ、体の防御作用もある気の一種です。ステロイドは免疫の過剰反応を抑えるはたらきがあり、花粉症に点鼻薬が使われたり、自己免疫疾患に内服薬が用いられたりします。免疫は体内にウイルスや細菌が侵入して増殖するのを防ぐためにはたらくので、漢方では気や衛気のはたらきと考えられ、免疫の応答を抑制するステロイドは気を減らしているといえます。気が減ると炎症が鎮まるのは、①気は温める性質があること、②気と邪(身体の余分なものや体外から侵入してきた不要なもの)が戦ったり、邪が気の通り道を塞ぎ狭くすることで気が渋滞すると熱を発生することが関わっています。
 気を減らすと考えると、ステロイド外用薬の副作用である皮膚萎縮も説明がつきます。萎縮は細胞の数は変わらず、細胞自体が小さくなることですが、血(体内の栄養物質)や津液(体内の正常な水分)が少なくなったり、届かなくなるなどが原因で起こります。気はエネルギーであり、血や津液を運ぶのも気の役目です。気が減ると、血と津液も届きにくくなり、皮膚萎縮が起こると考えられます。
 以上を踏まえると、ステロイドなど西洋薬のデメリットは、免疫を抑制することで感染症が増える可能性があること(外用薬以外)、根本治療になっていないことです。
 外用薬では、肌が正常化して本来のバリア機能が働き、皮膚の感染症が減ることも十分にあるため、そこまで問題にならないかもしれません。しかし、内服薬や注射薬では、感染症の増加が見られます。
 また、すでに述べた通り、食生活、生活習慣、漢方薬などで根本から治すことが大切です。炎症を起こしやすい体質や生活のまま、西洋薬で症状を抑えても、再発することが多いです。

 もちろん、重度の悪化によって、生活に支障が出て、夜も眠れないときには、しっかり西洋薬で症状を抑えてください。
 当店では、病院の治療を全て止めて漢方薬だけにするように指導することはありません。
 ご要望には、できるだけお応えいたしますので、病院での治療と漢方薬を併用して治したい方も、西洋薬を一切止めたい方も、ご相談ください。ただし、症状がかなりひどい方には、一時的にステロイド外用薬を処方してもらい、併用していただくこともあります。
 ステロイド外用薬の副作用が心配な方もいらっしゃると思いますが、内服薬ではなく外用薬の場合、上から3番目の強さ(ストロング)を1日20g以上塗り続けない限り、全身の副作用は出ないため、通常の使用量で心配しすぎることはありません。

 現代医学と東洋医学の長所を理解して、使い分け、キレイな肌を目指しましょう。

漢方薬局ハレノヴァ

TEL: 06-6312-8429

大阪市北区末広町3-21 扇町センタービル1F

ご相談予約

トチモトの六味丸

IMG_3114

六味丸は「補腎」の基本的な薬で、老化による体の衰えを気にする方におすすめです。

腎(じん)は西洋医学の腎臓のはたらきだけでなく、生命力の源(腎精:じんせい)を保管する場所でもあります。
「腎精」は「腎陰(じんいん)」と「腎陽(じんよう)」、すなわち体の根本の水(腎陰)と火(腎陽)に変化します。このうち、腎陰が少なくなってくると、更年期のほてり、のぼせや、生理不順、腰痛、足腰のだるさ、夜間頻尿などが現れます。
どうしても、歳とともに生命力は弱ってきます。早めに対策をとることで、老化の坂を緩やかにすることができるため、体の衰えを感じ始めたら、服用してみてください。

【瓊玉膏との違い】
 瓊玉膏は、六味丸より腎精を補充する力が強い薬です。腎精から腎陰がつくられるため、「貯金」を増やすのが瓊玉膏で、貯金を使って買える「水」を増やすのが六味丸と言えます。こう言うと、「貯金」が増える方がいいと思ってしまいますが、「水」が不足している場合は、「水」を補充する方が早くしっかりと効果が現れるため、手足のほてり、腰痛、足腰のだるさ、夜間頻尿などの上記の症状がある場合は、六味丸が適しています。

【健康丸との違い】
 健康丸は桂皮(けいひ)と附子(ぶし)が含まれているため、体を温める作用があります。手足や下半身の冷えがある方は健康丸が適していますが、ほてりがなくても、冷えは感じない方は、六味丸をおすすめします。

【丸剤とエキス剤の違い】
 六味丸には、エキス剤と丸剤があります。エキス剤は生薬を煎じた液の水分を飛ばしてつくる薬で、インスタントコーヒーのようなものというと、わかりやすいと思います。エキス剤は製造の過程で、揮発性のある成分や水に溶けにくい成分が多く失われてしまいます。一方、丸剤は生薬の粉末をハチミツやデンプンなどで固めた薬です。粉末をそのまま服用できるため、揮発性のある成分や水に溶けにくい成分も体に取り入れることができます。
 トチモトの六味丸に含まれる生薬では、茯苓(ぶくりょう)や牡丹皮(ぼたんぴ)は粉末の方が効果が高く、実際に使用してみると、丸剤に含まれる生薬はエキス剤より少量ですが、しっかり効果があると感じます。

トチモトの六味丸のご購入はこちら↓
 135g:https://halenova-onlineshop.com/SHOP/A_0006.html
 500g:https://halenova-onlineshop.com/SHOP/A0017.html

貧血・高血圧

40代女性

主訴:貧血と高血圧

現病歴:血圧135/100。アムロジピン2.5mgを2年くらい服用している。赤血球の比重が軽いが、薬を服用するまでではない。

その他の症状:生理中盤から動悸(+)、生理痛(-)、生理不順(-)、期間は7日間、色は濃い赤、血塊小(+)、出産前は生理を忘れてしまうくらい軽かったが、出産後、しんどく、だるさも出てきた。心配性。首こり(+)、肩こり(+)。

続きを読む »

健康丸

IMG_3119

健康丸は冷えのある方に対する「補腎」の基本的な薬で、老化による体の衰えを感じる方、衰えを予防したい方におすすめです。

腎(じん)は西洋医学の腎臓のはたらきだけでなく、生命力の源(腎精:じんせい)を保管する場所でもあります。
「腎精」は「腎陰(じんいん)」と「腎陽(じんよう)」、すなわち体の根本の水(腎陰)と火(腎陽)に変化します。腎陰と腎陽が不足すると、腰痛、脚に力が入りにくい、尿が出にくい、夜間頻尿、全体的に元気がないなどの症状が現れます。
どうしても、歳とともに生命力は弱ってきます。早めに対策をとることで、老化の坂を緩やかにすることができるため、このような症状や体の衰えを感じ始めたら、服用してみてください。

【瓊玉膏との違い】
 瓊玉膏は、健康丸より腎精を補充する力が強い薬です。腎精から腎陰がつくられるため、「貯金」を増やすのが瓊玉膏で、貯金を使って買える「水」や「火」を増やすのが健康丸と言えます。こう言うと、「貯金」が増える方がいいと思ってしまいますが、「水」や「火」が不足している場合は、直接補充する方が早くしっかりと効果が現れるため、腰痛、足腰のだるさ、排尿トラブル、夜間頻尿などの上記の症状がある場合は、健康丸が適しています。

【六味丸との違い】
 健康丸は桂皮(けいひ)と附子(ぶし)が含まれているため、体を温める作用があります。手足や下半身の冷えがある方は健康丸が適しています。ほてりまではなくても、冷えを感じない方は、六味丸をおすすめします。

【丸剤とエキス剤の違い】
 健康丸の元となる八味丸には、エキス剤と丸剤があります。エキス剤は生薬を煎じた液の水分を飛ばしてつくる薬で、インスタントコーヒーのようなものというと、わかりやすいと思います。エキス剤は製造の過程で、揮発性のある成分や水に溶けにくい成分が多く失われてしまいます。一方、丸剤は生薬の粉末をハチミツやデンプンなどで固めた薬です。粉末をそのまま服用できるため、揮発性のある成分や水に溶けにくい成分も体に取り入れることができます。
 健康丸に含まれる生薬では、桂皮、茯苓(ぶくりょう)、牡丹皮(ぼたんぴ)は粉末の方が効果が高く、実際に使用してみると、丸剤に含まれる生薬はエキス剤より少量ですが、しっかり効果があると感じます。

健康丸のご購入はこちら↓
 135g:https://halenova-onlineshop.com/SHOP/A_0003.html
 500g:https://halenova-onlineshop.com/SHOP/A0015.html

月経痛

20代女性

主訴:月経痛がひどく、生理時に寝込んでしまう

現病歴:月経前に胸の脹りがある。周期35~40日。期間5~7日。経血に塊あり。2日目が経血多いが、全体として経血量はあまり多くない。2日目に寝込むことが多い。

その他の症状:冷え性で、お腹も手足も冷えやすいが、疲れると夕方に手がほてる。疲れやすい。あまり多くは食べられない。ストレスが強い。ストレスでお腹が痛くなりやすい。顔は白っぽく、手は黄色い。舌はやや紅、白苔、胖大、紅点あり、舌下怒張(++)。

続きを読む »

しもやけ(続き)

https://halenova.com/blog/?p=4041の続き。

50代男性

主訴:レイノー症状

現病歴:前にもらった薬を継続していたが、1日1回になったり、飲み忘れたりしていたところ、4月14日に両手人差し指が真っ白になった。触れると冷たかった。

続きを読む »

アトピー性皮膚炎②

 2020年から、アトピー性皮膚炎に対して、新たな作用を有する新薬が登場し、治療の選択肢が増えました。
 インターロイキンなどのサイトカインの作用経路を阻害して効果を発揮する薬です。

 新しい薬のメリットとデメリットをみて、意見を述べたいと思います。

続きを読む »

ササヘルス

ササヘルス1

ササヘルスについて

当店では、クマザサ抽出液のササヘルスを取り扱っております。
この薬の効能・効果は疲労回復、食欲不振、口臭、体臭除去、口内炎です。
この中でも、口内炎に対しては抜群に効きます。
口内炎だけでなく、口腔内の炎症全般に効果があり、また、胃炎などにも使えます。

口内炎ができた人、もしくはできそうな人は、1回10mLを口に含み、クチュクチュと痛みや違和感がある部位に当て、30秒~1分してから飲みこむようにしてください。
痛みや違和感が2~3分で消えることも少なくありません。治り切らないようなら、その日の晩や次の日に2回目を同じように飲んでください。
この方法で、ほとんどの方が効果を実感され、口内炎がよくできて悩んでいる方には非常に喜ばれます。
繰り返し口内炎ができる方には、少量を上に書いた方法で、毎日服用するのをおすすめしています。
できそうになっても、すぐに治っていくのが実感できます。

また、この薬は、ほとんど副作用がないのも特徴の一つです。大量(127mL1本以上)を一気に飲むと、お腹が若干緩くなるくらいで、ほとんど副作用はありません。
スタッフの一人も、毎日15~20mLを1年以上服用しています。。

口内炎にお悩みの方は、一度、お越しになるか、ご連絡ください。お待ちしております。

瓊玉膏について③(不妊)

前回は、肌や髪に対する瓊玉膏の効果についてお話ししました。
【瓊玉膏について②】

今回は、不妊に対する効果についてお話しします。

続きを読む »

牛黄清心元の症例

廣東牛黄清心元の症例を紹介します。

30代女性
朝から少し頭痛があった所、仕事のミスで精神的にダメージがあり、顔がのぼせて頭痛がひどくなった。
廣東牛黄清心元1/4を口の中で舐めて溶かすように服用すると、清心元が無くなるころには頭痛が無くなった。

続きを読む »

アトピー性皮膚炎(乳幼児)

生後9カ月の男児

主訴:肌の赤みと痒み

現病歴:生後6か月ごろから肌の赤みと痒みが出てき始めた。ひどくはならないが治らない。赤みのある丘疹で、頭部にはなく、胸元や側腹部に数か所ある。アトピーと診断され、ワセリンなどの保湿薬を塗っている。

その他の症状・所見:よだれが多い。癇癪持ち。よく動く。

続きを読む »

板藍根

IMG_2793

板藍根について

板藍根は西洋医学的には、抗ウイルス作用があります。
かぜやインフルエンザの初期、のどが痛くなった時に服用すると効果的です。
また、単純ヘルペスなどにも、違和感があった時点で服用したり、西洋薬にプラスして服用すると、治りが早くなります。

漢方医学的には「清熱涼血解毒」作用があります。口が乾いて何か飲みたいが、量はそんなに欲しくない・扁桃腺が腫れる・舌が真っ赤・皮膚に赤い湿疹や紅斑ができるなどの症状に使います。
扁桃腺が腫れたり、湿疹や紅斑ができるところまでいかなくても、かぜの初期に葛根湯や銀翹散などと合わせることで治癒を早めたり、こじらせるのを防止する目的でも使います。
他にも、赤く強く腫れた単純ヘルペスや帯状疱疹ヘルペスは、「熱毒」によると考えられるため、発症初期から他の清熱解毒薬と併用することもしばしばあります。

本来なら、症状があるときだけの服用に留めた方ががよい生薬ですが、コロナが蔓延したこの状況では、毎日服用するのも仕方のないことだと思います。常用する場合は、体力のない方、体が冷える方、普段からお腹が緩い方などは1日に板藍根粉末顆粒1包(1g)程度の少量にしておき、喉が痛くなるなど、かぜの症状が現れたときには1gを2~3回服用するようにしてください。体力があり、全く冷えのない方は普段から多少おおくても構いません。症状が出た時は1gを1日3回しっかり服用してください。

かぜかなあと思った時に、銀翹散や葛根湯、コタロー一風飲小児用と一緒に服用し、一服で治ることもしばしばあります。
普段のかぜを始め、インフルエンザ、ヘルペスにも使える板藍根粉末顆粒は、家庭の常備薬としてイチオシです。

花粉症

バレンタインデーの時期は、スギ花粉が飛び始める時期と重なっています。
チョコの広告などを見ると、スギ花粉アレルギーの方はそろそろ花粉症対策をしなければと考えるのではないでしょうか。さらに、ヒノキ花粉アレルギーもある方は、ゴールデンウィークの辺りまで症状が続きます。この時期は花粉症の方にとって、見えない敵と戦う、大変な時期だと思います。

続きを読む »

瓊玉膏について②(肌や髪への効果)

前回は、老化に対する瓊玉膏の効果についてお話ししました。
【瓊玉膏について①】

今回は、肌や髪の潤いの効果についてお話しします。

続きを読む »

瓊玉膏について①(老化)

 瓊玉膏は腎陰(体の水分、体の冷却水の役割がある物)や腎精(体を作る大元の材料、生命力の源)を補うお薬です。
 老化の坂を緩やかにしたり、肺や肌を潤して空咳や乾燥肌、髪のパサつきを改善する効果があります。
 薬理学的研究では、血糖値や血圧の低下、活性酸素除去、脳神経の保護などが証明されています。(『慢性病と漢方薬 牛黄清心元、瓊玉膏、双和湯 編』より)
 他の記事はこちら↓
 【肌と髪への効果について】
 https://halenova.com/blog/?p=4273

 【不妊について】
 https://halenova.com/blog/?p=4384

続きを読む »

ガジュツ三黄散

 ガジュツ三黄散は飲み過ぎ、食べ過ぎ、胃もたれに効果があります。黄連などの苦味健胃薬が胃酸の分泌過多を抑え、ガジュツが胃腸の蠕動運動を亢進して、食べ過ぎによる胃もたれを治します。アルコールを飲むと体が熱く感じるように、漢方ではお酒は熱の性質を持つ飲み物と考えます。飲み過ぎると、体の中に余分な湿(水)や熱が溜まりますが、それがなかなか排出されないと、翌日に気分の悪さや頭痛、胃のムカつきに変わります。ガジュツ三黄散はお酒による湿熱を排出してくれます。食べて飲んだ直後にガジュツ三黄散を服用することで、食事とお酒による胃もたれ・二日酔いに症状に対処できます。
 飲み過ぎには、五苓散と合わせるとより効果的です。
 生薬100%の粉末からつくった薬ですので、添加物が不安な方も安心してお飲みになれます。
 実店舗でもオンラインショップでも販売しておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

続きを読む »